北丹2号機(11)デコーダ仮搭載2018年01月27日 23:01

 Tsunami2の仮搭載作業です。サイドタンクにデコーダとスピーカが入るかの確認をおこないます。スピーカは、スマホ用を2台並列にして音量をかせぎます。
 モータ取り付け台が干渉するので、右サイドにスピーカ、左サイドにデコーダとしました。
 マスキングテープなどを駆使して、仮搭載です。スピーカはカプトンテープで絶縁をしっかりと行います。木片をスピーカとサイドタンクの間に入れて振動をボディーにも伝わるようにしました。音量はあまり変化しませんが、音質はダンプが効き、リバーブなど細かい音もわかるようになります。お好み次第でしょうか。
 デコーダ側は、かなり厳しいです。最終的にはデコーダのシュリンプ(0.5mm厚)をはがして、カプトンテープを代替として少しでも小さくしようと思います。
 無理やり感もありますが、なんとか入りました。Keep Alieve用のコンデンサは必須なので、付属のものを使いました。キャブ内になんとか入りそうです。
 上回りをかぶせて、CV値Read/Writeが正常にできることで、ショートしていなことを確認して、試験運転です。
 いやぁ、やはり音が入るといいです!テープの仮止め上回りですが、遊んでしまいます(Youtubeに1分程度の動画をアップしました)。
 課題は、デコーダ・スピーカを組み入れるための、サイドタンクの固定方法です。ネジ止めできるようにしないといけません。キャブも天井を取り外しできると、いろいろ便利になるはずです。
 と、いじくりまわしていたのですが...実物にはあるキャブ回りのリベットがない!これって、けっこう目立つのですが。
 また、新たな問題が発生してしまいました。

コメント

_ ゆうえん・こうじ ― 2018年01月29日 14:19

tunami2がコンパクトになったといっても、このクラスの機関車に入れるのはきついですね。
ところで、デコーダーなどに場所をとられてウェイトがあまり積めないと思うのですが、牽引力は大丈夫ですか?

_ まるいち ― 2018年01月30日 01:44

組み込みに夢中で、まだ牽引力の確認はできていません。確かに、ウェイトは煙室くらにしか積めませんね。平らな線路で珊瑚のセキ(真鍮製)を一両押した実績はあるですが、平坦地専用機になるかもしれません。今度、確認してみますね。

_ ゆうえん・こうじ ― 2018年01月30日 09:57

ところでTsunami2で追加されたカットオフ機能F5,F6はどうですか?
これを操作するとかなりブラスト音の感じがかわりますか?

_ まるいち ― 2018年02月03日 02:45

今週後半、仕事が立て込んで確認ができず返事が遅くなりました。
F5,F6のcutoffですが、明らかにブラスト音は変わります。
F5:cutoff -にすると、ブラスト音はほとんど聞こえなくなり、クランク音が中心となります。
F6:cutoff +で、ブラスト音が元にもどります。
週末、各機能の音レビュをまとめてみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/01/27/8777847/tb