第19回国際鉄道模型コンベンションに参加します2018年08月17日 22:29

 今日から国際鉄道模型コンベンションが始まっています。HOJCからは、恒例の相武鐵道を展示しています。今年が最後となります。ウラスペースでは、部員の怪しげな展示をしているのですが、私もDCC自動運転板を持参して、デモをします。土日のみです。
 3月の模型芸術祭のものを縮小して、300mm×1200mmとしました。多少の地面造成もおこなったので、少しは進化しています。今回のコンベンションは北海道がテーマということなので、北の私鉄炭鉱の機関車も走らせますが、小型機用につくったカーブがきつくて難儀しています。しかも、まだ自動運転のスクリプトを書いているまっ最中です。
 相武鐵道も含めて、ぜひ遊びにおこしください。

モジュールをいじる(3)2018年08月11日 23:57

 8月になり夏休みに入ったのですが、家事がいろいろあって、こちらの方は思うようには進捗していません。
 レールの地味塗装は終えたので、バラスト撒きと地面作りに入りました。バラストは、モーリン製1/87ライトブラウン(No.456)を使うことにしたのですが、茶色がやや濃く、地方私鉄のくたびれた感じと少し違うかなと。それで、粒が近く、彩度の低いTOMIXのシーナリバラストブラウン(No.8196)を約1/2混ぜてみました。これが、後でちょっと問題を起こします。これでも、イメージどおりの色合いにならないので、着色してみることにしました。
 適当な容器にバラストを入れて、吹きつけ用くらいに薄めた塗料を少しずつ入れていきます。そして、割り箸などで攪拌。最初は、少し粘り感がありますが、塗料が乾燥してくると、パラパラチャーハン的になります。色合いを見ながら、塗料の量を足していきます。
    左がモーリンオリジナル、右がミックス+バフ着色

 実は、最初、エアブラシで容器内に吹いてみたのですが、エアでバラストが飛び出すなど(ブラシだけを差し込めるカバーを作ってはみた)、思った以上に時間がかかるので上記方法に落ちつきました。この方法だと、いろんな色のバラストを簡単につくることができます。今回は、タミヤアクリルのバフで着色しました。
 ところが....
 着色した後に気がついたのですが、TOMIXのバラストは、なにか雲母のようなものが入っていて、光の加減でキラリと光るのです。これって、バラスト素材としてはどうなんでしょう?それで、着色後にフラットクリアーを混ぜてみました。が、完全には解消できません。しかたありません、バラスト撒いた後に、もう一度フラットクリアーを吹くことでなんとかなるだろう的(まるいち式)判断で、撒きに進みます。
              ハケでならし中

 撒きは定番のボンドバラスト方式です。バラストを撒いて、ハケや筆でならして、中性洗剤入り水をスプレイして、スポイトでボンドを垂らします。ハケは、レール幅に合わせてカットしてみましたが効果は?です。また、ボンドは、昔Flying Zooさんで購入したELMER'S Glue-All(20世紀ものビンテージ)を約3倍くらいに薄めて使いました。乾燥してもツヤのでない優れものです。今だと、ハンズなどで購入しやすいTitebondも同様の特性です。実は、ためしに、雲母対策でウルトラマットメディウムを一部使ったのですが、あまり効果がない上、乾燥すると白い残滓がでてきます。これは、あまりお勧めしません。

モジュールをいじる(2)2018年07月30日 23:54

 突然ですが、再びモジュールをいじりはじめました。地味にレールの側面を塗っています。MEのウェザード(塗装済み)レールを使っているのですが、黒っぽすぎていまひとつです。タミヤのエナメル塗料レッドブラウンをそのまま、筆塗りします。枕木とかにはみでまくっていますが、気にしません。枕木はもう一回、塗って(どちらかというと染みこませる)調子を整える予定です。
   一番手前が塗装済み。その奥は未塗装状態。

9200はtsunamiサウンドデコーダをテンダーに搭載してみたのですが、思った以上にスペースがなく、使いたいスピーカが載せられませんでした。しかたないので、より小型なtsunami2に変更です。これで、音的に満足できるスピーカが載せられました。しかし、モータ調整に手こずっています。モータだけの調整パラメータが、CV209-216まで、なんと8種類もあるのです!だいたいのところまで、追い込んだのですが、もう少しがんばりたいところです。これも、うまく調整が完了したら整理したいと思っています。

モジュールをいじる(1)2018年06月30日 22:07

 小型車輌を中心にレールを配置した自動運転モジュールですが、ここにきて4軸や5軸の機関車も動かしたいという欲が出てきました。END to ENDの最大走行距離が稼げればよしとし、一番右のモジュール終端の曲線部分のカーブを緩く引きなおしました。
 レールは小釘にハンダ付け+枕木に瞬着なので、ハンダをはずすと、ベリベリと簡単に撤去できました。枕木自体もそんなにまじめに固定していなかったので、皮スキのようなものでこじって撤去です。
 その後に、PCB枕木方式で緩めのカーブで引きなおしました。台枠ギリギリになり、スリル満点で車輌限界ははみ出してしまいます。曲率はだいたいR650~700だと思います。これで、大好きな9200や4100が入線できるようになりました。
 撤去後が、うっすら残っています。4100入線しています。
 7月はベニヤ大平原を開拓していきます。

HOJC 20周年記念運転会2018年05月13日 23:53

 この週末は、所属しているクラブの20周年記念運転会が京都・伏見で開催され、私も参加してきました。
 20周年なので、20にちなんだものというこで、あさかぜ20系客車を牽引機とともに持っていきました。それから、DSair、ミント缶DCCコントローラとDSservoポイントデコーダのDCCグッズたち。
 伏見区醍醐の地域交流センターの会議室2つをぶちぬいて、メンバー制作の12mm,16.5mm,9mm組み立て式レイアウトを設営します。
               まず、机を配置
          地下の駐車場からレイアウト搬入
                 組み立て中
         レールジョイナーをみんなで接続中
モジュールひとつひとつががっちりできているので、組み立ては簡単です。各モジュールのフレームは標準品のバネ式の固定金具でパチンと止めますが、線路は普通のジョイナーで接続しています。
 組み立てが終わったら、列車を並べて記念撮影とテープカットです。わたしも専属絵師に手伝ってもらい、夜なべしてEF58のヘッドマークをこさえました。インレタシールへの印刷までは簡単だったのですが、サイズ合わせやカットに時間がかかってしまいました。
クラブ員のみなさんがいろいろこさえた名品があちこちで展開されており、工作手法の情報交換も含めて、勉強になる2日間でした。 
 持参したDSservo(2chポイント用デコーダ)のデモ板と動作に使ったミント缶(には入っていませんが)DCCコントローラwithスマホバッテリーです。
 泊まりは大津にしたのですが、ほとんど始めての(小学校の頃、旅行できている)京阪京津線に乗り山越えを楽しみました。広軌のレールが急カーブで登っていくのは、模型的で楽しめます。また、2日目は雨模様であったのですが、関連する他のクラブやショップの方の見学もあり、記念運転会は無事に終了したのでした。