北丹2号機(10)やってもうた!2018年01月14日 23:15

 またしてもサウンドデコーダをやってしまいました。
 北丹をなんとかサウンド化しようと、soundtraxxのECO TSUNAMIを仮搭載して具合をみていました。サイドタンクになんとかデコーダが入ることがわかり、反対のサイドタンクには、スマホ用のスピーカを入れて、小さい音ながら家で遊ぶにはまあまあな感じになっていました。
 この小さなスピーカは、共鳴ボックスがないと全然鳴らないので、サイドタンクを共鳴ボックス代わりにしたのですが、あまり効果ありません。そこでこのスピーカを並列に2個つないで(抵抗は4Ω)鳴らしたらと、いろいろ作業をして、DCC ON!にしたとたん、「きゅん」という音とともに、動かなくなったのです。
 モータに電源を供給している端子がボディーに触れてショートして壊れたようです。マスキングテープでカバーしていたのですが、ボディの鋭利な角が、つきやぶっていたようです。
 鉄則にしていた、実走前に赤い箱などで、低電流でCV値を読み出すなどの、事前テストをしていれば回避できた可能性が大です。あ~、落ち込みます。それにしても、2次側(モータ側)のショートには、本当に弱いです。絶縁確保をしっかりしないと、ダメです。

 落ち込んでもチャレンジします。この損失分は、飲み会を2回がまんして捻出することにします。翌日、熊田貿易さんとこに修理の相談に行き、とりあえず新品のTSUNAMI2を代替として購入しました。壊れたECOは修理依頼してみるが、送料など入れると新品代金くらいかかるかも、時間も3か月くらいはみて、と言われました。こちらもとりあえずお願いしておきました。TSUNAMI2になって、配線材がより細くなり、約0.55mm→約0.50mmになっていました。音も気のせいか、抜けがよくなったような...

 帰りにアキバの秋月やaitendoに寄って、DCCコントローラ DSmainR5モニタ画面用の小型OLED(液晶→OLED化が流行っているらしい)や、同じくミント缶用の基板取り付けネジ、ゴム足やカプトンテープなどの部品を買っておきました。
 とは言いつつ、心の痛手は回復しておりません。

DC駆動ですが、ワールド工芸モータとIMONモータ換装の走行映像をYoutubeにアップしました。編集していないので3本に分かれています。ちょっと調整不足でぎくしゃくしていますが、スタート/ストップ時の粘りがわかると思います。

関東合運20172017年10月09日 20:30

 今年も関東合運に参加してきました。10/7-9の3日間です。10/7は設営ですが、所用があり夕方から参加。DCC自動運転盤を持ち込んだのですが、肝心の位置検出装置を忘れてしまい、ただの板になってしましました。
 翌日10/8朝食後、自宅に忘れ物を取りに戻りました。往復3時間30分、遠かった。
 戻って組み込み、なんとか午後半ばには、自動運転盤が動くようになりました。今回は、3系統の自動運転をデモしました。机の上の往復運転でも、十分楽しめますよ!、というのがコンセプトです。約5分の動画をvimeoという動画サイトにアップしました(ここをクリック)。
①単純な往復運転
②エンドレスでの方向逆転
③2列車往復交換運転
 600mm×300mmのTOMIXモジュールをベースに3枚接続した運転盤です。おいおい、机の上の大きさではないではないか!という指摘もありそうですが、1mくらいの細長いスペースは家の中にいろいろあるのではと思います。
 自動往復運転は、30分くらいほっておくと、ポイントでショートして停止したり、停止位置の変動で対向と接触するなど、やや安定性に欠ける部分がありましたが、ほぼ目的どおりの運転をおこなうことができました。
 10/9もデモをして、無事今年の関東合運は終了しました。自分の運転盤の面倒を見ていて、他のクラブを観たり、いろいろ話をする時間がなかったのが残念な点です。
 来年は、シーナリィやストラクチュアがきっとのっかっているでしょう。

DCCコントローラファームアップ2017年09月13日 23:32

 DSmainR5.0というDCCコントローラを愛用して自動運転など楽しんでいますが、soundtraxx社のDSX-150(サウンド専用)との相性が悪く、少々困っておりました。具体的には、1両のみなら正常動作するのですが、TSUNAMI搭載車輌とあわせて2両で同時運転すると、サウンドが途切れたり、汽笛などのファンクションが鳴らなかったりすることがあります。TSUNAMI側は正常動作しています。
 製造元desktopstation(のサポート掲示板)に相談したところ、TSUNAMI暫定対策版のファームがあり効果があるかも、ということでした。さっそく、ファームアップ用部材の調達をはじめました。
 このコントローラのファームは2種あって、装置内のATMEGA328Pというマイコンと、arduino nanoに書き込まれています。ATMEG328Pを書き換えるには、arduino UNO互換機+PCとブートライタが必要です。nanoのファームは、PCだけで直接書き換えることができます。
 arduino UNO互換機は、aliexpress経由で購入しました(写真左、右はポイント用サーボモータ)。$2.72という安さです。これが送料無料で航空便(約7~14日間)で送られてきます。とても不思議な感じです。
 arduino UNO と 組み立てたブートライタ(重ねて使います)

