発煙装置であそぶ(2)2018年04月16日 23:40

 発煙装置の持続時間が約3分半ということで、もっと長くならないか考えていました。この発煙装置といっしょに購入したN用の発煙装置、というか発煙部分だけのパーツがあるのですが、その説明書に答えがありました。

この説明書、当然独語で書いてあります。大昔に授業を受けたのですが、脳のアクセスできない領域に追いやられており、まったくわかりません。google翻訳くんにお願いして、だいたい理解できました。
上から順に、こんな内容のようです。
「蒸気配管の設置方法 HO、N、Z」 →えっ、Zにも載るの!
(1)蒸気蒸留のための2つの穴は詰まらせちゃいけない
(2)2液樹脂接着剤による接着
(3)1本のリード線が金属管に導電接続され、もう1本のリード線は、これと絶縁している

発煙装置本体は、テープでこの説明書に貼ってあったのですが、確かに発煙パイプのリード線付近に2つの小さな穴が対向であいています。小さい穴です。
たぶん、今あそんでいるビール瓶型の発煙装置もこんな構造でしょう。発煙時間を長くするには、この図のように発煙剤を入れるスペースを大きくするだけでよいようです。より大きな発煙剤タンクをこさえて、この中に外側カバーに穴をあけた発煙装置をなんとか固定すれば、タンクから発煙剤が流れ込んで、長時間発煙ができそうです。制式機なら、煙室にも入りそうですし...
にしても、この極細パイプの発煙装置は、職人技ですね!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/04/16/8828161/tb