9200ライトをいじる(1)2018年07月19日 23:21

 DCCでドライブさせるので、ライト回りもいじってみます。まずは、ダミーのヘッドライトとバックアップライトの点灯化です。
 ライトに入っているプラ製のレンズをはずします。レンズ面の外縁に2箇所対称位置にΦ0.5の穴を開けます。そこに先細のピンセットの先を入れて、ドライバで回すような感じで、左右にこじってレンズの接着をはがして取り出します。このレンズは使いません。
 続いて、ヘッドライト下面からΦ0.4の穴をライト内に貫通させます。フロントの場合は、煙室側にも同じように穴を開けます。

 ライトは、ウォームホワイト色のチップLEDを使い、極細のポリウレタン巻線を半田付けしておきます。今回使ったのは、2色の線が最初から巻いてあり、とても使いやすかったです(写真の上側2種)。ちなみに皮膜をはがすのは、半田ゴテの先にハンダ玉をのせて、その中に線を通して皮膜を溶かします。
       チップLED用の極細ポリウレタン線各種

 開けた穴に、この線を通していきます。2本の先端を半田で1本にまとめておくと作業しやすいです。
           ライト側の穴を通した段階

 煙室内に配線を引き込んだ状態。配線は目立ちません。

 穴を通した後、電流制御用CRD(2.5mA)と明るさ調整のチップ抵抗(510Ω)をプリント基板にまとめたものに接続します。

 ライトレンズは、Φ3.1だったのですが、Φ3.0のプラレンズ(wave製 H-EYES1:フィギュア用の目)があったので、アクリア(木工ボンドっぽい接着剤:乾くと透明)で固定します。
 チップLEDには、クリアオレンジを薄く塗って、白熱燈っぽくしましたが、非点灯のときはオレンジが目立ってしまい、今後の課題です。
            消費電流は、約3mA

 案の定、Φ0.4の穴をテンダーライトに開けているとき、まるいち式にドリル刃を0.5mmくらい折り込んでしまいました。塗装済みテンダーですが、ヘッドライト部を中心に塩水に浸けて、約1日かけて溶解させ、事なきを得ました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/07/19/8921605/tb