 ブートライタは、説明書なしのキット(写真下)が秋葉原のaitendoで売っています。500円。基板に部品仕様が印刷されており、部品数も少ないので簡単に組み立てできます。
マイコンATMEG328Pもaitendoで230円でした。
 で、PC側は、arduinoIDEという名のフリー統合ソフト(コンパイラ、エディタやアップローダが入っている)をインストールします。これで環境は整いました。あまり費用はかかりません。
 desktopstationのHPから2種類のファームをダウンロードして、IDEを使ってインストールします(写真下 PCから書き込み中)。
 詳細は、desktopstationのHPやブログに掲載されています。が、素人の私はちょっと苦労したので、整理してまとめようと思います。
 ファームアップの結果ですが、残念ながら、改善効果は少しだけでした。やはり、2台同時運転だと、音切れなどが発生します。
 状況を製造元に説明したところ、次の策を考えていただけるそうです。ご本人はかなりお忙しい事情があるのに、本当にありがたいことです。わたしも、テスト対応をさせていただくつもりです。ということで、しばらくはDCCコントローラの改善対応は続くのです。
 左上の青い基板がarduino nano、 白いシールを貼っているのがマイコンATMEGA328P。

いろいろ購入2017年09月03日 18:55

 最近、いろいろと購入しました。どちらかというとプリミティブなものばかりです。たまには、完成車両をど~んと、買ってみたいもんです。
 先週半ばまでハンズメッセというバーゲンをやっていまして、そこで、お得商品があったのでいくつか買ってしまいました。
 まずはDREMELのマイクロルータ。昔ながらのひも付きDREMELにフレキシブルシャフトを付けて使っていますが、取り回しがやりにくかったので、小型コードレスを購入しました。8000円弱。やはりコードレスは便利です。モジュール製作などで活躍中です。
 つぎにバローべでないスイス製糸鋸刃(店員さんに確認済)。ケースにスーパーパイクのフライヤーと同じswiss productロゴが貼ってありますが、メーカはどこでしょう?約200円。そして、これはホンマもんのバローべの140mm平ヤスリ。約450円でした。

 今週は、枕木用のバスウッド材。さかつうさんは一袋しか在庫がなかったので、追加注文をお願いしました。
秋葉原では、ライト用の1005(1.0×0.5mm)サイズチップLED。このサイズを秋月さんでも扱うようになっていました。が、家に帰ったら罪庫していました。
 さらに、aitendoという若い女性店員さんのみがいる中華パーツ屋さんで、DCCコントローラのファームアップ用にブートローダ・スケッチライター(昔のROMライター的)やサウンドデコーダ用に小型楕円SP。
 Alliexpressには、ファームアップ用にArduino UNOとNANO互換機を注文。日本の1/10以下の価格で送料無料!(ホントに動くの?)。10日くらいで届く予定です。
 鉄分が少ないストイックなものばかり買ったので、発作的に北丹2号機のキットを作り始めました。
 今年のクラブのお題は、ペーパーなのに...

ポイントデコーダ2017年06月07日 23:30

5月になって、海外出張や異動などあって忙しくて、活動を停止していましたが、ようやく自分のリズムを取り戻し、動き始めました。
まずは、連休中の鉄道模型市で購入したDCCポイントデコーダを使ったテストを始めました。

BEMO(篠原)ポイントを使って、テスト環境をこさえてみました。100均で買った厚紙(色紙)に両面テープでポイントを固定。これに、サーボモータをステーを介して取り付けました。BEMOポイントは、DCC対応するため、ギャップを新たに切り、フログ部分はポイントデコーダと連携した12V駆動リレーを使って極性を制御します。
このDCCポイントデコーダは、Desktopstationさんが開発・販売されていたものです。小型サーボモータをドライブできコンパクトな大きさにまとまるので気に入っていたのですが、在庫限りになったようです。
白い箱(DSmainR5)とPCで自動運転プログラムも書いてみました。プログラミングは、いろいろ悩んで、なんとか加減速やタイフォン・ライトを2列車独立して制御できるようになりました。
300×1200のスペースでのpoint to pointですが、自動運転ができるので、ぼんやりと眺めることもできるし、手動運転をおりまぜることもでき、かなり楽しめます。
自動運転+point to pointは、省スペースで楽しめます。
あとは、これを仮設から本格設置(=モジュール)にどう展開していくかですね。