レイアウトに向けて始動か?2017年04月24日 23:48

 円形パイクをこさえたものの、場所や時間の制約を理由にレイアウトへの道はほど遠い日々です。しかし、結局は自らの意思の問題なのです。
 というわけで、まずはモジュールからスタートということで、台枠をこさえてみました。モジュールに使える台枠は、KATOさんやTOMIXさんからよいものが出ているので、それを使えば簡単です。が、このモジュール同士をどうやって結合するかが悩めるところです。
 近くの量販店で入手しやすかったTOMIXコンビネーションボードA300×600×25mmを購入しました。ところが、この高さだと、裏面にレマコのスローアクション・ポイントマシンが設置できません。いろいろ悩んだあげく、L字加工の角材を購入してかさ上げし、結合ジョイントとポイントマシン設置の問題をクリアしました。

L字角材を通しで、パネル裏面に接着+木ネジ止め。接着には、クランプを使いがっちりと固着しています(のはず)。オレンジの物体は撮影用のすべり止めです。
片端には、このスリットに入る角材20mm×10mmをガイドとして固定。
こんな感じになります。
まあまあの精度で入ります。

結合した状態です。このままだと、すぐに結合部がはずれるので、なんらかのロック機構が必要です。当面は安価なCクランプで裏からとめる方法で代用しようかと思います。側面の塗装もしなくてはなりませんね。
L字角材などは、東急ハンズで購入しました。L字は値段がやや高いので節約するため、両端だけL字とし、中央部は普通の角材を使うという手があります(まだやってはいないのですが)。
今回はテスト的に2枚分を加工したのですが、IMONの組線路をのせて往復運転で遊ぶと、距離的にもう1~2枚欲しくなりました。また、銚子のデキ3クラスなら、1枚でもレイアウトになりそうです。
それから、走行音が箱鳴りして響くので、以前D氏のブログで話題になっていたゴム板を道床に使い、響きをダンプするなども試みたいです。

G&D鉄道2016年02月16日 01:54

 小学校の4~5年生の時、背伸びして買っていたTMSにJohn Allen氏のG&D鉄道の写真と解説の載っていて、そのリアリティにものすごい衝撃を受けました。
 その後、G&D鉄道の本が出ていることは、なんとなく知っていたのですが、絶版になったとか再版されたとか、うやむやの中にありました。昨年春頃、GAZETTEのアーカイブDVDが出る話があり、最近それを思い出して購入に思い立ったところ、この本も扱っていました。まとめて買うと送料がお得かなということで注文。海を渡って送られてきました!
 取り扱いは、Hayden Consultingというネット店です。あのスーパーナローゲージャー(勝手に私が言っている)かつ、スーパーレイアウトビルダー(これも私が勝手に言っている)の
Bob Haydenさんからは、「最近郵便料金が高くなって...それでも一番安い方法にして送るよ」とのメールがあり、約10日ほどで届きました。Bob Haydenさんと言えば、TDL近くにあった天賞堂(今は閉店)のオメガセントラルを作られた方です。当時あのレイアウト見たさで、出張帰りに天賞堂行きました。

 今G&D、興奮しつつ読んでいます(というか観ている)。シーナリやレールや車輌などの個々がすばらしいのはわかっていたのですが、あらためてレイアウトや背景含めた全体の色調が車輌を映えさせているのに気づいた次第です。
 GAZETTEのアーカイブ(FINE LINES誌、SLIM GUAGE NEWS誌含む)は、これも圧巻。すぎてまだ読めていません。1964/4のFINE LINES誌が一番古い雑誌で、タイプで打って青焼きしたような6ページぽっきりの冊子(NEWSLETTER)です。On3ではよりfineな線路と車輪が必要だ..ということで、トラックゲージやチェックゲージの記事や、その実際のパーツ販売、レイアウト情報などが掲載されています。私は、もしかしてまだオムツをしていたかもしれない時期です。かの地のディープさとエネルギーには、本当におどろきです。

つや消し接着剤の王座は2016年02月13日 23:31

 これも先月の話。円形パイクの草植えで、ボンドのテカリが気になるという話をクラブメンバーのよろづ鉄道さんに相談したところ、「Titebond」と「マットメディウム」を教えていただきました。その後、片付けをしていたら1999年にFlying Zooさんで購入した「ELMER's」を見つけたので、さっそく、つや消し接着剤の王座決定戦を開催しました。
 決定戦に参加したのは、つぎの6種です。それぞれ容量は異なるのですが、参考に価格と購入先も記載しました。
1 Titebond(東急ハンズ:490円)
2 ウルトラマットメディウム(東急ハンズ:400円)
3 ボンド木工用速乾(そのへんのスーパー:200円くらい)
4 ELMER's(Flying Zoo:450円)<1999年製のため参考>
5 ボンド木工用(近所のスーパー:300円くらい)
6 アクアリンカ-(ヨドバシカメラ:360円くらい)<写真なし>

 ただし、「ELMER's」は古いためかボンドバラストができるくらいのシャブシャブ状態で、本来の性能が出ているのか不明のため、参考扱いにしました。

 まずは、原液のまま厚塗りと薄塗りの状態です。写真でもわかるように、
厚塗りだと
1 TiTebond

薄ぬりだと
1 TiTebond
2 ELMER's
という結果です。
ウルトラマットメディウムは、つや消しにはなるのですが、白く残ります。後処理や塗料との混合などの工夫が必要です。

 つぎに、原液での草植えの点付けです。(左からTitebond、メディウム、木工速乾、ELMER's、木工)
写真だとわからないのですが、国産ボンド系はテカリが残り、結果はつぎのようになります。アクアリンカーは実験からはずしました。
1 TiTebond
2 ELMER's

 希釈してのボンドバラストは、ウルトラマットメディウム以外の4種ともバラストでのテカリはありません。どれも使えます。ウルトラマットメディウムは白い残りが目立ちます。
しかし、周辺の接着剤の残りは、
1 TiTebond
2 ELMER's
の順でつやが消えています。
 ひとつ気になるのが、「TiTebond」は、つや消しは最高ですが、下の写真のようにほんの少し白い残滓がごく一部にある点です。ほとんど目立ちませんが、気にする人もいるかもしれません。

まとめです。
■原液使用の王座は
TiTebond

■希釈してのボンドバラストの王座はつぎの4種に大きな差はありません。
TiTebond<極わずか残滓あり>
ボンド木工用速乾
ELMER's<1999年製のため参考>
ボンド木工用

また今回、ELMER's参考扱いですが、ボンドバラストでは、つや消しかつ残滓なしで、総合的にはよい感じでした。