めざせ!燕岳~常念岳~蝶ケ岳(1~2日目)2019年11月02日 23:23

 11月1日~4日で、北アルプスの燕岳~常念岳~蝶ケ岳を縦走してきました。私にとっては、初の北アルプス縦走です。備忘録的に書いているので少々長いです。
 10月の下旬に雪が降り、一部ルートではアイゼン、ピッケルが必要との情報。当初テント泊を考えていたのですが急遽小屋泊に変更し、6本爪の軽アイゼンとピッケルを購入しました。
 1日目(1日)は、深夜バスで中房温泉の登山口に移動です。車内の混み具合は8割方でしたが、ほとんど眠れませんでした。

 2日目(2日)5:15頃到着。標高1462m。トイレなど行って、身支度します。結構寒いので、ハードシェル(実はゴアカッパ)を着込みます。5:40頃登山開始。3大急登と言われているらしく、すぐに暑くなりインナー+シャツだけになりました。途中で、おにぎり食べたりして、8:20頃合戦小屋に到着。疲れがたまってきました。しかし、天気は快晴です。合戦小屋を越えると、植生が変わって、樹木が低くなってきます。槍が見えたりして、テンションあがってきます。この時点、まさかあの白い山に登るとは思ってもいないのです。
  燕岳まで2.3km地点(8:53) 遠く正面に白い山と右手に槍

 9:50頃、燕山荘到着です。標高2685m。約1200m登ってきました。ここまでは、雪はほとんどなしです。しかし、最後はかなりへばっていました。コースタイムは4:05~4:20なので、ほぼオンタイムですが、これが限界です。
       後ろに燕岳。ここでテント泊もよさそうです。

 荷物をデポして、燕岳を往復します。ここは一部雪が着いていますが、アイゼンなしで大丈夫でした。

 写真を撮ったり、昼メシ(カップ麺)食べたり、小屋のトイレを借りたりしていると、結構時間を取ってしまいました。山頂往復も入れて2時間近くも滞在していました。予定より+30分。12:40頃に出発、きょうの宿泊地、大天荘を目指します。
    振り返ると、左に燕岳、右に山荘が見えます

 ここからは、北アルプスの展望を右手に見ながら、ゆるいアップダウンが続く気持ちのよい尾根道を歩きます。気温もあがってきて、よい気持ちです。景色のよいところで、小休憩を取りながら進みます。ところで、さっきから気になっていたのですが、目の前の白い壁がだんだん近づくのですが...地図で確認すると(今頃か)、どうも今日の宿泊地はあの斜面を登らないといけないようです。
    白い斜面に上の黒い四角が、今日の宿泊地

14:45頃、切り通し岩の手前で、アイゼンを装着。肩にかけていたミラーレスカメラもザックにしまいます。この先、ちょっとした岩場とはしごがあるためです。雪のトラバースは始めてで戸惑い気味だったのですが、ちょうど山慣れした感じの若い女性二人組がいたので、後ろをつかせてもらいました。
が、あっという間においていかれました。幸いなことに、雪がある程度深くて凍っていなかったのと、トレースがしっかりあり、比較的歩きやすかったです。しかし、左側は、下まで平らな斜面が続いており、滑落すると大変なことになるので慎重に進みます。
なんと! 雪道の上にクモがいるではないですか。でも足が4本?

       前に女性2人組、もうこんなに離されました

 まあ、息が切れること。写真を撮りながら休む、を繰り返して、15:40頃ようやく大天荘に到着。コースタイム2:55に対して、3:00でほぼオンタイムでした。
 小屋の中は暖かくほっとしました。ひと部屋は3人です。ビールを飲みたいところですが、最終日までがまんすることにしました。広くて暖かい広間で、自炊できます。水も無料。乾燥室もフル稼働。トイレもきれいです。とても快適な小屋です。日没を撮影して、カップ麺と五目ごはんの夕食をとって眠ることにします。
    雪上のテント、次回はやってみたい。ツェルトの人も!

            槍ヶ岳に日が沈みます

          快適な大天荘。疲れがとれました。

          (この記事は、2020年2月11日に執筆しました)

めざせ!燕岳~常念岳~蝶ケ岳(3日目)2019年11月03日 23:09

 夜半にひどい風が吹いていたのは、おぼろげながら覚えているのですが、疲れていたのかぐっすり寝てしまい、朝食を食べるため自炊広間に下りた頃には、ほとんどの人が食事を済ましている状態でした。寝姿は上はユニクロダウン、下はメリノウールのタイツにモンベルのダウンパンツで、少し暑いくらい。
 すっかり出遅れたので、朝日を拝むこともできずです。6:25頃小屋を出て、大天井岳に登ります。
        大天井岳頂上から槍を望みます

もう、誰もいませんね。頂上で朝日があたる槍ヶ岳を拝みます。きょうも、気持ちのよい天気になりそうです。頂上から小屋に降りて、トイレとか行って7:10頃出発です。もちろん、アイゼン装着。
   空の深いブルーがいいです。大天荘を見下ろします。

