めざせ東平2018年04月30日 23:12

 キャンプの翌朝、朝焼けがおがめるかなと思ったのですが、あいにくの曇り空。
 気を取り直して、朝食にオムレツ、生ハム、コーヒーなど食べて撤収開始です。ちょうど車に積み込み始めた頃からポツポツ降り出し、出発時には本降りになりました。
 しかし、めざします。まずは、温泉、今治の喜助の湯に向かいます。「ドンドビ」という謎な交差点を曲がります。入浴料700円というちょっとお高い感じもしますが、とても綺麗な温泉でした。しまなみを走るサイクリストを迎えるという店構えで、店員さんもサイクルウェアできめています(最初、親切なサイクリストかと思った)。
 温泉入ると当然、どよ~んと気持ちが和むのですが、東洋のマチュピチュといわれる東平(とうなる)に向かいます。天気も晴れてきました。別子銅山の上部鉱山に位置しています。まずは、麓の端出場(はでば)にあるマイントピアという鉱山観光施設を探索します。鉱山鉄道(残念ながら電動蒸気機関車)で移動して、観光坑道を見学しました。
 2tバテロコ(上)とかご電車という簡易客車(下)
バテロコなども展示してあり、マニアックに写真撮影してしまいます。娘が騒ぎだしたので、いよかんソフトクリームでなだめます。でも、これホントおいしいです。
 いよいよ、ここから狭い隘路を30分ばかりのぼり、東平に到着です。上は、結構ひろい平地があり、きれいな資料館や大きな駐車場もあります。選鉱場(貯蔵庫)や索道場が遺構として、残っており、独特の雰囲気を醸しだしています。

谷を挟んで向かい側の急峻な山の中腹には、上部軌道があってクラウスが走っていたそうです(写真下)。
どうやってもってあがってのでしょう?こんな山奥に最盛期には5000人が生活していたという、東洋のマチュピチュというか、山中の軍艦島というか、とにかく人間が物をつくっていく力にびっくりします。帰りは、麓の資料館によって、山腹を走っていたというクラウスに会ってきました。

めざせ舟折の瀬戸2018年04月29日 20:17

 しまなみ海道にある愛媛県伯方島、その東南海岸にある舟折瀬戸キャンプ場で、娘といっしょにぼんやりしてきました。サイトとしては、7~8つのこじんまりしたものですが、炊事場・水洗トイレ・超簡易シャワーがあり、清潔で管理が行き届いています。おすすめします。
 連休中でしかも前日に予約したのですが空きがありました。サイトは満杯だったので、私たちが最後だったのかも。到着したのは16時前で、これも一番最後でした。
 4人用、2人用の山テントなので、設営はあっという間です。折りたたみのテーブル(大・小)とチェアを広げて、できあがりです。
 目の前が早瀬で、キャンプ地は少し高台にあり眺めがよいです。舟折の瀬戸とは、舟も折ってしまうくらいの潮の速さで、うずも巻いています。とは言え、目の前で行き来する貨物船がポキっとなることもなく、チェアに座るとまったりな気分になります。
 隣島の温泉に行こうかとも話していたのですが、すぐにビールを空けてしまいました。潮の流れ、貨物船とだんだんと日暮れていく様子をただただぼんやり眺めていました。
 娘が騒ぎ出したので、焼肉とパスタをこさえて、またビールです。
 夜になると思った以上に気温が下がります。夜露もかなりです。二人用テントは機材室として、チェアなど濡れてほしくないものをしまっておきました。
 月がきれいにのぼってきました。

めざせ江田島2018年02月18日 20:08

 今回は、割と近くにあってなかなか行く機会のなかった江田島に向かいました。呉経由の陸路で向かい(フェリーで渡る手もあり)、途中ループ橋の音戸大橋に立ち寄り、写真撮影。
 江田島では、海上自衛隊第一術科学校(旧海軍兵学校)の見学に参加しました。前半は、大正時代建造の大講堂・レンガづくりの幹部候補生学校庁舎の説明、後半は教育参考館(資料館)の見学という流れです。自衛官OBらしきガイドさんの、渋いダジャレを盛り込んだ緩急の効いた説明があり、中味の濃い1.5時間でした。偶然、江田島在住の友人にミラクル遭遇するというオマケもついていました。
 大講堂の裏門。高貴な方のみ反対の正門から入れる。

娘と行ったのですが、彼女がスマホゲームで空母「加賀」ファンになっていることが発覚し、呉を母港にする現在の「かが」グッズを悩みながら買い求めておりました。
            幹部候補生学校庁舎
そのレンガの積み方。今の価格で2万円/枚!だそうです。
 昼は、島の友人が教えてくれた反対側の沖美町にあるCafè OLIVE & LIMEでピザとパスタをいただきました。暖かい日差しに海が細かく反射して、気持ちもゆったりとします。

 というものの、夕方には東京に向かうので、帰りは急いで戻ります。
 行きに寄ったガソリンスタンドで、ガスとエアを入れてもらったのですが、エアを入れるマシンがちょっと古びていて、島の空気をただよわせていました。いつかジオラマに取り入れたいです。

