第19回国際鉄道模型コンベンションに参加します2018年08月17日 22:29

 今日から国際鉄道模型コンベンションが始まっています。HOJCからは、恒例の相武鐵道を展示しています。今年が最後となります。ウラスペースでは、部員の怪しげな展示をしているのですが、私もDCC自動運転板を持参して、デモをします。土日のみです。
 3月の模型芸術祭のものを縮小して、300mm×1200mmとしました。多少の地面造成もおこなったので、少しは進化しています。今回のコンベンションは北海道がテーマということなので、北の私鉄炭鉱の機関車も走らせますが、小型機用につくったカーブがきつくて難儀しています。しかも、まだ自動運転のスクリプトを書いているまっ最中です。
 相武鐵道も含めて、ぜひ遊びにおこしください。

モジュールをいじる(3)2018年08月11日 23:57

 8月になり夏休みに入ったのですが、家事がいろいろあって、こちらの方は思うようには進捗していません。
 レールの地味塗装は終えたので、バラスト撒きと地面作りに入りました。バラストは、モーリン製1/87ライトブラウン(No.456)を使うことにしたのですが、茶色がやや濃く、地方私鉄のくたびれた感じと少し違うかなと。それで、粒が近く、彩度の低いTOMIXのシーナリバラストブラウン(No.8196)を約1/2混ぜてみました。これが、後でちょっと問題を起こします。これでも、イメージどおりの色合いにならないので、着色してみることにしました。
 適当な容器にバラストを入れて、吹きつけ用くらいに薄めた塗料を少しずつ入れていきます。そして、割り箸などで攪拌。最初は、少し粘り感がありますが、塗料が乾燥してくると、パラパラチャーハン的になります。色合いを見ながら、塗料の量を足していきます。
    左がモーリンオリジナル、右がミックス+バフ着色

 実は、最初、エアブラシで容器内に吹いてみたのですが、エアでバラストが飛び出すなど(ブラシだけを差し込めるカバーを作ってはみた)、思った以上に時間がかかるので上記方法に落ちつきました。この方法だと、いろんな色のバラストを簡単につくることができます。今回は、タミヤアクリルのバフで着色しました。
 ところが....
 着色した後に気がついたのですが、TOMIXのバラストは、なにか雲母のようなものが入っていて、光の加減でキラリと光るのです。これって、バラスト素材としてはどうなんでしょう?それで、着色後にフラットクリアーを混ぜてみました。が、完全には解消できません。しかたありません、バラスト撒いた後に、もう一度フラットクリアーを吹くことでなんとかなるだろう的(まるいち式)判断で、撒きに進みます。
              ハケでならし中

 撒きは定番のボンドバラスト方式です。バラストを撒いて、ハケや筆でならして、中性洗剤入り水をスプレイして、スポイトでボンドを垂らします。ハケは、レール幅に合わせてカットしてみましたが効果は?です。また、ボンドは、昔Flying Zooさんで購入したELMER'S Glue-All(20世紀ものビンテージ)を約3倍くらいに薄めて使いました。乾燥してもツヤのでない優れものです。今だと、ハンズなどで購入しやすいTitebondも同様の特性です。実は、ためしに、雲母対策でウルトラマットメディウムを一部使ったのですが、あまり効果がない上、乾燥すると白い残滓がでてきます。これは、あまりお勧めしません。

モジュールをいじる(2)2018年07月30日 23:54

 突然ですが、再びモジュールをいじりはじめました。地味にレールの側面を塗っています。MEのウェザード(塗装済み)レールを使っているのですが、黒っぽすぎていまひとつです。タミヤのエナメル塗料レッドブラウンをそのまま、筆塗りします。枕木とかにはみでまくっていますが、気にしません。枕木はもう一回、塗って(どちらかというと染みこませる)調子を整える予定です。
   一番手前が塗装済み。その奥は未塗装状態。

9200はtsunamiサウンドデコーダをテンダーに搭載してみたのですが、思った以上にスペースがなく、使いたいスピーカが載せられませんでした。しかたないので、より小型なtsunami2に変更です。これで、音的に満足できるスピーカが載せられました。しかし、モータ調整に手こずっています。モータだけの調整パラメータが、CV209-216まで、なんと8種類もあるのです!だいたいのところまで、追い込んだのですが、もう少しがんばりたいところです。これも、うまく調整が完了したら整理したいと思っています。

9200ライトをいじる(2)2018年07月22日 23:50

 9200のライトをさらに加工していきます。ライトと言っても、実際は焚口のチラチラ見える明かりを点けようというわけです。DCCデコーダには、Firebox Flickerなるライトモードが用意されているものが多く、この機能を使ってみたいと思っていたのです。
 焚口の開閉扉を開けた状態にできるとよいのですが、完成品に加工するため、開閉扉にある丸い穴を貫通させて、その裏にLEDをセットすることにしました。火室後部はホワイトメタル製で、火室の真鍮板のステイに接着されています。Φ0.5の穴をピンバイスで6個貫通させました。
 プリント基板にPカッターで溝をほった回路板に、大きめ(3mm角)の赤(左)とウォームホワイト(右)のLEDを直列に接続し、20mAのCRDをつなぎ、スーパーXで固めています。ホワイトの方は、クリアオレンジで少し赤みを増しています。

 焚口の裏に両面テープで仮止めした様子をみているところです。実物がこのような見え方をしていたのかは、はなはだ怪しいです。まあ、雰囲気ということで。2色使ったので、少しは火っぽく見えるでしょうか?

9200ライトをいじる(1)2018年07月19日 23:21

 DCCでドライブさせるので、ライト回りもいじってみます。まずは、ダミーのヘッドライトとバックアップライトの点灯化です。
 ライトに入っているプラ製のレンズをはずします。レンズ面の外縁に2箇所対称位置にΦ0.5の穴を開けます。そこに先細のピンセットの先を入れて、ドライバで回すような感じで、左右にこじってレンズの接着をはがして取り出します。このレンズは使いません。
 続いて、ヘッドライト下面からΦ0.4の穴をライト内に貫通させます。フロントの場合は、煙室側にも同じように穴を開けます。

 ライトは、ウォームホワイト色のチップLEDを使い、極細のポリウレタン巻線を半田付けしておきます。今回使ったのは、2色の線が最初から巻いてあり、とても使いやすかったです(写真の上側2種)。ちなみに皮膜をはがすのは、半田ゴテの先にハンダ玉をのせて、その中に線を通して皮膜を溶かします。
       チップLED用の極細ポリウレタン線各種

 開けた穴に、この線を通していきます。2本の先端を半田で1本にまとめておくと作業しやすいです。
           ライト側の穴を通した段階

 煙室内に配線を引き込んだ状態。配線は目立ちません。

 穴を通した後、電流制御用CRD(2.5mA)と明るさ調整のチップ抵抗(510Ω)をプリント基板にまとめたものに接続します。

 ライトレンズは、Φ3.1だったのですが、Φ3.0のプラレンズ(wave製 H-EYES1:フィギュア用の目)があったので、アクリア(木工ボンドっぽい接着剤:乾くと透明)で固定します。
 チップLEDには、クリアオレンジを薄く塗って、白熱燈っぽくしましたが、非点灯のときはオレンジが目立ってしまい、今後の課題です。
            消費電流は、約3mA

 案の定、Φ0.4の穴をテンダーライトに開けているとき、まるいち式にドリル刃を0.5mmくらい折り込んでしまいました。塗装済みテンダーですが、ヘッドライト部を中心に塩水に浸けて、約1日かけて溶解させ、事なきを得ました。