ハンドレイ(分岐器編2)2017年09月09日 21:44

 フログができたらトングとストックを製作します。トングは、先がL字的になるように削っていきます。バイスのあごの段などを利用
して削ります。トングと接触するストックレールも削っていきます。レールのヘッドを削らないように、基部のみにやすりを当てて注意して削り込んでいきます。
 トングとリードの接続は、トング側にφ0.6の穴をあけて、そこに真鍮帯板0.6×0.2を通して、U字にまげてリード部にハンダ付けしました。
トングとリードが接する部分は、動きがスムースになるように少し角をなめるなどしました。ハンダ付けするときは、リード側にハンダメッキしておくとやりやすかったです。油断して多めにハンダを流すと、一体化してしまいます。私も失敗しました。こんなときは変にいじくらず、気持ちを改めて、いちからやり直す方がよい結果になります。しかし、疲れていると、ついついいじくってしまうのです。
 型紙に両面テープを貼って、ハンダ付けするガイドとなるΦ0.7の真鍮線を貼ります。枕木の間に入るようにしています。
 先につくったフログなどをハンダ付けしていきます。
 完成の図
 裏側の図
 ガイドの真鍮線をあらかじめはずしてギャップを切ると、このようにフログ部がばらけてしまいました。やや失敗です。また、フログにギャップを切る場合は、もう少し長めにした方が、安定して固定できます。もちろん、フログの電気的切り替え制御は必要となります。
 貼り付けた枕木には、小釘を打ち付けて、接着剤とハンダ付けで固定していきます。

ハンドレイ(分岐器編1)2017年09月07日 21:25

 実は最初にとりかかったのは分岐器からです。線路マイスターの稲葉氏から、50Nレール(#70に近い)の8番ポイントキットとしてハンドレイ分岐器の完成見本を預かっており、これを全面的に参考にいたしました。見本はPCB枕木方式のため、これを真鍮線に代えてアレンジしています。
 まず、実物大の図面を作成します。これはレール切り出し、組み立てにおいて、とても大事です。わたしは、短時間で済ましたかったので、市販5番分岐器の箱の図面をスキャンし、昭和12年発行の鉄道分岐器図面も参考に作成しました。フリーCADソフトなどを使う手もありますね。これを台紙にしてハンダで組み立てるので、使い捨てのため複数枚用意します。
 フログを作ります。わたしの分岐器は約5番にしたので、12度の開きとしました。そのため、6度の角度で先っぽを削ったレールを2本こさえます。t1.0の真鍮板に6度の角度で罫書き線を入れてガイド板とします。これにあわせてレールが少し頭を出す程度に、板ともどもバイスで固定します。ハンダ付けしている方もいらっしゃいます。後はヤスリでガイド板に当たるまで削ります。#55のレールなのですぐに削れます。本当は、ガイドはやすりに負けないようにもっと厚くて固い素材がよいのですが...
 今度は、ハンダ付け用のベーク板に12度の罫書き線を書いて、これをガイドに削った2本をテープなどで固定し、ハンダを流します。フログのできあがりです。


ハンドレイ(直線編)2017年09月05日 22:11

 モジュールでは、引き抜きレールを使ってハンドレイに初めてチャレンジしてみました。備忘録としてまとめてみました。ちなみに中学生のときにTMSの記事をもとにスプリングポイントの製作を試みていますが、見事に挫折しています。
 北米では、PCB枕木によるハンドレイ(hand laid)のパーツや工具が市販されていますが、日本で適当なサイズのPCB枕木が入手しがたいのと、手ノコを使ったPCB板の切り出しは手間が大変なので、バスウッド材から切り出した枕木を使った伝統的手法としました。
 chopperを使った枕木の切り出し。長さは25mm(1/87)。
 ただ、スパイクするのは面倒なので、直線区間は接着剤(速乾スーパーX)、テンションのかかるカーブやポイントは、小釘をベースに打ち付けて、そこにはんだ付けする手法としました。
 まず、両面テープを貼って、そこに枕木を置いていきます。均等にならべるために、メジャーをつくってガイドとしています。
 その後、薄めた木工ボンドを枕木とベースの間に染み込ませて固着させます。ただ、この方法はバスウッドが水分を吸って少し伸び縮みするのと乾燥に時間がかかるので、次回からは面倒でも枕木に接着剤を塗って設置しようと思います。また、今回はこの段階でアクリル絵具で軽く枕木を着色してみました。
 その後、固着した枕木にセンターとレール敷設部をケガいて、スーパーX速乾タイプを塗布したレールを固着させます。チェックゲージを作りましたが、普通のスケールも併用してチェックしています。
 その後、フィーダなどをレールにはんだ付けしたのですが、熱で接着力が低下して、一部で固着がゆるむという現象がでてしまいました。しかたがないので、瞬着を流し込んでごまかしたり、一部はまじめにスパイクしています。直線部もガイドの小釘や木ネジにはんだ付けする方がよいことがわかりました。

