モバイルDCC2017年05月01日 15:54

 鉄道模型市でミント缶DCCコントローラキットを買ったので、モバイルDCCコントローラとして組み立てを考えていました。ゆうえんさんのブログに作例が載っています。その中で、電源用電池をアルカリ単3×3本にすると、短時間しかもたないという話がでていました。スマホ充電用のリチウムだと問題ないようです。
 そこで、ニッケル水素(Ni-MH)充電池ではどうかということを実験してみました。家に2種のeneloopがあったので、さっそく実験です。eneloop pro、と普通のeneloopです。
 USBインタフェースの単3×4本直列の電池ボックスにUSBテスターとUSB:5V→12V変換ケーブルを接続して12Vに昇圧し、DesktopStationに供給しました。まだ、ミント缶は組みたてていないので...

<結果>
(1)eneloop proはすごいヤツです。
3時間、正常動作を続けました。出かける用事があったので、途中で実験を中止しています。
電源電圧は、当初4.40Vくらいあったのですが、3時間後は、約4.17Vまで下がっています。消費電流は、0.35-0.41Aです。タイフォンを鳴らすと、さらに0.03-0.05Aくらい消費します。
モータは44%出力、サウンド音量は12(静かな室内でちょうどよいくらい)
(2)普通のeneloopは、約45分でdesktop stationが停止しました。
当初は4.52Vくらいでしたが、時間とともに急速に低下していきました。停止時は約3.29Vでした。条件は、(1)と同じにしています。

居酒屋でデモする程度であれば、どちらの電池でも大丈夫です。展示会や定例会では、5~6時間は動いてほしいので、eneloop proを2セットくらい用意するか、スマホ用リチウムがよいと思いました。
また、今回のテスト車輌は消費電流が少ないので、モータが大きい、サウンドの音量が大きいなので、結果は変わってくるでしょう。また、DC/DCコンバータの効率も影響しています。

以下、テスト環境です。
<ニッケル水素充電池>
(1)eneloop pro(1.2V 2400mA) × 4本直列
(2)eneloop(1.2V 1900mA) × 4本直列
<DC/DCコンバータ>
5V:USB→12V変換ケーブル (中国製)
<電池ボックス>
単3×4本、出力USB、USBテスターを接続
<テスト車輌>
・片ボギー式ガソリンカー(テフ58×2台の切り貼り)
・モータ:IMON小型モータ
・ライト;Chip LED ×2(ヘッドライト、テールランプ)
・サウンド:Micro-Tsunamiサウンドデコーダ

簡単! Bluetoothサウンド SP分解編2017年04月30日 12:32

 KATOのキハ58でテストした小型のBluetoothスピーカですが、より実装しやすくするために分解していまいました。
 構造的には、ネジとか嵌めあいではなくすべて接着で組み立てられていました。ので、分解時にパーツが割れたりの可能性もあります。また、再組み立てには、あらためて接着しなおすなどの作業も発生します。もし分解される場合は、ご自身の責任の下でお願いします。
 分解のコツはひとこと、ハンドパワーです!

(1)まず、スイッチパネル面側から、パネルとケース本体のすき間に先の薄い時計ドライバ状なものを入れ、慎重にこじ開けていきます。4辺を少しずつこじっていくと、接着がはがれてカバーがはずれました。基板が見えてきます。写真にはこじった痕跡が残っています。
(2)反対側も同様にしてカバーをはずします。スピーカが見えます。スイッチパネル面側から、基板を慎重に取り出し、見えてきたスピーカの背面を細い棒状のもので少しずつ押し出すと、スピーカを固定していた接着がはがれます。
(3)出てきたスピーカの向きを傾けたりしながら、スピーカ穴をくぐらして、スイッチパネル面側から基板とともに取り出します。
 分解した状態です。基板は23.5mm×23.5mm、厚さ11.5mm。スピーカ径は23.0mmです。基板の背面に蓄電池(リチウム?)が両面で貼ってあります。電池をはがして展開すれば、厚みは約6mmくらいになります。
 エンクロージャーがないと、音量が下がり、低域も少なくなりますので、代わりのものが必要です。写真はカセットコンロ用ボンベのキャップです。オリジナルより低域の音量は下がりますが、ほぼ近い感じで鳴ります。小さなスピーカなのでエンクロージャの力は大きいです。

<まとめ>
・とにかく分解は慎重に。
・スピーカや電池を分離すると、実装の自由度が高くなり、小型車輌への搭載の可能性がでてきます。
・小型スピーカの音量・音質にはエンクロージャがキモ。小型化とのバランスが難しいところですが、選択肢も広がります。

第14回鉄道模型市20172017年04月29日 23:48

 ひさしぶりに、鉄道模型市にでかけてみました。いまさらですが、浜松から浅草に場所が変わっていました。駅周辺は浅草寺に向かう内外の観光客でごった返していました。
 今回の目的は、DCC制御系やデコーダの購入です。HOjやナローの掘り出し物も期待しています。11:00-11:45までは有料で1000円払って入場するシステムですが、そこまでの気合はないので、12:05に入場しました。
 ...すごい人です。
 気をとりなおして、お目当ての「DCC電子工作連合」のブースに向かいます。
ここもかなりの人だかり。かきわけて、なんとか商品の前にたどり着きました。

