発煙装置であそぶ(3)2018年04月25日 23:28

 発煙時間拡大のための改造をはじめています。結論を先に言うと、あまりかんばしくないです。正直に言うと、壊してしまった感もあります。ですが、少しポイントみたいなのはわかってきました。
 まず、発煙装置(型番No.22)の本体の耐熱カバーをカッターで切りとり、燃料が入る穴をあけます。中にある毛細管には小さな穴が空いているので、それを探すためと、燃料が入りやすくするため、3か所もあけてしまいました。

 燃料タンクは、ガラスエポキシ基板を底板にして、t0.1銅板で囲いをハンダ付けします。発煙装置本体と茶色リード線は導通しています。底板に穴を開けて、燃料の通りみちを底板ギリギリに合わせて、装置をエポキシで固定します。斜めになっているのは、実装を予定している機関車の煙突も斜めのためです。

 スイッチオン!煙は出てきますが、量と勢いが少ないです。元の70~80%くらいでしょうか。燃料タンクを大きくしたので、時間は延びました。25分くらいは動作しています。
 成功!と思いきや、何度がテストをしていると、どんどん煙の量と勢いがなくなって、最後には筋状の細い煙になってしまいました。パチパチとはぜる音もしません。
     左 型番No.27(オリジナル)  右 型番No.22
 No.22のオリジナル状態は、はぜる音が常時しており、煙量もNo.27より格段に多かったです。
 もう一台(型番No.27)も同様の改造をしたのですが、結果はほぼ同じです。原因はよくわかりませんが、本体に穴を開けたことで、本体内の圧と温度が下がって、毛細管に吸い込まれる燃料が減少したのかもしれません。ヒータは機能しています。
 また、中の発煙部分だけをむき出しにすると、ほとんど煙がでません。もとのビール瓶のようなカバーをかぶせると発煙します。このカバーの役割も重要なようです。
 ネットでいろいろ調べたら、同じような改造をされた例が国内と海外でそれぞれ1つずつ記事がありました。それらは、うまく動作しているようです。
 大きな違いは、燃料タンクが閉空間になっている点です。実験なので、外から確認しやすいようオープンなタンクとしましたが、これが原因かもしれません。国内例では、オープンなタンクの実例もあったのですが..
 壊して学ぶ。壊して遊ぶ。このあたりが、やや まるいち式でしょう。

発煙装置であそぶ(2)2018年04月16日 23:40

 発煙装置の持続時間が約3分半ということで、もっと長くならないか考えていました。この発煙装置といっしょに購入したN用の発煙装置、というか発煙部分だけのパーツがあるのですが、その説明書に答えがありました。

この説明書、当然独語で書いてあります。大昔に授業を受けたのですが、脳のアクセスできない領域に追いやられており、まったくわかりません。google翻訳くんにお願いして、だいたい理解できました。
上から順に、こんな内容のようです。
「蒸気配管の設置方法 HO、N、Z」 →えっ、Zにも載るの!
(1)蒸気蒸留のための2つの穴は詰まらせちゃいけない
(2)2液樹脂接着剤による接着
(3)1本のリード線が金属管に導電接続され、もう1本のリード線は、これと絶縁している

発煙装置本体は、テープでこの説明書に貼ってあったのですが、確かに発煙パイプのリード線付近に2つの小さな穴が対向であいています。小さい穴です。
たぶん、今あそんでいるビール瓶型の発煙装置もこんな構造でしょう。発煙時間を長くするには、この図のように発煙剤を入れるスペースを大きくするだけでよいようです。より大きな発煙剤タンクをこさえて、この中に外側カバーに穴をあけた発煙装置をなんとか固定すれば、タンクから発煙剤が流れ込んで、長時間発煙ができそうです。制式機なら、煙室にも入りそうですし...
にしても、この極細パイプの発煙装置は、職人技ですね!

発煙装置であそぶ2018年04月08日 23:34

 週末は猫屋線の改造であそぶつもりでしたが、ドイツから発煙装置が届いたので、思わずこれにはまってしまいました。
 HOJC栗原さんの相武鐵道では、自作のファン付き発煙装置を搭載したC57や86などが走っていて、いいなぁと思っていたのでした。私のは古典機や小型機が多いので、必然的に小型の発煙装置になってしまいます。いろいろ調査したのですが、SEUTHE(ゾイテ)社のものなら、載るかもしれないということで、サンプルに買ってみました。メルクリンなどにOEMしているので、信頼もできます。いろんなサイズがあるのですが、ビール瓶型で先がΦ4.5mm、お尻の方がΦ8.0mm、高さ21mmの形式No.27であそんで、いや、調査してみました。
 DC12Vを印加すると、約10-20秒で発煙しはじめます。最初は線香のような煙ですが、パチッというはぜる音とともに、本格的に発煙しはじめます。途中でも時々、このはぜる音がします。最大指定量0.2mlのオイルを入れると、だいたい3分30秒程度継続します。はっきり言って、短すぎます。10分くらいは続いてほしいです。といって、多めに入れると発煙しません。
 DCCコントローラのPWM電源では、線路電圧超アバウト11.5V(12V電源)と14.5V(15V電源)で比較してみました(普通のテスターのAC電圧モードで測定したので...)。電圧が高い方が煙の量や勢いがあります。時間が経過してくると、その差が少なくなってきます。煙的には、制式機は高めの電圧がよいかもしれません。お好み次第という感じです。
 電流についてです。DC電源の場合、電圧を上げていく過程で120mA/8.6V流れています。12.0Vではだいたい93mAで安定します。DCCのデコーダのアクセサリの多くが最大100mA/12Vです。きっと回路設計にはマージンがあるので、使えると思います(自己責任で)。あるいは、スペース問題がありますが、リレー駆動で、線路から直接印加する方法もあるでしょう。
 DCC(PWM)電源のテストでは、発煙装置の前に流山を置いて、雰囲気を楽しみました。これにかなりはまって、何度も調査、いやあそんでいるとどんどん発煙オイルが減っていきます。装置におまけでついていた10mlビンも半分くらいになってしまいました。大瓶オイルは注文し忘れていたので、熊田さんとこからESUの発煙オイル125mlを購入しました。
 Youtubeに実験の模様をアップしました(約2分30秒)。
 実際、流山にこの発煙装置の搭載は難しいですが、Nゲージ用として売られている発煙部だけのパーツも購入したので、小型古典機用に何かトライアルができないか考え中です。
 この発煙装置、実物の煙からはほど遠いですが、結構楽しめます。