DCCテスター2016年12月07日 00:35

片ボギーガソリンカーのサウンドデコーダの調整のために、DCCテスターをこさえてみました。テスト中に1台デコーダが動作不良になり、いろいろ原因切り分けが必要となったためです。ありあわせのモーター、スピーカ、前後ライト用のLED+CRDと、新規に購入した接続用クリップで構成しています。汎用基板上に並べました。

とは言いつつも、クリップだけは使いやすいものをということで、ややコストをかけて先の細いものを採用しました。秋月電子でICクリップという名称で売っています。20個入りで2000円ですが、10色ありデコーダのケーブル色に合わせることができます。先もかなり細く、他のクリップとのショートもしにくい構造になっています。デコーダのケーブル色に合わせてつなげばよいので、機械的に確実な作業が行えます。お勧めできます。

接続した状態は、こんな↓感じです。あまりスマートではありませんね。今度、本体をケースか箱に収納しようと思います。
今回はこのテスターを使い、まずはデコーダ単体でサウンドとライティングの設定を行い、車輌搭載後はモータの調整を行っています。簡単なテスターですが、重宝しています。

ちなみにサウンドデコーダの不調は、片方のライトが常時4VくらいでON状態になるというものです。リセットなどしたのですが、結局直りません。メーカ送りになりそうです。

Stayin' ALIVEⅡ !2016年12月04日 21:26

タイトルを変更しました。 
DCCサウンドデコーダ(SoundtraxxTSU-750)とコンデンサの接続テストの続きです。南薩テフ改の片ボギーガソリンカーに搭載して実走テストをしました。
①コンデンサなし、②デコーダ付属の220μF、③1000μF、④3300μFの4種での比較です。発車直後や停車直前を想定して厳しめの超スローでテストしました。線路はIMON組線路を使い、軽くクリーナで拭いています。ちょっと長めで単調な8分の動画ですがご覧ください(ココをクリック)。コンデンサはあえて屋根上に載せて、見える化しています。
コンデンサなしの場合は、瞬断が頻発して、安定しない場合がありました(動画では3回)。デコーダ付属の220μFでかなり改善します。それでも、何回か瞬断が発生しました(動画では2回)。1000μF、3300μFだと瞬断はほとんどありません(動画ではゼロ)。スペース面を考えると、1000μFが適当のようです。
走行速度が早い場合や、フルボギー車やなど集電軸が多い車両は、おまけのコンデンサ程度でも安定走行します。

<まとめ>
○Soundtraxx社サウンドデコーダは、最低でも付属のコンデンサ220μFは必須(取説にはoptionalと記載がありますが)。
○コンデンサを1000μF以上にすることで、瞬断対策がより上がります。効果はあくまでも瞬断のみ。
○しかし、超スロー走行状態では、まったくゼロというわけではありません(3300μFでも瞬断することがあった)。
○スペース的には、小型車輌向けは1000μF(25V)が適当。
○部品コストはとても安い!(目安)ダイオード10円、チップ抵抗14円、コンデンサ50~100円。
なお、実装は、自己責任でお願いします。

Stayin' Alive !2016年11月14日 00:27

soundtraxxのデコーダには、小さなコンデンサ(220μF)がついています。取説にはdirty track上での動作改善ということで、短時間の無電状態をコンデンサに蓄えた電気で補うという仕掛けです。この短時間は、ほんとうに極く短時間のようで、手で電源のOFF/ONして接触不良を模擬すると、止まってしまいます。LENZ POWER1のように1秒くらい動作を保持するすることはできません。
もう少しなんとかならないか、ということでネットを探ると、北米のHPに1000μF以上のコンデンサを接続する例が載っていました。2013年の記事です。
大容量のコンデンサへの突入電流からデコーダやコマンドステーションを保護するため、コンデンサと並列でそれぞれダイオードと抵抗を接続する回路になっています。定量的な理解はできていないのですが、コンデンサに充電するときは抵抗を経由してゆっくりと電流を流し、逆に無電状態になると、順方向のダイオード経由で直ちにバックアップする仕掛けと理解しました。
ならばということで、秋葉原で材料を購入し、2つの容量で実験をしました。
<材料>
・コンデンサ 1000μF、3300μF(耐圧25V)
・ダイオード 汎用整流用 1N4007-B
・チップ抵抗 100Ω(1000μF)、220Ω(3300μF) <2W>
接続状態:上が3300μF、下が1000μF、緑+、白ー

