DCC自動運転モジュール(1)2018年04月02日 23:51

 鉄道模型芸術祭で展示したDCC自動運転モジュールの構成機器について、備忘録的にまとめてみました。
 まず、DCCコントローラは、Desktop Station製のDSmainR5.0(最新はR5.1)を使っています。これに、車輌位置検出用のNucky製 s88-N Train Detector を接続しています(それぞれURLをリンクしています)。
 このDSmainの付属ソフトウェアが秀逸で、コントローラ、レイアウト配置図、WEBカメラでの自動運転、自動運転プログラム(スクリプト)など、いろんな機能が盛りだくさんです(私は、最初WEBカメラの自動運転で遊んでいました)。s88-N検出器は、ギャップを切ったレールにデコーダ搭載車輌が入ると、デコーダによる電流増を検知する装置です。1台で16区間まで対応しています。ある区間のデコーダ(=車輌)の有無を知ることができますが、その車輌アドレスまではわかりません。ここは、スクリプトで工夫して対応します。システム接続例は、NuckyさんHPのDetector紹介に記載があります。このモジュールでは、15区間のギャップを設けました。
 これらは、キット形式で頒布されていますが(DSmainは完成品もあり)、はんだ付けができ、かつ慎重さがあれば、組み立ては難しくはありません。
 線路は、ハンドレイで12mmは#55、ナロー9mmは#40のマイクロエンジニアリング製のレールで敷いています。ハンドレイにしたのは、ちょうどよい小型の市販ポイントがなかったのが大きな理由です。市販のフレキや組線路で、DCC自動運転はおこなえます。
 車輌は、地方私鉄の軽量で小型なものばかりなので、特に集電は気をつけています。基本は全輪集電で、絶縁側、非絶縁側ともに車輪裏に集電ブラシをあてています。DCCはDCよりも、集電不良には敏感に反応するようです。同時に、軸距離も短いものがほとんどなので、ポイントのフログ部は、無電区間をつくらないように、ポイント用デコーダとリレーを使って切り替えに連動した極性制御をおこなっています。
 使用しているDCCデコーダは、走行用にLENZ0511(古い!)、サウンド専用にsoundtraxx DSX-150(これも古い!)です。ディーゼル車輌は、soundtraxxのTSUNMIです。シェイのように車輌に搭載できないものは、モジュールの箱の中にスピーカを入れて、車輌と同期(同じアドレスに)させて、鳴らしています。soundtraxxには、集電不良時のリカバリ(KEEP ALIVE)用コンデンサがおまけについているので、必ず実装します。流山蒸気機関車につないている2軸のサウンドカーは3300μFに増強して、集電不良に対応しました。
 祭りの会場では忙しくて動画が撮れなかったので、家で撮影してみました。2分半の動画をYoutubeにアップしています。
 
今観ると、4台の車輌がせわしなく動いているなあ、という印象ですが、まあ展示用なので、こんなもんでしょう。個人で楽しむなら、もっと全体にまったりと動かした方が落ちつくと思います。

めざせDurango!2018年03月29日 22:54

 めざせシリーズですが、今回はついにDurango! アメリカンナローの聖地をめざします。
 てなわけはなく、北丹2号機に搭載して遊んでいたサウンドデコーダTsunami2をちょっとした不注意で壊してしまったのです。今回は、SPラインが電源線に触れた模様。たぶんそうではないかの予想です。自慢ではありませんが、この1年間にTsunamiを3台壊しています。
 失意に陥っていたのですが、Soundtraxx社に「直る?」とメールしてみたら、「心配するな。まだ無償保証期間内(90日)だからすぐ送れ」、との返事が来ました。レシートのコピーが必要です。
 それで、あわててEMS便で壊れたデコーダをDurangoに送ったという顛末です。昨日送って、そろそろ日本を飛び立っている頃です。送料は2,000円。高いけど、保証期間が終わりかけていたので急ぎました。トラッキング・保証もあるし。
 90日の保証期間をすぎていても、有償$52で直してくれるので、壊したものがあれば聞いてみる価値はあるかと思います。ただ、シュリンプカバーをはがすとだめみたいです。
 いつかは、本当にめざしたいDurangoです。

ミゼット号製作中(6)ファレホ!2018年02月23日 23:40

 25日日曜日にナローな集まりがあるので、ミゼットを急ぎ塗ってみました。よれよれなミゼットにしたいので、錆塗装にチャレンジします。スペインの塗料メーカのファレホは、水溶性アクリルカラーでジオラマ、フィギュアやミリタリー系では、発色や隠ぺい力のよさで良い評価を得ています。アキバのボークスさんで、水溶性のチッピング用のコーティング材を見つけたので、ミゼットで使ってみました。
 一番下に塗る錆色は、ガイアカラー:黄サビ(ラッカー系塗料)を使いました。これは、テクスチャー系塗料で、錆のブツブツ感を表現してくれます。これにフラットベースを混ぜて、さらにザラザラ感をアップさせました。
 その上から、ファレホのCHIPPING MEDIUMというコーティング材を塗ります。ネットやファレホHPでは、原液でスプレーできるということでしたが、粘度がかなりあり、私のエアブラシの圧(最大1kgf/cm2)では、不足気味で詰まってうまく吹けません。ファレホのエアブラシ用シンナーがあるのですが手元になかったので、ガイアカラーのT-01溶剤系アクリル樹脂塗料(通称ラッカー系塗料)で希釈して吹きました。最初、水溶性仲間のガイアのT-02水溶性アクリル系溶剤がよいと思い、希釈したのですが、すぐにダマ状になり使えませんでした。
 1時間くらいでだいたい乾いたので、その上からファレホモデルカラーをT-01で希釈して吹きました。ダークスカイブルーですが、かなり発色がよく明るい感じです。この塗料は、最低24時間くらいは固着しません。48時間くらいかかるという説明もありました。ちょっと触れたくらいでもはがれます。なので、このまましばらく放置としました。


