USBスロットル バターサンド編2019年10月05日 17:13

 謎の売人から買ったUSBスロットルですが、かなり気に入ってしまいました。もっと使いやすくするために、UI/UXのアップデートです。
 気になっていたのは、ケースがないため基板の足などがチクチクし、また持った感じもしっくりこない点。また、側面のタクトスイッチの位置です。もう少し上側にあった方が、スロットルを触りながら、すぐに操作できそうです。
 まずはケース。百均屋さんなどでありもののケースを探したのですが、よいものはなし。じゃぁ、作ろうと。箱にするのは面倒なので、みなさんがよくやっているアクリル板で上下をカバーする方法にしました。ただ、アクリルの代わりに加工のしやすい木板にします。
ハンズで、パドック(かりんと同属)という赤っぽい板(5×30×200)、φ30のぶなの木球とφ3.0六角ボルトを買ってきました。 切り出しや穴開けをした材料です。やはりビミョウに穴のセンターが出ていません。
 つぎに、側面のタクトスイッチの場所をずらします。一番下側のスイッチをスロットル横に移動させます。取り付けた部品をはずして(面倒!)、基板に穴を開けて(やはりずれる)、再度はずした部品を取り付けます。

コモン線は基板のパターンを利用するため、表面を削って銅面を出します。
他は、配線を追加します。

 そして、できあがりです!
 スロットルは、デザイン優先で球体にしましたがどうでしょうか?使い勝手はなかなかよいです。上面の赤いボタン(方向とライト点灯)は、面より少しへこんでいますが、実際の操作は支障ないです。ここも木製にしたいところですね。

 横からみるとこんな感じ。これって、六花亭の

バターサンド...

似てないか.. 実際に操作した感じはなかなか良いです。



ところで、このUSBスロットルは11月ごろに正式販売のアナウンスがされましたね。やや幅が広くなって、タクトスイッチの位置も改善されています。DSair2をスマホで使っている方は、検討されてはどうでしょうか。

USBスロットルを使ってみた2019年10月03日 23:05

 先週の土日は、毎年恒例の軽便祭に行ってきました。見たもの、買ったものとかいろいろ書きたいのですが、それはまた別稿で。
 祭は、頼まれの買い物(記念のエッチング板じゃないです)があったので、生まれて初めて開場前に現場に行ったのですが。あやしげな行列......何か念のようなものを感じ取りました。
 それはそれで会場に入ったのですが、昼過ぎにちょっと背の高いお兄さんがニコニコしながら近づいてきて、「おじさん、いい出物があるんだけど」、「純度の高いやつで、よそでは手にはいらんよ」と小声でささやいてきたのです。この会場でそういう売買がされているとは、知らなかったのですが、物は試しに買ってみました。思ったより安かったです。何も書かれていない薄茶の小さな紙箱を手渡されたのですが、中にはビニール袋に何か白いものが入っています。さすがに、おおっぴらに開けるわけにいかないので、帰宅して開けてみました。

こんな物が入っていました。白く見えたのはスマホ用のケーブルです。そんなこんなで、DesktopStationさんのUSBスロットル(ジョイスティック)を入手してしまいました。池袋の祭で試作品を触らせてもらい、発売を待っていたのです。
AndroidとiOSのスマホに接続して使うものですが、私のAndroidスマホは台湾の激安品で、OTGという接続機能が実装されていません。iPadがあるので、接続用のサードパーティ製USBケーブル(OTG対応)をAmazonで購入しました(約1500円)。また、別途必要なタクトスイッチやロータリエンコーダは秋月で購入です。
     サードパーティ製のUSB(OTG対応)ケーブル

    ケーブル仕様にも最大100mAと書いてある

 組み立ては簡単です。慣れない私でも20分くらいで完成。DesktopStationさんのブログなどを参考に、ArduinoIDEを使って、WorkCurrentの最大値を100mAに変更し、スケッチ(プログラム)を書き込めば完了です。これも特に問題なく終了。
 DSair2にWifi経由でiPadを接続し、さらにUSBケーブルでスロットルをiPadに接続すると、いとも簡単に動作することができました。もう少し苦労するかと思ったのですが、拍子抜けです。
 使ってみました。あぁ~、めちゃくちゃ使いやすいです。やっぱり、スロットル類はメカニカルがよいです。車輌に注視しながら、手元はブラインドで安心して操作できます。UI/UX的には、タッチパネルより断然気持ちよいのですが...若者/おじさんも関係ないとも思います。どうなんでしょうねぇ。

 手タレで娘に操作してもらったが、すぐに慣れていた

 ケースはまだ作っていないので、ハンドリングはまだ改善できると思います。娘がよさげなAndroidを持っていたので、貸してもらい、こちらの動作もOKを確認しました。
 今度、関東合運があるのでベテラン域のおじさんたちにも触ってもらおうと思います。

