頚城コッペル2号機(1)2020年05月27日 00:50

 頚城コッペル2号機にとりかかることにします。ちょっと気になっていた前からみたプロポーションを調べてみました。
 コッペルと言えば、金田茂裕氏の「O&Kの機関車」なのですが、本棚調べても見当たりません。実家に置いているのかな。新型コロナでまだ移動も自粛だし..それで臼井茂信氏の名著「機関車の系譜図」を捜し出しました。コッペルの項に載っていました。永遠のエリーゼとキャプションの入った正面写真。大判フィルム(暗箱?)で撮られたのでしょうか、大判特有の空気感ときれいなボケの写真です。シュッとした佇まいがたまりません。図面も掲載されていました。

          赤がIMON取説、青が系譜図 

 それで、この図面とIMONコッペルの取説の図面を加工して比較してみました。やはり、実物のシリンダはキャブ幅に収まっていますね。模型はタイヤ厚が2倍くらいあるし、ロッドも厚いし、シリンダ幅を広く設計するのはいたし方ないですね。きっと、かなり苦心された設計部分ではないかと思います。側面図でもビミョウにずれている箇所があります。図の出自もよくわからないので、あくまで参考程度に。
 しかし、シリンダはなんとか収まらないかなぁ、と思案中です。シリンダ幅を縮めてのピストン棒受けはオフセットさせるとか、タイヤやロッドを薄く削るとか、いっそのこと6.5mmに改軌するとか..いろいろ妄想しているうちに夜が更けてきました。

SEUTHE発煙装置の寿命?⇒頚城コッペルへ展開2020年05月24日 23:52

 久しぶりに北丹2号機にオイルを入れて発煙させたのですが..ん? 煙がほとんど出ません。電流もそれなりに流れており、煙突+煙室も熱くなっているので、ヒータは稼動しているようです。オイルの量を減らしたり、増やしたり、アルコールで洗浄してもダメでした。
 昨年の秋くらいから、発煙量が減ったような気がしていたのですが、寿命なのでしょうか?池袋、JAMや関東合運などで展示していたので、トータルで1.5年くらいの間で70~80時間くらいは働いていたと思われます。もし、寿命なら予想より早いです。4~5年は動いてくれるもんだと。
 発煙装置の交換は、チップLEDを入れたヘッドライトの分解や煙突のはんだ付けをはずしたりと、かなりの大騒動をしないといけません。たぶん、煙室まわりの塗装もやり直しかな。かなり憂鬱ですが、今度は、取替えが容易な構造を考えるつもりです(最初から考えろよ!)。
 そんなわけで気分転換に、先日IMONさんから入庫した頚城コッペル2号機のキットを開けてみました。さすがに人気だったようで、発売から10日くらいで完売していました。その後再出荷されて、今は店頭でも展示してあります。
 販売は現役仕様が人気のようでしたが、わたしは端正な原型仕様を選びました。簡単に部品チェックです。部品袋は「1」、「2」..とシールが貼ってあるのですが、「6」と「9」にだけ漢数字「六」、「九」のシールが貼ってありました。細やかな気配りをありがとうです。でも、これはクレーム対応への改善なんだろうと思うと複雑な気持ちです。
それから、取説の注意事項に「..与えないでください。」というくだりがあり、ちょっと笑ってしまいました。取説の図面を眺めていたのですが、シリンダが幅広で印象がちょっと違うような..実物もそうなのかな?模型化によるロッドの厚みの影響なのでしょうか?調べてみようと思います。

モジュール:煙突をこさえる2020年05月23日 22:22

 以前にファーラーの煉瓦機関庫をこさえていたのですが、途中で投げ出していました。煙突がないのです。煙り出しだけでは、庫内に煙がたまり機関区から文句が出ていたのです。ようやく煙突工事がはじまりました。
 Φ8.0mmのプラパイプを煙突として、傘や集煙フードはカレンダー紙です。一応サーフェーサで表面を整えます。

 傘の支柱は、ひっつき虫を冶具代わりにして仮止めして、瞬着で固定します。
 屋根の穴あけは、Φ1.0mmくらいの小穴をドレメルであけて、少しずつ大きくして、最後はリーマ(アルミケース用)で拡げていきました。プラ屋根ですが、壊れることもなくうまく開けることができました。
 ダークグレーに塗装して組み込みます。


