駅舎をつくる(3)2019年07月07日 23:51

 外壁を塗ります。ジャーマングレーに少しレッドブラウンを混ぜて、筆塗りします。多少ムラになってもあとで、色を重ねていくので気にしません。ちなみにタミヤのアクリル塗料を使っています。水で薄めたり、洗えるので便利です。ただし、相手が紙なので、今回は溶剤を使っています。
 新設した扉と窓を外壁に貼ってしまったので、マスキングしました。本当は貼る前に外壁塗装ですね。

 MDFの構造体です。窓や扉にあたる部分を糸のこでくり抜きます。

 構造体にも色を塗ります。内装の色は明るめのデザートイエローです。

 窓ガラスを付属のプラ板から切り出します。引き違いが表現されているので、ガラスも二分割します。

 構造体と塗装した外壁を貼り合わせます。洗濯ばさみの嵐で、密着させます。紙片は、洗濯ばさみの先端がギザギザだったのでキズ防止です。

 ここでは、乾燥の遅い普通の木工ボンドを使いました。多少のズレは、貼り合わせた後でも修正ききます。妻板を貼っているところです。

 とりあえず、全体を組んでみたところ。事務所側のひさしは、キット指定のトタン板はやめて、STウッドを2mm幅で切り出して、板葺きにして、変化をつけてみました。
 ところでSTウッドは、バスウッドのようにうまく染まりません。なので、筆で塗って布などでふき取る方がよかったです。ちなみにアクリル塗料を薄めてつくった染液につけると、ふやけて2層に剥離するものがでてきました。
 これから、屋根回りを中心に錆び塗装をがんばってみます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
銀座にある老舗の鉄道模型店の名前は?(漢字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2019/07/07/9113207/tb