北丹2号機(16)リベットまとめ2018年06月19日 23:47

 リベット植え作業をまとめました。穴あけ後、ピンバイスにくわえたΦ0.3mm真鍮線をドリルを使うように回しながら、差し込みます。ニッパーで適当な長さに切ります。ここでは揃えなくとも大丈夫。

 今回は裏からハンダを流せるので、側面+背面の両方を一気に差し込んでハンダ付けします。

 ハンダ付け後、t0.4mmの当て板をガイドにニッパーで切りそろえます。その後、ヤスリ仕上げ。

 さらに当て板をt0.3mmに変更して、仕上げていきます。ヤスリは100均のダイヤモンドヤスリ。寿命は短いですが、この程度の作業には十分使えます。当然押しても引いても削れるのは便利。

 はいできあがり。ドレメルにホイールブラシをつけて、軽く研磨します。ちょっと自己主張の強い状態。もう頭を低く少しやすって、エッジもなめてリベットらしくしたいですね。
 リベット作業は、これでだいたい終わりです。つぎの作業に移ります。
 直接関係ないけど、日本がコロンビアに2対1で辛勝。おめでとうです!

北丹2号機(15)植えてみた2018年06月17日 23:03

 ようやく黙々と穴あけが終わったので、リベットを植えてみました。正面妻板は、サイドタンクにデコーダやスピーカを入れる関係で、一部欠き取りスペースを確保しています。

 ピンバイスにはさんだΦ0.3mm真鍮線を、植えては切る、植えては切る..を繰り返します。単純で難しくありません。ハンダ付けはまとめて裏から流します。
 ただ、正面側の穴は、側板のコバ(板厚)に開けているので、貫通していません。これは、表からハンダを流したのですが、ちょっと汚くなりました。先輩たちのシャープな作品にはまだまだ遠いです。正面と側面でビミョウにずれているし(まるいち式)..
 ネットでル・マン24を観ながら作業をしていたので、約1/3分しかできませんでした。そうそう、レース結果はトヨタの1・2位フィニッシュ! 昨年までなんやかんやありましたが、ポディウムおめでとうです!

OTOTENに行ってきた2018年06月16日 23:35

 週末、国際展示場でオーディオ・ヴィジュアル展の「otoen」が開催されています。最近気になっているアーティストとともにサウンドプロデューサの方のレコーディング制作話が聞けるということで、出かけてきました。今回始めて行ったのですが、展示場のB1、4~7Fを貸しきっての大規模なイベントです。なんと無料です。
 15:30開始で、15分くらい前に会場に行ったのですが、すでの長蛇の列。入れる?のかと思ったのですが、大丈夫でした。しかし、満席。立ち見の人もいました。
 ボーカリスト 井筒香奈江さんと、サウンドプロデューサ 高田英男氏で、新作「Laidback2018」について解説と試聴がありました。オーディオ機器のことは詳しくないのですが、JBLのかなり大きなスピーカと、とても高そうなアンプ群です。このアルバムのマルチ録音版、一発2ch録音版の違い、ハイレゾ、アナログレコードなどの複数フォーマットの音源の違いなどを聴くことができました。

 やはり、一発2ch録音のDSD11.2MHzは、ホントにキレキレで生々しい音でした。録音方式とフォーマットの違いがこんなにあるとは..よい体験でした。また、DSDからカッティングされたアナログレコードはちょっとまろやか感があり、これもありかなという音でした。いずれにせよ、プレイヤーの実力がダイレクトに伝わるので、恐いフォーマットであります。そして、井筒さんのライブ、行きたくなりました。

北丹2号機(14)照らすもの2018年06月13日 22:37

 異動期で飲み会が多く、作業は進みません。飲んだら刃物系は触らないようにしています。特に電動工具は危険です。
 今日は、リベット穴あけの続きです。最近、老眼が進んでヘッドルーペをつけても辛くなってきました。量販店の模型売り場で、こんな小型LEDライトを売っていたので、試しに買ってみました。
WAVE社のHG LEDクリップライト(2個入り)というもので、量販価格で約560円でした。バネ式クリップで固定するしかけです。
 0.3mmドリルでの穴あけに使ってみましたが、明るい分やはりよく見えます。今回は、自在ツールクリップをつけて固定しました。
ただ、サイド側の光線のモレが眩しいので、黒のポリエステルテープで遮光してみました。上がノーマル、下が遮光バージョン。
 無ければないでなんとかなるのですが、あると便利なツールです。

北丹2号機(13)黙々と2018年06月10日 23:15

 北丹のリベットの本番製作をはじめました。ゆうえんさんからアドバイスをいただいたテンプレート方式で穴開け開始です。
 まず、テンプレートとして使うt0.4の帯板に、リベット植え込みのガイドとなるΦ0.3の穴を開けます。これは、ボール盤とXYテーブルを使い、0.05mmの精度で加工します。下は加工後、バイスからはずした状態です。

 これを穴あけする場所に仮ハンダ付けします。その後、この穴をガイドにΦ0.3のドリルで穴あけします。最初はボール盤で開けたのですが、ピンバイスで手でやっても大丈夫でした。ドリルを1本折りましたが...

 テンプレートの位置決めと仮ハンダ付けに少々手間がかかりましたが、なんとか、約40個の穴が開きました。あと、正面妻板まわりに20個くらいは、開けないといけません。
      側面と後面で少しずれてしまった..
 雨の日曜日にちょうどよい、黙々とした作業でした。