 ザラザラ感が思いっきりでて、塗装失敗のゆず肌的な状態とも思われる状態に。イメージどおりの塗装は難しいです。日曜日のナローな会には、チップ加工前の状態で持ち込むことにします。

北丹2号機(12)Tsunami2をオーディ用スピーカで聴く2018年02月05日 00:21

 SoundTraxx社のサウンドデコーダTsunami2のレビュをYoutubeにアップしました。各ファンクションを動作させて音や機能をチェックしました。
 音は、小さいスピーカだとわかりにくいので、普段音楽を聴くのに使っているオーディオ用2way密閉型のスピーカに接続しています。
デコーダのアンプが1Wの能力があるので、十分ドライブできます。実際、フルボリュームだとかなりうるさいので、半分程度にしています。確認したのは、つぎのファンクションです。
F2 Whistle
F3 Short Whistle
F4 Cylinder Cocks
F5 Cutoff+
F6 Cutoff-
F8 Mute
F10 Blowdown
F11 Independent/Train Brake
F12 Brake Select/Train Line Charge
F13 Couple/Uncouple
F14 Switching Mode
F15 Wheel Chains
F16 Water Stop
F17 Fuel Loading
F18 Ash Dump
F19 Wheel Slip
F20 Injector
F21 Sander Valve
F22 Cab Chatter
F23 All Aboard/Coach Doors

 まず、1本目(2:19)は、走行中の音を中心にまとめました。F8 Mute OFF。音がフェードインしてきます。F12 ON で圧縮空気をためるため、コンプレッサーの動きが増します。F11 ONで列車ブレーキがON。F12 OFFで列車ブレーキ解除、F11 OFFで機関車ブレーキ解除。F3 Short Whistleで発車!スタート時には、自動でCylinder Cocks音が鳴ります。その後、F2 Whistle。
 F5 Cutoff+は、押すたびに「シュー」と鳴り、3段階でCutoffが変化し、最後はクランク音だけになります。F6 Cutoff-も同様に3段階で音が戻ります。減速を始めると、ブレーキのスキール音が自動で鳴ります。停止して、F10 Blowdownです。F8 Mute ONでフェードアウトします。

 2本目(3:11)は、F13以降のファンクションをON/OFFしています。1:F13 Couple/Uncouple、2:F15 Wheel Chains(これは何をしているのでしょうか?)、3:F16 Water Stop、4:F17 Fuel Loading(石炭の音?)、5:F18 Ash Dump、6:F20 Injector、7:F21 Sander Valve(う~ん、小さい音でよくわかりません)、8:F22 Cab Chatter(人の声は結構リアルです)、9:F23 All Aboard/Coach Doors

 つぎに走行中F14 Switching Mode ONで速度が半減します。いわゆる入れ換えモードです。F19 Wheel Slipで、空転音がでます。が車輪は自動では空転しません。あと、ビデオにとり損ねたのですが、スロットルを急にあけて力行させると、ドラフト音が一時的に野太くなります。
 ちゃんとしたスピーカで鳴らすと、埋もれていたいろんな音が聴こえてきて、かなり楽しめます。

北丹2号機(11)デコーダ仮搭載2018年01月27日 23:01

 Tsunami2の仮搭載作業です。サイドタンクにデコーダとスピーカが入るかの確認をおこないます。スピーカは、スマホ用を2台並列にして音量をかせぎます。
 モータ取り付け台が干渉するので、右サイドにスピーカ、左サイドにデコーダとしました。
 マスキングテープなどを駆使して、仮搭載です。スピーカはカプトンテープで絶縁をしっかりと行います。木片をスピーカとサイドタンクの間に入れて振動をボディーにも伝わるようにしました。音量はあまり変化しませんが、音質はダンプが効き、リバーブなど細かい音もわかるようになります。お好み次第でしょうか。
 デコーダ側は、かなり厳しいです。最終的にはデコーダのシュリンプ(0.5mm厚)をはがして、カプトンテープを代替として少しでも小さくしようと思います。
 無理やり感もありますが、なんとか入りました。Keep Alieve用のコンデンサは必須なので、付属のものを使いました。キャブ内になんとか入りそうです。
 上回りをかぶせて、CV値Read/Writeが正常にできることで、ショートしていなことを確認して、試験運転です。
 いやぁ、やはり音が入るといいです!テープの仮止め上回りですが、遊んでしまいます(Youtubeに1分程度の動画をアップしました)。
 課題は、デコーダ・スピーカを組み入れるための、サイドタンクの固定方法です。ネジ止めできるようにしないといけません。キャブも天井を取り外しできると、いろいろ便利になるはずです。
 と、いじくりまわしていたのですが...実物にはあるキャブ回りのリベットがない!これって、けっこう目立つのですが。
 また、新たな問題が発生してしまいました。