線路は続くよ2018年09月02日 22:02

 モジュールレイアウトですが、3つ目の構成を悩んでいました。が、前からやってみたかった炭鉱をこさえることに。昔読んだ、とれいん誌の阿寒鉄道にインスパイアされており、是非ホッパーを置きたいなと。ホッパー上部はナローの線路を敷設して鉱石を運んでくるようなイメージです。ホッパー(ORE BIN)は、CampbellかB.I.Sのストラクチュアキットを予定していますが、いつ届くか不明です。合運にはちょっと無理かな。
 そういうわけで、ホッパーへの引込み線の工事開始です。この1週間は引き込み延長用のポイント製作をしておりました。といっても飲み会が多く、実質3日分くらいしか作業はできていません。ポイント製作も5個目。つくり慣れてきたので、鼻歌まじりにかと言えば、まったくそうではなく、しっかり苦労しています。

 既設の線路を部分的に撤去してはめ込むので、PCB方式でかっちりつくりました。グリーンの配線は、ポイント切替に連動してフログの極性を変えるもので、ポイントマシン(DSservo)に接続したリレーで制御します。これで、無電区間がなくなります。短い軸距離の小型車輌にスローを効かせて走らせるには必需です。

 こんな感じで、交換駅の側線側にはめ込む予定です。うまく撤去できるかはこれからですが、ここから、ホッパー線が延びていきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/09/02/8955227/tb