小型DCCコントローラ:ミント缶コントローラ、ポイントデコーダを購入。

ポイントデコーダ:2回路のものが2式はいっていました。

新発売のMP3サウンドデコーダV5も、VVVFや釣りかけ音のジェネレータを搭載しているということで、おもしろそうなのでテスト的に購入しました。
 また、ブラブラ探索していると、「IORI工房」さんとこで、1/80の可動式バッファなるものを発見。
或る列車に使えないかと、これもテスト購入しました。固定のバッファも売っていましたが、可動式の方が、スリムに作られていました。
さらに、ねじ式連結器も展示してあったのですが、これはテストショットとのことでした。
いずれもスケール的には、1/80という範疇ですが、実際は1/70くらいかなぁというお話でした。検証はできていません。
あと、「トーマワークス」さんところで、Nの日車Cタンクがデモ走行していました。若干ギヤ音が聞こえますが、驚きのスムースな走りです。普通にブラシを当てているだけだそうです。集電は2軸と3軸では大きく違うとのこと。
 こういう蒸気機関車と数量の貨客車があれば、小さなスペースで鉄道(レイアウト)が作れますね。というか、別にNでなくても、ナローや小型車輌なら1/87の世界でもできるわけです。そんなことを考えさせられるイベントでした。

レイアウトに向けて始動か?2017年04月24日 23:48

 円形パイクをこさえたものの、場所や時間の制約を理由にレイアウトへの道はほど遠い日々です。しかし、結局は自らの意思の問題なのです。
 というわけで、まずはモジュールからスタートということで、台枠をこさえてみました。モジュールに使える台枠は、KATOさんやTOMIXさんからよいものが出ているので、それを使えば簡単です。が、このモジュール同士をどうやって結合するかが悩めるところです。
 近くの量販店で入手しやすかったTOMIXコンビネーションボードA300×600×25mmを購入しました。ところが、この高さだと、裏面にレマコのスローアクション・ポイントマシンが設置できません。いろいろ悩んだあげく、L字加工の角材を購入してかさ上げし、結合ジョイントとポイントマシン設置の問題をクリアしました。

L字角材を通しで、パネル裏面に接着+木ネジ止め。接着には、クランプを使いがっちりと固着しています(のはず)。オレンジの物体は撮影用のすべり止めです。
片端には、このスリットに入る角材20mm×10mmをガイドとして固定。
こんな感じになります。
まあまあの精度で入ります。

結合した状態です。このままだと、すぐに結合部がはずれるので、なんらかのロック機構が必要です。当面は安価なCクランプで裏からとめる方法で代用しようかと思います。側面の塗装もしなくてはなりませんね。
L字角材などは、東急ハンズで購入しました。L字は値段がやや高いので節約するため、両端だけL字とし、中央部は普通の角材を使うという手があります(まだやってはいないのですが)。
今回はテスト的に2枚分を加工したのですが、IMONの組線路をのせて往復運転で遊ぶと、距離的にもう1~2枚欲しくなりました。また、銚子のデキ3クラスなら、1枚でもレイアウトになりそうです。
それから、走行音が箱鳴りして響くので、以前D氏のブログで話題になっていたゴム板を道床に使い、響きをダンプするなども試みたいです。

簡単! Bluetoothサウンド2017年04月19日 23:56

 キハ58のライト改造と前後して、簡単なサウンド機能のテストをしてみました。最近、ハイレゾでも採用されているBluetooth方式のスピーカです。
 KATOのサウンドシステムの出力をBluetoothで送信して、車載のBluetoothスピーカをドライブする作例が展示されていますが、それよりもっと簡単に、スマホや音楽プレーヤのBluetooth送信機能を使って、ドライブさせようという試みです。これだと、みなさん手持ちの機材で簡単にサウンドを楽しむことができます。
 ひとつ大きな課題は、スロットルに同期しないという点です。なので、蒸気機関車にはちょっと厳しいです。電車や気動車などには使えるのでは、ということでキハ58に搭載してみました。
 小型のBluetoothスピーカをネットで探したところ、26mm×26mm×29mmのキューブ型がありました。このサイズであれば16番にも実装できそうです。
製品はRWC社のMBT100というものです。2000~3000円で売っています。ちゃんと技適も取得されているので、安心して使えます。音はかなり大きく、音質もまあまあです。
KATOキハ58の場合は、このように車内の車内床・椅子・ウェイト+補強板を取り外して、スピーカを天井に両面テープで固定しました。補強がいっさいなくなった床板は、かなりしなります。が、何とか走らせることはできます。
 デモ走行の様子です(ココをクリックするとYoutubeに移行します)。2パターン撮影しました。1回目は音と走り出しがちょっとずれています。惰行中の音もこさえました。DMH17特有のカラカラ音がうまく再生できています。
 これらの音は、ネットにあるいろんな収録音源をサンプリングして、フリーのミキシングソフト(作例ではAudacity)を使い、作成しました。リバーブ(エコー)やイコライザも使ってスピーカの特性に合わせた加工をしています。5分程度の尺でつくり、再生側のループ機能で時間を伸ばしています。
お手軽サウンドで雰囲気が出ていると思います。
<まとめ>
・市販の小型Bluetoothスピーカと、手持ちのスマホだけで、簡単にサウンドが楽しめます。
・音源を簡単かつ自在に作成できる。
・音量、音質はそこそこ良いです。DCCサウンドと同等以上。

<ちょっと課題>
・スロットルと同期しない。
・スピーカ起動時と充電時に、ボディーをはずす必要がある。
・車内の改造が必要な場合もある。
→スピーカを分解すればより小型になるので、実装の自由度はもっと広がると思います(このテストの後、分解してしまいました)。