ナローレイアウトツアー2019年06月01日 23:01

 KKCのナロー好きの人たちが企画した、林鉄ビルダーであるS氏宅のレイアウトツアーに同行させてもらいました。HOn21/2の秋田営林署をイメージした2m×2mくらいのレイアウトです。
 まさに活きている林鉄という感じが伝わってきます。ストラクチュアやシィーナリの密度や、フィギュアの使い方がそれを支えているのだと思います。

 DCCコントールで、運材車の木材の中にサウンドデコーダがうまく隠されています。ドラフトを奏でながらチュクチュクとロッドを回してかわいらしいCタンクが快走しています。線路は、分岐器含めて#40をハンドスパイクされています。スパイクの方が、細かい修正や気候による線路の変化に対応しやすいとのこと。
 ちゃっかりと、持参した魚梁瀬のシェイ(杉山模型)の記念撮影です。運材車などと比較するとちょっとオーバースケールのような気もします。
 製作中のモジュールにも、いろいろ参考になる点があり、工事再開のモチベーションが高まってきました。

夕張11形(1)2019年06月05日 21:51

 HOJC競作の今年のお題が「1」ということで、長期熟成していたモデルワーゲンの夕張11形に手をつけることにしました。1998年製なので、21年もの熟成になります。真鍮板が深みのあるいい感じに仕上がっていました。ご他聞にもれず、この頃のモデルワーゲンさんところの製品は走り装置やデザインに謎な工夫がなされており、手を加えないといけない部分があります。まあ、それが楽しかったりするのですが...
 このキットでは、先達たちから「働輪が9200のもの(バランスウェイトが違う)が流用されている」、「キャブ裾のRが変(緩い)」などの情報をいただいていました。
  上:9200用、下:夕張11形 バランスウェイトの形状が異なる

 私のキットのパーツをザザッとみたところ、働輪は11形専用の黒メッキ品が入っていました。ホッ。しかし、キャブ裾は明らかに変で、図面や実機写真とも違ってます。ちなみに、11形の貴重ですばらしい図面集が製品とともにモデルワーゲンさんから出版されています。この中にキャブ図面もあるのですが、なぜか製品と違うのです。ミステリーです。下図は、図面とパーツを重ね合わせたものです。
          ↑このRが緩く、実機や図面と異なる

 あと動力装置は、テンダーモータ式で、フライホイールを兼ねたぶっとい延長軸でギアを駆動させています。当時は小型で性能のよいモータがなかったので、テンダー搭載は仕方ないですね。しかし、フライホールは、慣性の大きいものをモータ側に搭載した方が効率がよいのでは、と思います。
 というわけで、キャブ裾Rと、小型モータをエンジン側に搭載、という2点は最低でも加工する必要があります。他にもディテール上の違いなども指摘されているのですが、号機による補修・改造のバラつきもあるのではと思います。
 基本は、DCCでライト・サウンド・発煙を組み込もうと思っています。うまくいけば、subarashi modelさんとこのスマートカプラーの実装もやってみたいです。
 しかし、JAMに向けたモジュールのストラクチュア充実や、自動運転普及という怪しい野望?に向けたまとめもしたいので、11形の進みはゆっくりになるのかな。

めざせ、三頭山2019年06月08日 23:19

 関東は7日に梅雨入りしたようですが、そんな中、奥多摩にある三頭山(みとうさん)へ登ってきました。当然、雨模様です。
 当初は、もう少しハードな山を予定していたのですが、安全をということで、このコースへ変更です。
 地図上で、ブナの路コースと書いてある4時間程度のハイキングコースです。山頂は約1500mの標高ですが、1000mくらいまで車であがって、実質500mの登りとなります。
 途中は、きつい場所もなく、気持ちのよいブナ林の中を歩いていきます。山頂付近ではやや強い雨も降り出してきたのですが、森の緑も空気も体にしみわたり、リフレッシュできました。こういう森をいつかモデルで再現してみたいです。
 当然、なにも見えません!

 山あじさい?のようでもあり...花の名前は苦手です。

 三頭山というだけあって、西峰、中央峰、東峰があります。中央峰が最高峰です。

 最後に落差33mの三頭大滝を、この滝のために設置された吊り橋から観て、下山です。
 帰りに温泉「数馬の湯」で雨に濡れた体を温め、街に戻って中華料理屋で反省会です。消費したカロリーの3倍くらい摂取してしまいました。

夕張11形(2)2019年06月15日 22:46

 この土日で作業が少し進みました。まずは下回りから取りかかります。台枠を耐水ペーパで研磨して、プレスのカエリなどを取り除きます。左が研磨済みのもの。
 台枠を組み立てます。基本はカシメで固定して、ハンダを流すやり方です。嵌めあいはよく、ヤスリでエッジを調整しながら、水平・垂直に気をつけて組み立てます。

 働輪を入れて、様子をみます。働輪は、軸と軸箱のすべりが悪く回転がやや重いです。とはいっても、オイルをさしたり、コンパウンドで研磨すれば改善できそうなレベルです。
 引き続いて、シリンダの組み立てです。これも嵌めあいはよく、水平・垂直をノギスで測りながら、確認して組み立てていきます。0.1mmくらいの差は、ちょっとヒネリも加えたりして、最終的に辻褄を合わせます。スライドバーとクロスヘッドの滑りが悪いので、スライドバーの厚みを削ります。エッジもなめておきます。ケーシングはまだ固定しません。スライドバーの調整が必要になると思われるため、最後に固定します。

 シリンダケーシングを組み立て中。空気弁の小さなロストパーツですが、ピッタリとはまります。精度高いです!
 ドレインコックのロストパーツに欠損を発見。メーカのモデルワーゲンさんに問い合わせ中です。20年も前の製品なんで...

 この後、バブルギア、テンダー下回りの順に進めていこうと思っています。ギアボックスは吊りかけ式に改造し、モータ軸受けは、ベアリングを入れてみたいです。モータは、前から使ってみたかったミネベアSE-15Hです。しかし、そもそもこのモータが火室に入るのかがわかりません。上回りもある程度かたちにしながら、現物合わせてで確認するしかありませんね。

夕張11形(3)2019年06月17日 23:14

 きょうは、サイドロッドを組みこみました。洋白ロストっぽいサイドロッドですが、板厚が厚いです。ヤスリと耐水ペーパで、バリやカエリを取って、面を整えます。ピンの穴は、ごく軽くザグリをいれておきました。ロッドの抵抗をバカにしてはいけません。
 そんな下準備をして、組み込みです。六角ボルトで止めるのですが、結構大きな頭をしています。というか、写真などと比べるとロッドエンドが大きすぎるようです。

 手で押して転がすと、引っかかりが1箇所あります。何度から転がしていると、少し軽減してきたので、当たりが取れてきたのかもしれません。働輪の位相をいじるほどはないようです。再度、ロッドの面や穴を整えて、組み直してみようと思います。
 それから、ドレインコックのパーツ欠損ですが、メーカにも保管パーツはないとのことでしたので、自作し直すことも含めて検討です。手を抜いて、欠損した側に合わせて短くする手もありますが..
 車輌工作を始めると、そっちばかりハマッてしまうのですが、モジュールのシーナリィやストラクチュアも手をつけなればなりません。