第3回池袋鉄道模型芸術祭に出展してみた2018年03月25日 22:05

 24~25日で開催された第3回池袋鉄道模型芸術祭に、テーブル展示という形で24日(土)のみ個人出展してみました。
 1730×750mmのテーブルスペースです。腰布やトップ面のマットがきちんとセットアップされており、展示説明の看板、テーブルタップが用意されています。これで1日6800円(日本鉄道模型の会会員価格)の出展料は安いと思いました。ちょっとはみ出ますが1800mm×300mmのモジュールを置きました。
 テーマは小スペースでも楽しめるDCC自動運転、ということでエンドレスを敷かなくても手持ちの車輌を楽しめる方法がありますよ、という提案です。
 ①往復交換運転、②スイッチバック的な支線からの入線。単独で、③HOn21/2の単純往復、④小型エンドレスパイクで定時的にエンジン起動音だけを鳴らす、という4つのデモです。 
幸いなことに23日(金)から搬入ができたので、19:30~21:30でゆっくりと準備ができました。
 24日(土)は9:00から準備、10:00開場です。小型エンドレスパイクを追加で持っていったので、その設置と、車輌の通し運転をしていると、あっという間に10時開場となりました。
 シーナリィもストラクチュアもないので、どうなのかな?と思っていましたが、サウンドが鳴っていたこともあり、思いのほかみなさんに興味を持っていただけたようです。同時に複数の機関車が動くので、小さい子供さんの食いつきもよかったです。
 途中、ポイントが緩んできてモジュールを全部裏返して調整したり、トングのハンダ付けをやり直したりと、トラブルも発生しましたが、プログラムは完璧で、後半は順調に運転を継続してくれました。約8時間ほぼ休みなく動作してくれました。
 HOJCのメンバーには、トラブル対応や説明、車輌貸し出しなどを手伝ってもらいとても助かりました。やはり、一人だとトラブル対応がしんどいです。また、今回使用したDCCコントローラの製作者のDesktopstationさんも応援にきていただきました。おかげさんでなんとか、8時間無事に運転が継続でき、18時に終了です。
 DCC自動運転には興味を持っている人が結構いました。こういう楽しみ方があるんだと、関心をもってもらえました。
反面、どういう機材が必要なのか、どこで買えるのかわからない、などの情報不足の声もあります。もう少し、お手軽に始められる環境を大手メーカさんにつくっていただいたり、メディアで走らせる楽しみをPRしていければ、DCCを使ったいろんな楽しみ方も普及するんだろうと思います。
 終わって祭りの懇親会。その後、モジュールを入れた大きなかばんと、機材を入れたバックパックを背負って、えっちら、おっちら家路に向かいました。
 展示に追われて、写真も動画もほとんど撮影できておりません。

関東合運20172017年10月09日 20:30

 今年も関東合運に参加してきました。10/7-9の3日間です。10/7は設営ですが、所用があり夕方から参加。DCC自動運転盤を持ち込んだのですが、肝心の位置検出装置を忘れてしまい、ただの板になってしましました。
 翌日10/8朝食後、自宅に忘れ物を取りに戻りました。往復3時間30分、遠かった。
 戻って組み込み、なんとか午後半ばには、自動運転盤が動くようになりました。今回は、3系統の自動運転をデモしました。机の上の往復運転でも、十分楽しめますよ!、というのがコンセプトです。約5分の動画をvimeoという動画サイトにアップしました(ここをクリック)。
①単純な往復運転
②エンドレスでの方向逆転
③2列車往復交換運転
 600mm×300mmのTOMIXモジュールをベースに3枚接続した運転盤です。おいおい、机の上の大きさではないではないか!という指摘もありそうですが、1mくらいの細長いスペースは家の中にいろいろあるのではと思います。
 自動往復運転は、30分くらいほっておくと、ポイントでショートして停止したり、停止位置の変動で対向と接触するなど、やや安定性に欠ける部分がありましたが、ほぼ目的どおりの運転をおこなうことができました。
 10/9もデモをして、無事今年の関東合運は終了しました。自分の運転盤の面倒を見ていて、他のクラブを観たり、いろいろ話をする時間がなかったのが残念な点です。
 来年は、シーナリィやストラクチュアがきっとのっかっているでしょう。

いろいろ購入2017年09月03日 18:55

 最近、いろいろと購入しました。どちらかというとプリミティブなものばかりです。たまには、完成車両をど~んと、買ってみたいもんです。
 先週半ばまでハンズメッセというバーゲンをやっていまして、そこで、お得商品があったのでいくつか買ってしまいました。
 まずはDREMELのマイクロルータ。昔ながらのひも付きDREMELにフレキシブルシャフトを付けて使っていますが、取り回しがやりにくかったので、小型コードレスを購入しました。8000円弱。やはりコードレスは便利です。モジュール製作などで活躍中です。
 つぎにバローべでないスイス製糸鋸刃(店員さんに確認済)。ケースにスーパーパイクのフライヤーと同じswiss productロゴが貼ってありますが、メーカはどこでしょう?約200円。そして、これはホンマもんのバローべの140mm平ヤスリ。約450円でした。

 今週は、枕木用のバスウッド材。さかつうさんは一袋しか在庫がなかったので、追加注文をお願いしました。
秋葉原では、ライト用の1005(1.0×0.5mm)サイズチップLED。このサイズを秋月さんでも扱うようになっていました。が、家に帰ったら罪庫していました。
 さらに、aitendoという若い女性店員さんのみがいる中華パーツ屋さんで、DCCコントローラのファームアップ用にブートローダ・スケッチライター(昔のROMライター的)やサウンドデコーダ用に小型楕円SP。
 Alliexpressには、ファームアップ用にArduino UNOとNANO互換機を注文。日本の1/10以下の価格で送料無料!(ホントに動くの?)。10日くらいで届く予定です。
 鉄分が少ないストイックなものばかり買ったので、発作的に北丹2号機のキットを作り始めました。
 今年のクラブのお題は、ペーパーなのに...

自動運転モジュール やや完成2017年09月02日 20:22

 6月の即席自動運転板紙を発展させて、モジュールをこさえてみました。
ベースは、以前に作っておいたTOMIX台枠に継ぎ手を加えたもの。レールはME#55引き抜きと、枕木はNorth Eastern Scale Lumberのバスウッドを使い、地方私鉄のくたびれた感を目指しています。
 ポイントは、所属しているクラブの線路マイスター稲葉さんから教わったPCB枕木方式をアレンジして、PCB枕木の代わりに真鍮線を使って組み、設置後に抜去する方法としました。
 なんだかかんだと苦労しつつ、板としては形にすることができたので、8月のJAMに持っていったのですが...現場ではポイント自動制御が暴走したり、サウンドがうまく動作せず、トホホなデモとなってしまいました。 
 その後、いろいろ調査したところ、指定外のサーボモータがポイントデコーダの定格をオーバしていたり、soundtraxxとDCCコントローラ(DSmainR5.0)で相性が悪いことがある、などがわりました。サーボを交換したり調整をおこない、ちゃんと2列車交換の自動運転ができるようになりました!ここをクリックすると動画が覗けます。
 サウンドの問題は、製造元で改善ファームがでているとのことで、バージョンアップ用のArduino関連部品を調達中です。