第13回軽便模型祭2017年10月01日 22:20

 今年も軽便祭とその前夜祭に出かけてきました。9/30は仙台に出張だったので、直接東京駅から祭に参加です。
 前夜祭(夜にやっているわけではないのですが)参加の前に、東京駅で少し時間があったので、香港ミニチュアの展示会にも立ち寄ってきました。
 1/24など少し大きめのサイズのものが多く、かなりつくり込みがしてあり、見ごたえがあります。人形を効果的に配してあり、勉強になりました。


 そして前夜祭。今回8回目となる軽便讃歌のお題は、台湾と木曽でした。ナローの鉄道や車輌の話にも惹かれたのですが、厳しい条件や環境の中で旅行や路線を踏破したことの楽しさがとても伝わってきました。

 翌日10/1は、11時すぎに会場に到着したのですが、特製エッチング板はすでに売り切れ状態でした(トホホ)。再生産してください!人は、そんなにギュウギュウではなく、ショップ・レイアウトともに落ち着いて見る事ができました。
 気になったものです。
 TOMYTECさんが北海道あたりで起工式をされていました。牛くんも販売されているようです。

 すばらしいティンバートレッスルの上をゆっくりと走っていました。この橋は一体ものなのでしょうか?

 レイアウトも素敵でしたが、この機関庫と給水タンクもいいです。

 このモジュールの裏側は半球状になっており、照明があたっていました。こういう見せ方があるのですね。


 動くのでしょうか?

 ME40番レールを敷いた簡易軌道車庫。ナローはこのくらいのレールだと、雰囲気ががぜんよくなります。
 フリクションドライブです。水道蛇口のパッキンとIMONチューブです。パッキンは磨耗するそうです。

 日本の軽便の美しさは、ワールドワイドに伝わるのですね。
 このボートに惹かれました。

 今日のお買い物をチェック。近くのNIHONBASHI BREWERYで。ほかに、公衆電話ボックスも買いました。  
       
 自転車をさっそく組み立てました。合運のクラブ課題「紙ってる」として持っていくと、おこられるだろうな。

atami2016年05月28日 23:26

職場のレクレーションで、熱海の温泉で1泊2日の旅。仕事で疲労コンバインで、飲みもできず寝てばかりでしたが、おかげでリフレッシュできました。
熱海といえば、駅前に鎮座しているへっついです。軽自動車くらいの大きさなので、一家に一台もっていたくなるような愛嬌です。
翌日は、根府川でバーベキュー。そのみちすがら、根府川鉄橋がチラリと見えました。
なにげに鉄の見所ありの小旅行でした。

石炭の香り2012年11月10日 22:18

JAMの秋の遠足に参加する機会があり、成田ゆめ牧場、まきば線に出かけてきました。
石炭の香りがいいです。
この石炭はロシア産だそうです。復活したC61も同じ産地のを使っているらしい。

楠木製作所製の3号機 キャブにて。

楠木製作所製の6号機。3.5トンの素敵な赤い機関車です。

なべとろを曳くと、さすがに絵になります。

ほかに、11号機のマフ・ポッターも火が入っていました。
石炭の香りを堪能できた1日。
牧場のソフトクリームもうまかった!おすすめです。
あっ、模型をつくらねば。

スピーカのエンクロージャ実験2012年06月10日 23:13

 先日のスピーカ聴き比べで、音量の大きかった20mmスピーカにエンクロージャをつけて、どのくらい音が大きくなるかの実験をしました。周辺のゴム枠をはずすと直径18mmでした。
スピーカの大きさ

 厚紙で筒をつくり、ピストン状のフタを動かして体積を変えて、どのくらいの長さが最適かを調べてみました。

 長さが50~60mmの場合、結構大きな音がします。客車などに取り付けるときは、なるべく長くするとよいようです。フタをすると、ややこもった感じ。この音源(グース)ではなしの方がよかったです。25mmくらいまでは、ダクトによる効果があります。
で、荷台にのせるとこんな感じ。このままだとサウンド用のデコーダがのらない!ちなみに、運転席の後ろの基板は、LED用の定電流ダイオード。
それでは、荷台を拡張するしかないか...


ミゼット号製作中2012年05月19日 21:20

きょうは、ひととおり組み上げて、走行とサウンド確認をしました。いまひとつ、走りと音の同期がとれませんが、調整に骨がおれるので後回し。
正面からみると先輪が間の抜けた感じなので、排障器をこさえてみました。わが社の資材置き場にあった国産ひのき材と米国製のナット・ボルト・ワッシャーで小一時間でできあがり。本当は、まず木材を染めて、塗装したNBWを取り付けるのが正解なのかも。

排障器取り付け