既設線の撤去工事2018年09月04日 00:27

 昨日に続きポイント新設工事を進めます。きょうは、既設線の撤去、側線部分を一部とりはずします。
 モータツールとカッティングディスクで、ポイント長+極小αを切断します。ここは、真鍮釘を打ち込んで線路を固定していたので、ここ部分の半田をはずします。レール端面をモータツールで加工して、ポイント長にピッタリとなるよう調整します。

 あとは、皮すきや時計ドライバでバラスト・枕木・地面表現加工をはがしていきます。枕木がしっかりついており、結構手間がかかりました。

 整地?して、新しくポイントを置いてみます。線路配置は、ちょっと窮屈な感じがしますが、まあまあこれでよしとします。

 きょうもモータツール(DREMEL MICRO)を切断やレール端面加工に使ったのですが、コードレスなところが、とても使いやすいです。特に、今回のように完成したものへの加工に重宝しています。今、一番多用している電動工具です(一枚目写真の右上)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/09/04/8955798/tb