 TSUNAMI TSU-1000デコーダに接続して、実験したところ、ざっくり以下の無電時間で動作を継続しました。モータの種類や音量によっても変わるものと思いますが、だいたいの参考にはなるでしょう。測定は、電源線を手で接触/非接触させて、10秒間の平均を出したものです。サウンドは連続していますが、モータは、OFF期間で回転が落ちます。

<結果>
・1000μF:約0.2sec
・3300μF:約0.3sec
<負荷>
・IMONモータ 25/128ステップ
・音量 10/255

低コストで安定した動作を実現するには効果的です。小型車輌には、1000μFくらいの大きさがちょうどよいようです。
逆に集電の厳しい2軸車には、このスペックだとちょっと不足かもしれません。LENZ POWER1や、TCS KAシリーズが必要ではないでしょうか。片ボギーガソリンカーに実装して、もう少し確認しようと思います。






第16回関東合運2016年10月10日 23:31

徹夜明けの軽便祭から関東合運in埼玉けんかつへ移動。15:30頃に到着です。取り急ぎ、お題の「長期の仕掛品」を展示。今回は、テフ58×2の片ボギーガソリンカーと、デキ3改のガソリン機関車と円形パイクです。ガソリンカーは、徹夜で塗装に励んだものの、ドライヤーの強制乾燥で屋根の塗膜にひび割れが入り、少し悲しいできあがりとなりました。ライト・窓ガラスも未完です。徹夜作業はやっぱりいけませんね。

相武鉄道での片ボギーガソリンカーです。屋根塗装のミスはウェザリングでごまかしました。塗装は何か間の抜けた感じがするので、窓上も朱にする予定です。
クラブ員のみなさんが製作した今回のお題たち。

今回の関東合運では「線路を繋ぎ大きなレイアウトにしよう」というモジュール企画がありました。気になった作品たちです。
加藤幸男+宮下洋一さんの作品 幹と枝
ナローとの立体交差

針生秀樹さんの作品 工場のある風景
リアルな工場地帯。照明が効果的でした。

大熊重男さんの作品 チロルの印象
本線の横のツートンのナロー電車たち。HELJANの機関庫との対比が映えていました。

これは、同じ部屋で展示していたグループ軌道線:中澤さんの玉電。ドア、ステップが動きます。DCCで困っていた配線処理についてレクチュアを受けました。ありがとうございました。

第12回軽便祭2016年10月09日 23:00

毎年、この時期恒例の軽便祭。8日の軽便讃歌、9日の祭の両日参加してきました。
8日は、青柳明氏、和久田恵一氏、それから南軽のみなさんからのサプライズ映像という、豪華なラインナップです。特に和久田さんの作品のコッペルやピースコンを使った独特のウェザリングは、当時中学生だった私に大きな衝撃を与えてくれました。今も、アラレちゃんにインスパイアされたというファニーな車輌たちには惹かれる何かを感じます。諸星さんとコラボするとおもしろい世界になりそうです..(と思っていたら、翌日の祭でご一緒しているお二人をみかけました)。

9日は祭りでしたが、関東合運に向けて徹夜で塗装に励んでいたため、かなり体力的にきつく、写真をほとんど撮っていませんでした。しかし、私的な目玉は、この2点。ループ曲線です。いやあ、美しい。
シェフ製作のダージリンのループ

木曽モジュールさんのループ

そのほか、ONMC軌道部さん
On2のフルスクラッチ炭鉱電機で独特の雰囲気を出しています。

休憩中の作業員。手の指まで表現!

四頓☆倶楽部さんのマルチスケールを取り入れたレイアウト
手前から、O、HO、Nの3種のスケールを駆使し遠近感を表現。泥の混じった水の表現がすばらしいです。

11:30頃入場し、13:30頃出場。さいたま内宿の関東合運に向かいました。