           まだまだ、雪道が続きます

           遠くに富士山が見えます

 東天井岳を過ぎた頃から、雪も少なくなりアイゼンをはずします。岩場のセクションは、東側だったので雪がなく普通に歩けたのですが、これが凍っていたぞっとします。岩場では、たすきがけしているカメラがプラプラして、邪魔なんです。なんかよい方法はないもんでしょうか。遠くに、白い常念岳らしきものを臨みます。美しいです。でも、これを登るんかい!
  正面に常念岳です。結構下って、また登るのです。

 ハイマツの樹林帯を下って、9:40頃常念小屋に到着です。コースタイム2:20に対して、2:30です。ここまでで思ったより、スポーツ飲料水の消費が多く、新しく500ml作るはめに。また、屋外のトイレを借りようしたら、いままさに閉鎖したところで、小屋を使ってくれとのこと。靴を脱いだり、100円払ったりと、余計な時間をかけてしまいました。出発したのが10:15頃、予定より+25分です。目の前にそびえる常念岳に取り組みます。だんだん凍った雪が増えてきたため、アイゼン装着。ごつごつした岩斜面をゆっくりと登っていきます。空のブルーがきれいです。
    山頂手前の三俣への分岐点。空と雪のコントラスト。

かなりバテバテで山頂2857m到着。常念小屋から391m登っています。11:35です。休み休みきたつもりですが、コースタイムでした。先が長いので写真を何枚か撮影して11:45頃、下山開始です。
標高差400mの岩場の急な下りです。登ってきた斜面と様相が全く異なり、雪のかけらもありません。日差しも暖かく、汗ばむくらいです。ここから、今日の宿泊地の蝶ケ岳ヒュッテまでは、4時間くらいでどちらかといえば下っていくので、楽勝かと思っていたら...↓これはアップダウンが結構あります。
       ほぼ正面の尾根にきょうの宿泊地が見えます

 実際に写真のとおり登っては下るの繰り返しの、長くハードは道のりでした。しかも、天気が曇ってきて、やあな雰囲気にもなってきました。
 常念を下った地点。風の強さを表している。きょうは無風。

 2592m地点(14:30)、2462m地点(14:55)を通過し、蝶槍(15:45)を越えて小屋が見えて、ようやくホッとしました。横尾分岐で16:07。3:35のコースを4:25もかかってしまいました。途中で寝ていたのか?と思うくらいの遅さです。昼メシは行動食だけだったので、シャリばてしたのか?とにかく足が動きません。
      左手の尾根上のかわいいトンガリが蝶槍です

 そこから小屋に向かっていると、携帯が鳴り始めました。蝶ケ岳ヒュッテからです。しかし、すぐに電池切れ。バッテリーを交換して、電波の通る場所でかけ直すと、「今どこですか?」との問い。う~ん、どこだろう」言っていたら小屋前に到着。ご心配をおかけしました。16:40頃の到着。
 
         ヒュッテの手前の標識(2664.3m) 16:38 

当然、一番最後の到着だったのですが、部屋は、20人くらいが寝られるベッドの2階部分を独り占めすることになりました。夕食のため自炊部屋に向かったのですが、玄関を入った6畳くらいの土間のような場所にテーブルがあり、そこで食事をするようです。しかも、照明がないので暗い。反面、談話室となっている広間では、コンロは使用禁止になっているのですが、ストーブがガンガンに燃えていて、暖かいのです。とりあえず、ビールを頼んで、一人乾杯です。しばらく、そこでまったりと飲んでいると、ストーブで沸かしたお湯で自炊をしている人がいることに気がつきました。こういうのありなんですね。すぐに、わたしも真似して自炊です。
同じテーブルの人と話すと、同じ大天荘から来た方でした。聞くとほぼ同じ時刻に出発していて、15時には着いていたそうです。はやっ!大天荘ではテントだったのですが、夜半の強風でポールが折れて、今日は小屋泊まりにしたそうです。また、大天荘で同室だった若者くんにも再開できて、これまで登った山の話などしました。こういう会話は、なかなか楽しいです。ほぼみなさん、すさまじく登山されている方たちでした。
 独り占めのベットで眠ります。明日は下るだけなので、楽勝なのです。
      今にも降り出しそうな穂高連峰、涸沢を望む
           (この記事は、2020年2月11日に執筆しました)

めざせ!燕岳~常念岳~蝶ケ岳(4日目)2019年11月04日 23:05

 4日目、いよいよ最終日です。きのうの夕方の天気で、てっきり曇りが雨かと思っていたのですが、晴れています。先に、朝飯を食べようと思ったのですが、大天荘で同室だった若者くんが「日の出!」と教えてくれたので、カメラをもって外へ飛び出しました。コンデジのタイムラプスで日の出を撮影しつつ、ミラーレスで、穂高の山並みが焼けるのを待ちます。稜線をいったりきたりと結構あわただしいです。