夕張11形(10)理由がある2019年09月26日 01:43

 試練から一日経過。反対側も働輪をはずし、軸や軸受けメタルを清掃。この状態でギアボックスに組み込み、動作確認。当然スムースに動く。ところが、ギアボックスをペデスタル内で上下方向に動かすと、ギアが固くなる場所があるではないですか。
 このギアボックスは釣りかけ式にしているので、ボックスが働輪の回転によって暴れないように、ステーをつないで主台枠にバネを介して半固定しています。ここは、本来、車軸を中心とした円弧上に動くのが理想ですが、遊びが少なすぎて直線方向しか可動しないため、軸受けメタルと車軸にストレスが作用してギアが固くなるようです。遊びを増やして、バネもφ0.25→φ0.15に変更しました。
 写真右の黄色矢印が、釣りかけ式を受けているバネなど

 また、テスト時には後の脱脂作業を考えて、オイル類は必要最小な箇所しか差しません。軸受けメタルもオイルを差さないまま、小一時間動作させていたので、ストレスによって軸が削れて、そのカスなどが混入したのでは、と推測しています。
 このため、大きな力がかかるだろうと思う、ギア、軸受けメタルや車軸には、タミヤのセラミックグリスを塗りました。これで、運転すると音もかなり低減します。ローラーに載せて、約30分ほど動作させましたが、ギアが固くなる現象は再発しませんでした。
 このあたりを不調の理由とし、また一応解決ということで、次のステップに進むこととします。

夕張11形(9)神は試練を与えたもう2019年09月24日 23:24

 まさか、焼きついたわけはないと思うのですが、ギアボックスの軸受けメタルが、固くなって回りにくくなっていました。
 ローラー運転台などで、テスト運転を繰り返して悦にいっていたのですが、なんか起動電圧がだんだん高くなり、動きもしゃくるような感じになったので、分解してみたところ、上に書いた状況になっていました。
 パーツクリーナを吹いて、油分やゴミを流してみたのですが、あまり改善せず、しかたがないのでまずは片方の働輪をはずしてみました。軸に黒いゴミのようなものが付着しています。また、擦過傷のようなものもあります。メタルあるいは、ギアを固定するために軸にかぶせている真鍮パイプが、削れてメタルの中に入り込んだのかもしれません。清掃して超細かい研磨材で磨いて、もとのようにスムースに戻りました。
    清掃した後、まだ、軸に傷が少し残っている

 両方ともなっているので、軸部分に無理な力がかかって、擦れているのかも。きょうは、これで精神的に疲れたので、反対側の対策は明日にします。セラミックグリスかなんか、ゴミがはいりにくいように粘度の高い潤滑剤を塗っておいて方がよいのだろうか...神は試練を与えてくれます。

曲げるもの2019年09月22日 23:46

 3連休の2日目、昼過ぎまで晴れていたのですが、台風接近で午後から曇り、夕方から小雨が降ってきました。こんな、工作日和?な時は、やはり工作するに限ります。
 φ4.0mmのステンレス線を曲げる必要がでてきて(ギアボックスとは関係ないんです)、いわゆるベンダーをこさえてみました。これも先人達がいろいろチャレンジしていて、建築資材の「とも羽子板」というのを2枚使って、簡単にこさえることができる(らしいです)。
 先週末からそう近くないホームセンターに行って探したのですが、コーナンさんには扱いなし。ケーヨーD2でようやく探すことができました。思っていたよりお高く、羽子板1枚343円×2、8mmボルトナットワッシャーセット108円で計794円也でした。ネットの作例では、200~300円だったんですが..

 しかし、ホームセンターの名前はおもしろいのが多いです。結構気に入っているのが、ビーバートザンです。ビーバーは登山しませんよね?箱根登山鉄道の一部門が発祥とのことです。
 買ってきた羽子板の穴は約7mmのため8mmに拡張します(最近こういうのが多いなぁ)。8mmのドリル刃がなかったので、中華6mm刃を電動ドリルにつけて、斜めにこじらせながら、拡張します。乱暴なやり方ですが、切削油を多めに付けながらやると1箇所2~3分で拡げることができます。副産物ですが、よい塩梅に拡張するとボルトのねじ込みも可能となります。
 できあがりが、これです。

 さっそく、ステンレス線(SUS303)を曲げてみます。ギアボックス用に買っていたφ3.0で試します。あっ、そんなに力も必要なく簡単に曲がります。曲げたいポイントをぶれなく曲げられます。
 特に意味はありませんが、元にも戻せます。
ただ、曲げるだけの道具なんですけど、小一時間楽しみました。