めざせ! 加悦鉄道2020年03月01日 23:40

 加悦鉄道の鉄道博物館が3月末で閉館するとのこで、新型コロナウィルスまっただなか、行ってきました。多勢の人がいる場所は避けた方がよいと思い、自宅からダイレクトで加悦に向かうことにしました。ワンデークーポンという24時間レンタルを使い、22時にでて、翌日の22時に戻る行程です。
 深夜、新東名をトラックコンボイのみなさまと西へ。途中、岡崎で仮眠。といっても、ぐっすりと6時間も寝てしまいました。あわてて、伊勢湾岸、新名神、京滋バイパス、京都縦貫と乗り継いで、12時すぎに到着。
 閉館が近いせいか、思った以上に来館者は多い感じです。初めてみるキハ10、ボロボロなのが少し悲しみ。
 
そしてキハ08、これも悲しみの世界に半分溶け込んでいます。しかし、生で会えるのはやはりうれしいですね。

 そして、古典機関車と客車たち。走っていた頃を妄想しながら、写真をとります。かなり改造されていますが、ポーターもいい感じです。
会いたかった森ブタさん、やはり可愛い奴でした。
 小雨も降ってきたのですが、時間がないので濡れたまま気にせず、撮影していきます。駅舎内のレール標本?コーナなどを堪能しました。
 引き取り手のある車輌もあるようですが、貴重な産業遺産です、少しでも多くの車輌たちが残ってほしいです。
 帰りは雨が土砂降りとなり、ワイパー全開で、スロットルも安全的全開にして、帰路に向かいまいした。21時30分頃戻りました。コロナでティッシュとトイレットペーパーが入手不可で、残り少ない我が家は危機状態だったのですが、加悦にはまだありました。これが、一番大きな収穫かな?
              (この記事は、3月14日に執筆しました)