ハンドレイ(8)2018年02月27日 23:27

 ポイント製作を続けます。きょうは、トング+ウィング部分とノーズを取り付けて、台車を転がして具合を確認しました。が、反位でノーズ部に乗り上げます。ウィングレールの取り付け位置を代えたり、基本レール部の曲率(曲げぐあい)を変えたりしたのですが、一向に改善しません。

 風呂に入って気分転換したら、反位側のガードレールをまだ取り付けていないことに気づきました。これがないと、車輪(台車)が反位側に向きを変えないので、ノーズにのりあげて脱線します。仮のガードレールをつける(写真)と、定位/反位とも脱線しなくなりました。情けないことで、単純な思い込みというか勘違いをしていました。まあ、問題が解決したので、きょうはこれでよしとします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/02/27/8795518/tb