頸城コッペル2号機(15)ロッドと働輪2020年09月09日 00:09

 備忘録的に..オリジナルのロッドは、働輪のクランクピン穴のボスの上で、クランクピンを軸に回転しています。「しりせま」にするためには、ロッドの穴を少し拡げて、働輪のボスを軸に回転するように加工しました。これによって、ボスの高さ分だけシリンダ幅を狭めることができます。
 車軸止めにつけているのは、仮の集電ブラシ。オリジナルのブラシには主台枠に取り付ける極小プラパーツがあり、いろんな作業のハンダ熱で損傷しそうなため、仮を取り付けました。また、「しりせま」のため、車輪を車体中心に対して常に均等な位置にしておきたいため、左右ともにブラシを当てています。
 拡大すると、ロッドがボスを軸にしていることがわかります。

 反面、ロッドが働輪のタイヤに接触するため、絶縁側はショートします。そのため、薄いポリテープをロッド裏に貼って、ショートを回避しています。
  テープを貼ってデザインナイフで、切り抜きます(赤丸内)
 「しりせま」には、いろいろ気を使ってやらないといけません。

頸城コッペル2号機(12)しりせま試運転2020年08月12日 23:47

 仮組みなれど、試運転しています。ちょっとギクシャク感があります。ロッド類の抵抗があるようで、停止から発車するときに、スムースなときと、引っかかってラピッドスタートになるときがあります。油分を与えて、集電ブラシを調整して、多少改善できましたが、引っかかりの捜査を開始せねばなりません。


が、ちょっと、飽きてきました..上回りでもこさえていきますか

頸城コッペル2号機(10)しりせま<4>2020年07月20日 23:01

 久しぶりに頸城にとりかかります。シリンダ部の加工がだいたい終わったので、幅詰めの切断をおこないます。シリンダフランジをガイドに切断。

の前に、台枠にとりつけるためのシリンダ裏のボスにガイドの穴を開けておきます。ボスも切断してしまうので、取り付けの位置がわからなくなるのを防ぐためです。
     元のボスのセンターに慎重にガイド穴をあけます

 しかし、切断してわかったのですが、ガイド穴の2つのうちひとつは、シリンダのロストブロックの際ギリギリに開いてしまい、結局新たにあけ直す必要がありました。
 この詰めたシリンダを台枠につければ終わりかと思ったのですが、シリンダの吸排気口の位置も内側に寄っているのでした。当然ですよね。
 オリジナルでは四角い抜き取り穴から吸排気口が見えていた

上からみると、シリンダのボルト部分しか見えなくなってしまったのです。四角い抜き取り部分を少しでも内側に拡張する必要があります。そうすると、今度は煙室サドルも幅を狭めないといけません。
 左側が幅詰め加工後、煙室を支えるフランジも小さく削った

.....そうです、どんどん沼にはまっているのでした。

頸城コッペル2号機(9)しりせま<3>2020年07月03日 01:16

 とにかくひし形なるものをこさえ直して、作業を進めることにします。しかし、あせっていたのかΦ0.2ドリル刃を折りこんで、トホホな状態になってしまいました。塩水の刑に、2日間ほど浸っていただいて、復活です。その間に、あらたにひし形をこさえたりして、ジタバタあがいていました。
   つくりかけや失敗作など含めて、総計6個加工しました

 なんとか完成して、シリンダに組み込んでみます。こさえた本人しかわからない、ムフフなディテールのできあがりです。
     Φ0.2のボルト表現は、ちょっと肉眼には厳しいかも


頸城コッペル2号機(8)失意...2020年06月29日 23:35

 「しりせま」も、いよいよ核心部にせまってきました。きょうは、シリンダへの新しい穴あけです。今の穴から外側へ0.5mmオフセットした位置に、Φ1.0を開けます。ちょうど、四角い土台のキワに穴あけするので、ドリルの先端が滑ってしまわないように注意が必要です。
まずは、Φ0.3→Φ0.5→Φ0.7→Φ0.9→Φ1.0と開けていったのですが、案の定、キワで先端が滑って、中心が少しずれてしまいました。
2つめは、0.5からは0.1刻みにして、うまくセンターに開けることができました。こういう神経を使うが、単純な繰り返し作業は、ほんと修行です。

 なんとか無事に穴あけ完了です。以前にこさえたひし形の受け座を取り付けるのですが..
 ボルト表現のΦ0.2線が少し曲がっていたので、デザインナイフの先で修正しようとしたら、力がかかったひし形の先端が割れてしまいました。
えっ......
あ~、もう風呂入って寝よう!

    失意なれど、一応ピストン棒を入れて雰囲気を確認