モジュールをいじる(3)2018年08月11日 23:57

 8月になり夏休みに入ったのですが、家事がいろいろあって、こちらの方は思うようには進捗していません。
 レールの地味塗装は終えたので、バラスト撒きと地面作りに入りました。バラストは、モーリン製1/87ライトブラウン(No.456)を使うことにしたのですが、茶色がやや濃く、地方私鉄のくたびれた感じと少し違うかなと。それで、粒が近く、彩度の低いTOMIXのシーナリバラストブラウン(No.8196)を約1/2混ぜてみました。これが、後でちょっと問題を起こします。これでも、イメージどおりの色合いにならないので、着色してみることにしました。
 適当な容器にバラストを入れて、吹きつけ用くらいに薄めた塗料を少しずつ入れていきます。そして、割り箸などで攪拌。最初は、少し粘り感がありますが、塗料が乾燥してくると、パラパラチャーハン的になります。色合いを見ながら、塗料の量を足していきます。
    左がモーリンオリジナル、右がミックス+バフ着色

 実は、最初、エアブラシで容器内に吹いてみたのですが、エアでバラストが飛び出すなど(ブラシだけを差し込めるカバーを作ってはみた)、思った以上に時間がかかるので上記方法に落ちつきました。この方法だと、いろんな色のバラストを簡単につくることができます。今回は、タミヤアクリルのバフで着色しました。
 ところが....
 着色した後に気がついたのですが、TOMIXのバラストは、なにか雲母のようなものが入っていて、光の加減でキラリと光るのです。これって、バラスト素材としてはどうなんでしょう?それで、着色後にフラットクリアーを混ぜてみました。が、完全には解消できません。しかたありません、バラスト撒いた後に、もう一度フラットクリアーを吹くことでなんとかなるだろう的(まるいち式)判断で、撒きに進みます。
              ハケでならし中

 撒きは定番のボンドバラスト方式です。バラストを撒いて、ハケや筆でならして、中性洗剤入り水をスプレイして、スポイトでボンドを垂らします。ハケは、レール幅に合わせてカットしてみましたが効果は?です。また、ボンドは、昔Flying Zooさんで購入したELMER'S Glue-All(20世紀ものビンテージ)を約3倍くらいに薄めて使いました。乾燥してもツヤのでない優れものです。今だと、ハンズなどで購入しやすいTitebondも同様の特性です。実は、ためしに、雲母対策でウルトラマットメディウムを一部使ったのですが、あまり効果がない上、乾燥すると白い残滓がでてきます。これは、あまりお勧めしません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/08/11/8939815/tb