北丹2号機(13)黙々と2018年06月10日 23:15

 北丹のリベットの本番製作をはじめました。ゆうえんさんからアドバイスをいただいたテンプレート方式で穴開け開始です。
 まず、テンプレートとして使うt0.4の帯板に、リベット植え込みのガイドとなるΦ0.3の穴を開けます。これは、ボール盤とXYテーブルを使い、0.05mmの精度で加工します。下は加工後、バイスからはずした状態です。

 これを穴あけする場所に仮ハンダ付けします。その後、この穴をガイドにΦ0.3のドリルで穴あけします。最初はボール盤で開けたのですが、ピンバイスで手でやっても大丈夫でした。ドリルを1本折りましたが...

 テンプレートの位置決めと仮ハンダ付けに少々手間がかかりましたが、なんとか、約40個の穴が開きました。あと、正面妻板まわりに20個くらいは、開けないといけません。
      側面と後面で少しずれてしまった..
 雨の日曜日にちょうどよい、黙々とした作業でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/06/10/8891772/tb