傘もペーパでつくっています。朽ちた感じを出すのは簡単にできます。

 塗装には、中華製のコードレスエアブラシを使いました。圧が強めなので、小さいパーツはちゃんと固定していないと吹っ飛んでいきました。それ以外は、特に問題なく使えました。コードがないのは手さばきが楽でよいです。ちなみにブラシはシングルアクションです。圧をもっと弱くできると応用範囲が広がります。

 ステーの針金も表現してみました。糸鋸刃の例の真鍮線を黒染めして使っています。
 やはり煙突がつくと、俄然機関庫らしくなりますね。ダイコン(9237)を入れて、記念撮影です。

   つたの感じもよい雰囲気です(やや まるいち式満足)

モジュール:駅名票をこさえる2020年05月12日 01:30

 きょうは、駅名票の製作にとりかかります。古い木製タイプです。実寸がよくわからなかったので、エコーモデルさんの駅名票から採寸し、これを80/87にして概寸としました。あとは、写真などを参考に適当にアレンジしています。
 枠は1.0×1.0mmひのき材でこしらえます。駅名がかかれた部分の上下には、0.5×1.0mmバスウッド材で枠どりします。
 このように方眼紙にガイドを引いて両面テープを貼って仮固定します。このとき、両面テープの粘着力を手で何度も触って極力弱くしておくのがポイントです。完成後のはがしが楽になります。
 駅名は、上質紙に家庭用のインクジェットプリンタで印刷したものです。フォントは、フリーのLibreOfficeというソフトに付いていた「CRC&G由紀葉太楷書体」を使いました。実物は、もう少し太くて毛筆感が強いようです。むちゃくちゃ小さくなるので、あまり気にしません。
 これらを瞬着を使って組み立てました。上に書いたように対策していたのですが、両面からはがすとき、見事に壊れてしまいました。
 まるいち式リカバリー(適当にごまかす)できました!
         猫屋線の駅員さん(1/80)登場
 色づけは、枠のみをグレーのアルコール系染め液にじゃぶんと漬けて、少しぬぐって塗料を落とし、エナメル白でドライブラシしています。その後、駅名部分を極小のアクリアで固定。紙の白がきれいすぎるので、うす茶のパステル粉で少し汚します。
 これを2つこさえるのに、3時間近くかかっていまいました。まあ、途中コーヒー飲みながらボーっと眺めていた時間もあるのですが。
 KATOの入換係さんと猫屋線の少年と猫(1/80)  猫が巨大!

 そうそう駅名ですが、「山ノ神土(やまのかんど)」としました。隣駅は、「槐(えんじゅ)」と「牛王院平(ごおういんだいら)」です。私が好きな奥秩父主脈縦走路にある地名からいただきました。難読駅名だらけですね。日も越えてしまったので、ホームへの取り付けは、また今度とします。

モジュール:肉ばなれとシュールな時間2020年05月10日 23:48

 最近走り始めた話を以前書いたのですが、その2回目となった金曜日、きょうは調子もよいし、もう少し長く走ってみようと思っていた矢先。折り返し地点で急に右ふくろはぎが痛くなり、がまんして走ったのですが、痛みが強くなりあえなくリタイアです。4kmぐらい走っていたので、帰りはトボトボと1時間かけて歩いて帰りました。軽い肉離れのようで、しばらくは静かにするしかありません。そうです、若くないのです。
 そんなこんなで、この週末はモジュールの草撒きやら、道づくりなどに励んでおりました。今回道の表現は、地面にパステルで明暗をつける方法でおこないました。前はアクリル塗料を使ったのですが、パステルの方が色味の調整や、やり直しが簡単です。人が歩く部分は、ダークイエロー系でハイライトをいれていく感じです。
ベース地面(緑)にパステルで明暗をつけて道(赤)を描きます

 ベース表面が粗いので定着性はよいですが、固着するには、フラットクリアなどのコーティングが必要です。これは、ある程度できた後では、マスキングなどが面倒かもしれません。以前、コードレスのスプレーガンを購入していたのでチャレンジしてみます。
 しかし、地面作業ばかりやっていると飽きてきます。ちょうどネットで注文していたフィギュアが届いたので遊んでみました。
  植えたばかりの草地をわがもの顔で歩く赤きつねを発見

                超絶技巧な少女