めざせ! 八ヶ岳縦走<横岳→硫黄岳→赤岳鉱泉>(3)2020年09月01日 23:08

 14日の続き、奥の院:横岳に8:34到着。コースタイム10分なので倍かかっています。写真撮っているからでしょうか?
縦走路では、一番の難関と言われています。が、しっかりした鎖もあり、安全です。

足を踏み外すと大変ですが、ここもしっかりした鎖と足場があるので、安全でした。

さらに進んで台座の頭に8:56到着。ここの展望は最高です。
これまで登ってきた、三叉峰、横岳が見えます。また、富士山から北アルプスまで眺望できます。

↑これは、三叉峰の手前からですが、北アルプスがきれいに見えます。下は、拡大した写真です。槍がとんがっています。今年は登ってみたいですね。

本日最後のピーク、硫黄岳に向かいます。9:30硫黄岳山荘でトイレ(大)休憩です。ジュースを飲んだりと、30分くらいゆっくりしてしまいました。
      ちょっと、ネパールっぽい色彩にほっとします

硫黄岳はもうすぐなのですが、ダラダラの辛い登りが続きます。
10:20頃到着。でも、山頂の爆裂火口壁はインパクトあります。この色彩感は、なんとも言えませんね。
     夏沢峠からの登山者が、エッジに見えます

    こんな看板があったら、先に行ってみたいですよね

 山頂はかなり日差しが強いのですが、かかとの靴ずれが酷くなってきたので、靴下脱いでメンテナンスします。ついでにストレッチも。
 10:40頃、ここからは一気に赤岳鉱泉に向けて下ります。下りは下りで結構きついんです。12:40頃赤岳鉱泉到着。コースタイムは1:35です。靴擦れと膝が厳しくなり、後半はかなりスローになりました。
 腹ペコなので、カレーとビールを即注文です。まだ登りがあるのですが、この暑さと開放感にはビールしかありません。
 13:30頃出発して、中山乗越を通って、14:15頃行者小屋に無事に戻りました。靴下脱いだら、かかとがズルムケになっていました。
 当初は、赤岳鉱泉の昼めしをパスして、テントを回収してすぐに下山という予定でしたが、腹ヘリと靴ずれには、かないませんでした。ダラ~っと、もう一泊することに。
翌朝15日朝、赤岳がきれいに焼けてくれました。あそこを登ったのですね。

 行者小屋は小屋営業はしていません。テント泊のみです。土曜日のせいか、テントも増えてきました。お世話になりました。
15日7:30出発、最後は苔の美しい森を抜けて、美濃戸口に下りて、無事帰宅となりました。帰りの下りも結構、膝に堪えました。

(この記事は、9月1日に掲載しました)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
銀座にある老舗の鉄道模型店の名前は?(漢字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2020/09/01/9290999/tb