めざせ雲取山2018年01月07日 23:54

 2018年になりましたが、東京都最高峰2017mの雲取山に登ってきました。今回は単独行です。先日も天気がよく、積雪はあまりないとの情報でした。
 山梨県:鴨沢口から登り、雲取山からの下山路は反対側の埼玉県:三峰神社に下る縦走ルートにチャレンジしました。距離は約22km、総時間は、7:45スタート(始発電車で行ける最速)、16:20ゴールの8時間35分でした。天気はピーカン、最高の登山日和でした。
 標準的なコースタイムの総計が約9時間45分で、これだと三峰神社の最終バス16:30に間に合わないため、装備は軽量にして負担を軽くしました。カメラはいつもの一眼5Dm2ではなく、コンパクトのRX100M5にし、これまた軽量アタックザックと軽量のトレランシューズと、オプション防寒ウェアは、ユニクロダウンとゴアカッパだけです。しかし、救急キット、軽アイゼン、ヘッドライト、非常食、予備電池はちゃんと持っていきます。そして、万が一?のときのアンダーウェアの替えも(=温泉グッズ)。鴨沢口では、単独行でもあり登山届けを提出しました。
 青空を見ながらの登山は、テンションが高まります。しかし、結構きついな。堂所(9:30)から登りがきつくなりぐっとペースが遅くなりました。体力温存のため七ツ石山はあきらめ、上部巻き道からブナ坂へ。尾根に出て、こんなに登ったっけ?と、いくつか急登し、ややばて気味で12:00に雲取山の山頂へ。富士山、南アルプルの山々が爽快に見えています。
 しかし、七ツ石小屋あたりから、ちょっと気持ちが悪くなっており、食欲がありません。シャリばてしたくないので、おにぎり一個を沸かした白湯で無理やり飲みこみました。25分ほど休憩して、12:25に三峰神社に向けてスタートです。下りは、天狗のごとく駆け抜けたいのですが、一部積雪・崖道やガレ場があったりと、思うようにスピードを出せません。
    頂上から少し下った雲取山荘のまわりは雪

アイゼンは不要でしたが、あせって転倒・滑落すると命とりです。また、登りもいくつかあって、気持ちの悪さと疲れが重なって、かなりばて気味です。左のふとももの付け根、右ひざも痛くなってきました。
  白岩小屋は廃屋に。ストラクチュアの参考になります。

 最後のピーク、15:30到着の霧藻ヶ峰が一番きつかった。息がぜいぜいしていました。小屋のご主人と少し話して元気が出て、ゴール三峰神社まで飛ばしました。私とほぼ同じ時間に鴨沢口を出たという女性が10~15分くらい先行しているとのことでした。すごいなぁ。
 陽が斜めになり、和名倉山などがダイナミックに映えます

 16:20頃に無事に三峰神社バス停に到着です。最終バス(超満員!)にも余裕で間に合いました。が、温泉はダメでした。今回は、体調が少々悪くなるというアクシデントがあり、体力的には後半に失速。これで、積雪が深くアイゼン使用だと、ペースも体力もさらにダウンしていました。冬季プランとしては、やや無理があったなと反省しています。装備の軽量化は効果ありで、荷物で苦しいことはありませんでした。一番の課題は、体力の低下ですね。特に後半は急激にダウンしました。体力を少しでも強化して、無雪期になったら雲取山から泊まりで奥秩父主縦走路を歩いてみたいです。

めざせ 大菩薩嶺2017年10月14日 23:19

 今月は、4名で大菩薩嶺をめざしました。予報では雨で、確かに平地は雨でしたが、山にあがってからは霧のような、小雨のような、カッパなしでも歩けるくらいでした。

 8:00出発。八王子からレンタカーで、1600mの上日川峠まで行き、10:30登山開始です。福ちゃん荘の分岐を左に雷岩に向かいます。このあたりは雲の中を歩いており、視界はよくありませんが、整備した登山道なので、とても登りやすいです。
 紅葉は、終わりの時期になっています。
 
 雷岩で12:30。暖かいカップラーメンとおにぎりの昼食。
 そこから、大菩薩嶺(2056.9m)を往復し、妙見の頭、介山荘を下って、15:40ごろに上日川峠に戻りました。

 午後になると、少し天気が回復して、雷岩や介山荘あたりでは、富士山を観ることができました。景色がよいとちょっとテンションがあがります。

 帰りは、当然温泉です。塩山に向かう国道沿いの大菩薩の湯で、ゆっくりしました。夜の反省会もあったのですが、所用があり塩山からJRで家路に急ぎました。

めざせ 白根山2017年09月16日 23:50

  夏も終わりハイキングや山登りが楽しくなる季節です。今回は日光白根山、日本百名山に登ってきました。メンバーは寂しく3名です。上毛高原まで新幹線、そこでレンタカーを借りて丸沼高原へ向かいます。ここからロープウェイ(とは言っていますが、スキー用ゴンドラ)でガーッと高度をかせいで、標高2000mまであがります。実質、578mの登山です。
 台風が近づいていることもあって、標高2000m付近はガスっています。
気分はちょっと萎えます。それでも、頂上を目指すと、雲を抜け雲海が見えてきました。
頂上付近は、森林限界を超えた火山特有の様相でガレています。山頂付近でカップめんの昼食をとり、下りは、反対方向の座禅山に向かいました。ここの下りがガレているうえに、急坂でしんどかった。2kg近いカメラ機材が背中で踊っていました。

 みんな怪我もなく、無事下山。下はやはりガスっています。帰りは、かけ流し温泉の白根温泉・大露天風呂へ。古い温泉ですが人は少なく、ゆっくりできました。
さらに東京駅に着いてエビスビールで反省会です。23時近く、家に着く頃には雨が強くなってきました。

西へ2017年09月08日 18:16

 週末は帰省で西へ。ここは街も電車も赤で染まっています。
 そして、これも久しぶりに帰省した息子とさらに西のカート場に。彼が、高校時代にお世話になっていたレーシングチームのホームグラウンドです。チーム監督兼カートショップオーナーに、レンタルカートを用意していただきました。レンタルといっても、レーシング仕様です。

 彼は1年半くらい乗っていないのですが、あっという間に勘をとりもどしたのは、さすが若さです。最速タイムは35.52秒でした。ここのトップドライバーの最速が34秒半ばから35秒前半です。中古タイヤのレンタカーというハンディを考えると、まあまあのタイムを出しています。
 監督や他のチームオーナともいろいろ話せて、気分転換のできた初秋の休日でした。

めざせ富士山2016年09月11日 01:13

今週末で山小屋が閉じるということで、富士山行ってきました。
4年前に登ったときは、雨でご来光を見ることができなかったので、再チャレンジです。
9月9-10日で、職場の4人での登山、天候はとてもめぐまれていました。
14時すぎに富士吉田口五合目からスタート、19時頃に本八合目のトモエ館到着。3時頃に頂上に向かうが、4時すぎ9合5尺目をやや越えたあたりで、高山病でひとり体調不調となったため休憩。熱いコーヒーやカップ麺で腹ごしらえをしつつ、日の出を待ちました。
空の色がどんどん変わっていきます。美しい時間でした。
その後、不調の一人は本八合目に下り、残り3人で頂上を目指し、お鉢めぐりを堪能しました。火口は、地球とは思えない風景。自然の力に感じ入りました。下りはブル道ですが、だんだんマメができて痛くなり、少々辛かったです。
2泊3日くらいで、植生の変化を楽しみながら、下から登るのもよさそうです。