 撮影後、朝食。みなさん出発しはじめます。若者くんも出発。部屋で荷造りしていると、もう小屋の人たちが片付けをはじめています。
超のんびりと7:50頃、小屋からすぐの蝶ケ岳に登頂。これで縦走も最後となると、疲れてはいるのですが、もっとここにいたい気持ちになります。

   小屋の右手の山が常念岳。そこからの稜線を歩いてきた。

8:05頃徳澤園に向けて下山開始です。ここにおいしいソフトクリームがあるのです。楽しみです。
 妖精の池。妖精らしさはまったくないのですが、凍っていて朝日がやわらかく反射しています。
 ゆるゆると下って、少し登りになって長塀山(2565m)に到着。そこからは順調に下ります。
この後、かかとの靴擦れがひどくなって、テーピングのため10分くらい小休止。この縦走中、ずっと靴擦れに悩まされて、カットバンやテーピングテープでの保護をしていたのですが、やはりズルムケになってしまいました。カットバン+Wテーピングで保護して、再始動です。

 しかし、下りがどんどん急になります。しかも延々と長い。だんだん、膝というか足首も含めてというか、力がしっかり入らなくなってきました。下りは楽勝だなんて...なるだけ、段差の少ない場所を選びながら、うんざりする下り坂をなんとかやっつけて、10:56に徳澤園に到着!コースタイム3:25を2:51で下りました。
 ソフトクリーム!と、みちくさ食堂に駆け込んだのですが、営業は昨日で終わりましたと....えっ....
 脱力したら、急にお腹が減ってきたので、カップ麺を食べます。風が少々吹いているのですが、日差しはとても暖かい。ザックから寝袋や衣類を出して、乾燥させます。お腹も満たされ、気をとりなおし、11:50頃上高地に向かいます。ソフトクリームがダメなら温泉です!
     穂高連峰を眺めます。下から見ても美しい山塊。

 上高地に近づくのですが、お店やトイレが冬じまいしているのが目立ちます。明神の温泉も閉まっている模様。頼みの上高地ビジターセンターで空いている温泉を聞くと、近場は1軒のみ。上高地アルペンホテルだけでした。しかも、残り1時間くらい。あわてて13:30温泉到着。4日分の疲れを落とします。温泉から穂高の山々も見えて気持ちよいです。荷物置き場で、ほぼ同じ行程で燕岳から東鎌尾根を経由して槍に登ったという若者くんに会いました。槍は結構雪が着いていたのに、すごいです。来年は、私も槍に行ってみたいです(高所恐怖症ですが)。

 上高地のバスターミナルで、ビールで一人乾杯。15時すぎのバスで新島島へ、そこから松本電鉄で松本に。中央線あずさで20時すぎに自宅に無事戻りました。

 今回は天気に恵まれ、しかも雪道も楽しめました。気に入った写真も撮れました。体力が不足気味なのが課題ですが、トレーニングをして次回、夏や紅葉時にテント泊で訪れてみたいものです。 
          (この記事は、2020年2月15日に執筆しました)

めざせ鍋焼きうどん2019年11月30日 23:31

 ひさしぶりに会社の仲間たち6名での登山です。今回は、丹沢山系の鍋割山です。山頂の山小屋の鍋焼きうどんが超有名です。これを食べて、今年を締めくくろうというわけです。
 小田急渋沢駅から、タクシーに分乗して二俣の登山口に8:30到着です。駐車スペースはすでに満杯で、うどんの道が険しいことを予感させます。林道から登山道に変わるあたりに山小屋の水置き場があり、どうぞ好きなだけ担いで登ってくださいシステムになっています。今回は日帰りで荷が軽いので、4リットルくらいのペットボトルをザックに入れてスタートです。しかし、山頂まで登りが結構きついのですよね。先日登った、北アルプスの燕山の登山道が日本三大急登と言われているのですが、瞬間的にはこれを上回っているのではと思います。まだ紅葉が残っています。

 そうは言っても、なんだかんだと登っていけば、山頂に着くもので、11:10頃到着です。少し、雪がついています。左に木に隠れた富士山がチラリと。
 しかし、時すでに遅し。鍋焼きうどんに長蛇の列ができていました。40分くらい待って、ついに鍋焼きうどんの登場です。1000円が1500円になっておりました。
 鍋焼きうどんばかりに気をとられていると、景色の美しさを忘れてしまいそうです。富士山もすばらしいし、相模湾も綺麗に見えます。
 12:40頃から下山開始です。帰りはルートを変え、後沢乗越で道を間違えた中国人夫婦を案内しながら寄(やどりき)に降り、16:30頃到着です。一緒にタクシーに乗って渋沢駅に戻りました。命の恩人と感謝されてしまいました。その後みなさんは、温泉+忘年会ですが、私は明日もイベントがあるので、今回は直帰となりました。