<まとめ>
・枕木を切り出す(NWSL社のchopperを使うと便利)
・両面テープを貼る(ナイスタックなど)
・接着剤(速乾木工ボンド)を塗布した枕木をゲージを使って並べる
・必要な箇所に小釘·木ネジなどを打ち込む
・接着剤を塗布したレールを固定(ハンダ付けのみでもよいかも)
・レールを小釘にはんだ付け
ほら、できあがり。思ったより簡単ですよ。
側線部をチェックゲージを使って、ハンダ付け中。筆ペンにはステン用フラックス(希釈)が入っています。安くても便利です。

自動運転モジュール やや完成2017年09月02日 20:22

 6月の即席自動運転板紙を発展させて、モジュールをこさえてみました。
ベースは、以前に作っておいたTOMIX台枠に継ぎ手を加えたもの。レールはME#55引き抜きと、枕木はNorth Eastern Scale Lumberのバスウッドを使い、地方私鉄のくたびれた感を目指しています。
 ポイントは、所属しているクラブの線路マイスター稲葉さんから教わったPCB枕木方式をアレンジして、PCB枕木の代わりに真鍮線を使って組み、設置後に抜去する方法としました。
 なんだかかんだと苦労しつつ、板としては形にすることができたので、8月のJAMに持っていったのですが...現場ではポイント自動制御が暴走したり、サウンドがうまく動作せず、トホホなデモとなってしまいました。 
 その後、いろいろ調査したところ、指定外のサーボモータがポイントデコーダの定格をオーバしていたり、soundtraxxとDCCコントローラ(DSmainR5.0)で相性が悪いことがある、などがわりました。サーボを交換したり調整をおこない、ちゃんと2列車交換の自動運転ができるようになりました!ここをクリックすると動画が覗けます。
 サウンドの問題は、製造元で改善ファームがでているとのことで、バージョンアップ用のArduino関連部品を調達中です。

レイアウトに向けて始動か?2017年04月24日 23:48

 円形パイクをこさえたものの、場所や時間の制約を理由にレイアウトへの道はほど遠い日々です。しかし、結局は自らの意思の問題なのです。
 というわけで、まずはモジュールからスタートということで、台枠をこさえてみました。モジュールに使える台枠は、KATOさんやTOMIXさんからよいものが出ているので、それを使えば簡単です。が、このモジュール同士をどうやって結合するかが悩めるところです。
 近くの量販店で入手しやすかったTOMIXコンビネーションボードA300×600×25mmを購入しました。ところが、この高さだと、裏面にレマコのスローアクション・ポイントマシンが設置できません。いろいろ悩んだあげく、L字加工の角材を購入してかさ上げし、結合ジョイントとポイントマシン設置の問題をクリアしました。

L字角材を通しで、パネル裏面に接着+木ネジ止め。接着には、クランプを使いがっちりと固着しています(のはず)。オレンジの物体は撮影用のすべり止めです。
片端には、このスリットに入る角材20mm×10mmをガイドとして固定。
こんな感じになります。
まあまあの精度で入ります。

結合した状態です。このままだと、すぐに結合部がはずれるので、なんらかのロック機構が必要です。当面は安価なCクランプで裏からとめる方法で代用しようかと思います。側面の塗装もしなくてはなりませんね。
L字角材などは、東急ハンズで購入しました。L字は値段がやや高いので節約するため、両端だけL字とし、中央部は普通の角材を使うという手があります(まだやってはいないのですが)。
今回はテスト的に2枚分を加工したのですが、IMONの組線路をのせて往復運転で遊ぶと、距離的にもう1~2枚欲しくなりました。また、銚子のデキ3クラスなら、1枚でもレイアウトになりそうです。
それから、走行音が箱鳴りして響くので、以前D氏のブログで話題になっていたゴム板を道床に使い、響きをダンプするなども試みたいです。