めざせ大樹2018年05月19日 23:33

 職場の鉄仲間3人で東武鉄道のC11大樹をめざして、鬼怒川温泉に向かいました。それぞれ、乗り鉄・Nゲージャなど主たる活躍の場は違うのですが、年に1~2回集まってでかけています。私は、東武にほとんど乗ったことがなかったので、この巨大鉄道網の一端を堪能することができました。新宿から特急で下今市へ。そこで各停に乗り換え鬼怒川温泉へ。ここから、大樹2号と3号に乗り継ぎ下今市までを往復。再び、鬼怒川温泉駅近くで大樹4号の走行写真撮影というダンドリです。下今市、鬼怒川温泉ともに転車台があり、見せ場となっています。
 C11は幼い頃住んでいた家のすぐ脇で貨物の入れ換えをやっていて、ブローの蒸気に逃げ惑っていたのを記憶しているのですが、デザイン的にはあまり惹かれない罐でした。今日あらためて見てみると、なかなかかっこいいではないですか。カニ目のためかもしれませんね。
 やっぱり蒸気の魅力はロッドです。鉄色が美しい。昼飯もほとんど食べずに、撮影場所に移動。しかし、煙がまったくなしのトホホな状況でした。気温が下がって、勾配区間でないとよい煙は生まれません。

しかも、温泉に来たのにビミョウに時間が足りず、駅前の足湯(無料)に浸かっておりました。帰りは浅草駅手前の急カーブを堪能し、神谷バーの電気ブランを飲みながら、次回の爆煙に向けて決起したのです。
最近、工作をしていないので、ちょっと反省しています。

めざせ東平2018年04月30日 23:12

 キャンプの翌朝、朝焼けがおがめるかなと思ったのですが、あいにくの曇り空。
 気を取り直して、朝食にオムレツ、生ハム、コーヒーなど食べて撤収開始です。ちょうど車に積み込み始めた頃からポツポツ降り出し、出発時には本降りになりました。
 しかし、めざします。まずは、温泉、今治の喜助の湯に向かいます。「ドンドビ」という謎な交差点を曲がります。入浴料700円というちょっとお高い感じもしますが、とても綺麗な温泉でした。しまなみを走るサイクリストを迎えるという店構えで、店員さんもサイクルウェアできめています(最初、親切なサイクリストかと思った)。
 温泉入ると当然、どよ~んと気持ちが和むのですが、東洋のマチュピチュといわれる東平(とうなる)に向かいます。天気も晴れてきました。別子銅山の上部鉱山に位置しています。まずは、麓の端出場(はでば)にあるマイントピアという鉱山観光施設を探索します。鉱山鉄道(残念ながら電動蒸気機関車)で移動して、観光坑道を見学しました。
 2tバテロコ(上)とかご電車という簡易客車(下)
バテロコなども展示してあり、マニアックに写真撮影してしまいます。娘が騒ぎだしたので、いよかんソフトクリームでなだめます。でも、これホントおいしいです。
 いよいよ、ここから狭い隘路を30分ばかりのぼり、東平に到着です。上は、結構ひろい平地があり、きれいな資料館や大きな駐車場もあります。選鉱場(貯蔵庫)や索道場が遺構として、残っており、独特の雰囲気を醸しだしています。

谷を挟んで向かい側の急峻な山の中腹には、上部軌道があってクラウスが走っていたそうです(写真下)。
どうやってもってあがってのでしょう?こんな山奥に最盛期には5000人が生活していたという、東洋のマチュピチュというか、山中の軍艦島というか、とにかく人間が物をつくっていく力にびっくりします。帰りは、麓の資料館によって、山腹を走っていたというクラウスに会ってきました。

地方私鉄1960年代の回想2018年04月20日 23:48

 きょうは、神田・書泉グランデで、風間克美氏が上梓された「地方私鉄1960年代の回想」に関連した鼎談イベントが開催されました。前からすごいHPがあるなとお気に入りにしていたのですが、この方だったのです。
 仕事も定時で切り上げて、神保町に向かいます。時間ギリギリだったので、その辺で買ったおむすびを歩きながら食べて腹ごしらえしておきました。10分前くらいに到着。6階でこの本を購入。7Fの会場に向かいます。が、すでに9割の入り。熱気もすごい。
 いよいよ、風間氏と、司会の名取氏、解説の宮下氏による鼎談スタートです。FUJICA35EE 45mmレンズで撮られた鉄道風景は、ひとことで言うと美しい写真ばかりです。モノクロなのが、余計に頭の中でいろいろ想像力を広げてくれます。約1.5時間の鼎談もあっという間に終わってしまいました。風間氏には、ずうずうしくも先ほど買った本にサインをしていただきました。ありがとうございました。

 しかかりモジュールのイメージを膨らますには、十二分の金曜日の夜でした。

C612016年05月29日 23:05

職場の鉄人たちと、SL快速みなかみC6120と碓氷鉄道博物館への旅。
久しぶりに、ホンマもんの蒸気機関車に会えました。石炭の匂いや煙と水蒸気...入線してくるときに見える、ロッドの動き、かっこいいです。広島・三原製です。

40分ほどで渋川駅。ここで下車して、折り返して碓井峠鉄道文化むらへ向かいます。ちょうど昼時に到着。いつも釜飯ではつまんないから、博物館から10分のところにある関所食堂でラーメンとチャーハンを食しました。人が並ぶほどのお店で、並んでいる人もラーメンはここでしか食べない!というくらいの太鼓判でした。
が、普通でした。チャーハンは私には甘かった。

文化むらでは、塗装が痛んで悲しい状況になっている車両もいましたが、お目当てのEF30やEF59をじっくり堪能することができました。

メンテナンスはされているのだろうけど、太陽と風雪の影響は大きく、ぜひ屋内展示にしてほしいです。
廃線跡を使ったトロッコ列車にのり、丸山発電所跡を経由して峠の湯へ。

温泉と湯上りビールでいい気分になり、碓氷をあとにしました。帰りは高崎から八高線初乗り・制覇しました。久しぶりにのったディーゼル(キハ112)の加速性能と静粛性におどろきでした。





atami2016年05月28日 23:26

職場のレクレーションで、熱海の温泉で1泊2日の旅。仕事で疲労コンバインで、飲みもできず寝てばかりでしたが、おかげでリフレッシュできました。
熱海といえば、駅前に鎮座しているへっついです。軽自動車くらいの大きさなので、一家に一台もっていたくなるような愛嬌です。
翌日は、根府川でバーベキュー。そのみちすがら、根府川鉄橋がチラリと見えました。
なにげに鉄の見所ありの小旅行でした。