めざせ 日の出山2018年01月20日 22:59

 職場のOBを中心とした山登りの会があります。平均年齢は65~70くらいです。さすがに厳しい登りは大変なのですが、毎月ハイキング的に活動されています。
 新年1回目は、JR御嶽駅から日の出山に登ってきました。みなさんは、駅からバス、ケーブルカーで御嶽山まであがって、そこから約1時間で日の出山に到着です。
 私は、駅の南から急斜面に取りつく、高峰北コースを登ってみました。9:42すぎ駅前をスタート、植林中の急斜面をジグザグで登ってきます。天気はうす曇。
       正面の植林中の山を左手から登ります

ストックがないと厳しいです。また道がはっきりしていないところもあって、若干心もとないですが、足跡も残っていました。しかし、よく見ると蹄系。なんとか植林地帯を抜け、登山道らしきところまでたどりつきました。
 登りきったあたりから 右下に御嶽駅のホーム端が見えます

汗だくです。この取り付きは急登で道がわかりにくいので、夏場は避けたいです。登山道に入ってからも、尾根道で等高線を最短距離で登っていきます。きつい..10:52高峰山に到着。尾根を縦走する普通の登山道に合流です。少し休憩。そこからは快適な登山道です。山頂の取り付きの最後500mの急登を、ゆっくり登っていきます。
 11:30頃到着。すでに山頂の東屋では、みなさんが昼食の準備を始めていました。総勢30人。晴れてきて、暖かい日差しが心地よいです。


 この会のすごいのは、その昼食のバラエティです。今回のテーマはお雑煮。
 しかも、何種類かの鍋がつくられます。お酒も冷たいビール、日本酒、ワイン、ウィスキーなどなんでもあり。私もお祝いに一升瓶を担いであがりました。
 デザート系も充実。お汁粉、焼きたてポップコーン、手作りマーマレードのパンケーキ、くだものに、〆の淹れたてコーヒー...おなか大満足でした。
 もうこれで、登りで消費したエネルギー以上を摂取しています!
 13:10頃下山開始。帰りは、御嶽駅に向かうなだらかなハイキング道を下り、なぜかケーブルカー、バスも使わず、表参道を徒歩で御嶽駅まで戻りました。16:00頃着でした。

めざせ雲取山2018年01月07日 23:54

 2018年になりましたが、東京都最高峰2017mの雲取山に登ってきました。今回は単独行です。先日も天気がよく、積雪はあまりないとの情報でした。
 山梨県:鴨沢口から登り、雲取山からの下山路は反対側の埼玉県:三峰神社に下る縦走ルートにチャレンジしました。距離は約22km、総時間は、7:45スタート(始発電車で行ける最速)、16:20ゴールの8時間35分でした。天気はピーカン、最高の登山日和でした。
 標準的なコースタイムの総計が約9時間45分で、これだと三峰神社の最終バス16:30に間に合わないため、装備は軽量にして負担を軽くしました。カメラはいつもの一眼5Dm2ではなく、コンパクトのRX100M5にし、これまた軽量アタックザックと軽量のトレランシューズと、オプション防寒ウェアは、ユニクロダウンとゴアカッパだけです。しかし、救急キット、軽アイゼン、ヘッドライト、非常食、予備電池はちゃんと持っていきます。そして、万が一?のときのアンダーウェアの替えも(=温泉グッズ)。鴨沢口では、単独行でもあり登山届けを提出しました。
 青空を見ながらの登山は、テンションが高まります。しかし、結構きついな。堂所(9:30)から登りがきつくなりぐっとペースが遅くなりました。体力温存のため七ツ石山はあきらめ、上部巻き道からブナ坂へ。尾根に出て、こんなに登ったっけ?と、いくつか急登し、ややばて気味で12:00に雲取山の山頂へ。富士山、南アルプルの山々が爽快に見えています。
 しかし、七ツ石小屋あたりから、ちょっと気持ちが悪くなっており、食欲がありません。シャリばてしたくないので、おにぎり一個を沸かした白湯で無理やり飲みこみました。25分ほど休憩して、12:25に三峰神社に向けてスタートです。下りは、天狗のごとく駆け抜けたいのですが、一部積雪・崖道やガレ場があったりと、思うようにスピードを出せません。
    頂上から少し下った雲取山荘のまわりは雪

アイゼンは不要でしたが、あせって転倒・滑落すると命とりです。また、登りもいくつかあって、気持ちの悪さと疲れが重なって、かなりばて気味です。左のふとももの付け根、右ひざも痛くなってきました。
  白岩小屋は廃屋に。ストラクチュアの参考になります。

 最後のピーク、15:30到着の霧藻ヶ峰が一番きつかった。息がぜいぜいしていました。小屋のご主人と少し話して元気が出て、ゴール三峰神社まで飛ばしました。私とほぼ同じ時間に鴨沢口を出たという女性が10~15分くらい先行しているとのことでした。すごいなぁ。
 陽が斜めになり、和名倉山などがダイナミックに映えます

 16:20頃に無事に三峰神社バス停に到着です。最終バス(超満員!)にも余裕で間に合いました。が、温泉はダメでした。今回は、体調が少々悪くなるというアクシデントがあり、体力的には後半に失速。これで、積雪が深くアイゼン使用だと、ペースも体力もさらにダウンしていました。冬季プランとしては、やや無理があったなと反省しています。装備の軽量化は効果ありで、荷物で苦しいことはありませんでした。一番の課題は、体力の低下ですね。特に後半は急激にダウンしました。体力を少しでも強化して、無雪期になったら雲取山から泊まりで奥秩父主縦走路を歩いてみたいです。