北丹2号機(7)シリンダ後蓋2017年11月08日 00:43

 シリンダ後蓋の工作が続きます。オリジナルパーツからt0.2洋白板に写しとったパーツを仮付けします。まず、プラモデルのランナー状のものを残して、不要な部分をカットします。


つぎに、左右をつなぐ部分を残して、ここを仮ハンダ付けの土台とします。これによって比較的位置決めが容易となりました。この後は、シリンダ後蓋の円周上をハンダ付けし整形する予定です。ここは熱の回りに用心しないとせっかくつけたシリンダブロックがバラバラになってしまいます。実を言うと、これまでに2~3度バラバラにしています。

北丹2号機(6)ひし形なるものたち2017年11月05日 14:13

 シリンダ後蓋のひし形なるものの工作の続きです。
 まず、Φ2.4(1.5)のひし形加工パイプに、Φ1.5(1.0)パイプをハンダ付け。端面を整形して、この端面側からΦ1.0(0.7)のパイプを約1mm差込んでハンダ付け。その後、全体を約1mm弱で切断し、ひし形の厚さが0.5mmくらいなるまでヤスリで削り、仕上げにΦ1.0のパイプ部分をドレメルにくわえて回転させながら耐水ペーパをあてます。
 シリンダ棒が入る穴の周りには、なにやらボルトのようなものがあるのでまねてみます。ボール盤+XYテーブル(PROXXSONの簡易なものです)を使い、XYテーブル上のバイス(これも簡易なもの)に、ひし形を2つ並べて固定します。後は、やや まるいち式で目分量で慎重にΦ0.3の穴を開けていきます。多少ずれてしまいましたが、こんなものでカンベンしてもらいましょう。Φ0.3の真鍮線を植え込んで完成です。

 うしろ蓋への取り付けは、こんなイメージです。このひし形は少し浮いているようなので、反対側に突き出すように植え込んでいます。ちょっとオーバースケールですね。もう少し調整が必要です。
 このうしろ蓋は、オリジナルのt0.4洋白パーツから、t0.2洋白に写しとったものです。シリンダーブロックにハンダ付け+丸く整形して、不要部分を切り離します。その後、このひし形なるものたちを取り付ける予定です。
 

北丹2号機(5) ひし形なるもの2017年10月28日 23:32

 ひさしぶりに北丹の組み立てを再開です。シリンダー回りの細工です。実機(レプリカ)の写真では、シリンダ後蓋には、なにやらひし形なるものが、台座としてついています。なんという部品なのでしょうか?これを製作してみようと思います。
 ひし形なるものは、板材をひし形に切るなどが考えられますが、最長部分で2.5mm程度で、かつセンターに心棒用の穴を開ける必要があり、ちょっと難しそうです。
 以前、今野さんのブログに六角ヘッドのピンバイスの話が出ていたのを思い出し、手元にあったM8ナットがたまたまピンバイスのお尻にねじ込めたので、これでこさえてみることにしました。

 Φ2.4のパイプをピンバイスに固定して、ヤスリで整形していきます。思ったより簡単にできました。辺を平らに仕上げられないのは、修行不足のためですが、まあこんなもんでしょう。
 Φ2.4(内1.5)、Φ1.5(内1.0)、Φ1.0(内0.7)の3種のパイプを組み合わせて作っていきます。
 きょうは、ひし形の整形までで、終わりです。

2017日本鉄道模型ショウ2017年10月21日 23:18

 
 恒例の蒲田での日本鉄道模型ショウにいってきました。台風も近づいており、雨模様です。このショウの雨率はかなり高い気がします。
 遅めの昼過ぎに到着、会場はいつもどおりかなり混んでいます。平均年齢は高く、20~30代の人はあまり見かけません。展示・販売はHOゲージが多めです。また今回は、1/45 Ojの展示が増えているような印象がありました。夢屋さんでは、クモハ12と上田丸子の丸窓のサンプルが展示されていました。う~ん、惹かれます。
 HOjやナロー的な展示はほとんどなく、ちょっと個人的には寂しい状態です。
 メディカルアートさんでは、HornbyのDCCデコーダを販売されていて、モータデコーダが2,400円、スチームサウンドデコーダが、なんと!6,000円でした。スチームは当然英国仕様で、ホイッスルなど日本蒸気には合わないのですが、古典機などにはいけるかもしれません。中華モータデコーダで$12というのがあり、DCCも価格がこなれてきています。

 ROKUHANさんからZゲージC11が発売に。


モデルシーダーさんから特製燕編成(MAX製プラ客車)の展示です。ダブルルーフからの光の漏れや室内もつくり込まれていて、よい雰囲気です。

ワムさんから、ダージリン(1/48)の完成品。正直ほしい..

関西私鉄はよくわからないのですが、この面がまえにはグッときます。


まゆ模型さんから、1/80ペーパーの22000系。1/87も発売されています。室内のチラ見えがよいです。

 超スムース&スローで市販のN車輌が走っていました。PWM方式ですが、ここまでスムースなスローが効くとはしりませんでした。
 素材的なものをいくつかと、Rail Classicさんのレ2900キット(1/87)を購入しました。左が1/87、右が1/80です。かなり大きさが違います。

車体と下回りの電気接続用の接点(ヤマ模型)、真鍮線の折り曲げ治具(Rail Classic)とレ2900エッチング板+リンク式軸受け(珊瑚)。あとモーリンの1/87バラスト。

めざせ 大菩薩嶺2017年10月14日 23:19

 今月は、4名で大菩薩嶺をめざしました。予報では雨で、確かに平地は雨でしたが、山にあがってからは霧のような、小雨のような、カッパなしでも歩けるくらいでした。

 8:00出発。八王子からレンタカーで、1600mの上日川峠まで行き、10:30登山開始です。福ちゃん荘の分岐を左に雷岩に向かいます。このあたりは雲の中を歩いており、視界はよくありませんが、整備した登山道なので、とても登りやすいです。
 紅葉は、終わりの時期になっています。
 
 雷岩で12:30。暖かいカップラーメンとおにぎりの昼食。
 そこから、大菩薩嶺(2056.9m)を往復し、妙見の頭、介山荘を下って、15:40ごろに上日川峠に戻りました。

 午後になると、少し天気が回復して、雷岩や介山荘あたりでは、富士山を観ることができました。景色がよいとちょっとテンションがあがります。

 帰りは、当然温泉です。塩山に向かう国道沿いの大菩薩の湯で、ゆっくりしました。夜の反省会もあったのですが、所用があり塩山からJRで家路に急ぎました。