北丹2号機(10)やってもうた!2018年01月14日 23:15

 またしてもサウンドデコーダをやってしまいました。
 北丹をなんとかサウンド化しようと、soundtraxxのECO TSUNAMIを仮搭載して具合をみていました。サイドタンクになんとかデコーダが入ることがわかり、反対のサイドタンクには、スマホ用のスピーカを入れて、小さい音ながら家で遊ぶにはまあまあな感じになっていました。
 この小さなスピーカは、共鳴ボックスがないと全然鳴らないので、サイドタンクを共鳴ボックス代わりにしたのですが、あまり効果ありません。そこでこのスピーカを並列に2個つないで(抵抗は4Ω)鳴らしたらと、いろいろ作業をして、DCC ON!にしたとたん、「きゅん」という音とともに、動かなくなったのです。
 モータに電源を供給している端子がボディーに触れてショートして壊れたようです。マスキングテープでカバーしていたのですが、ボディの鋭利な角が、つきやぶっていたようです。
 鉄則にしていた、実走前に赤い箱などで、低電流でCV値を読み出すなどの、事前テストをしていれば回避できた可能性が大です。あ~、落ち込みます。それにしても、2次側(モータ側)のショートには、本当に弱いです。絶縁確保をしっかりしないと、ダメです。

 落ち込んでもチャレンジします。この損失分は、飲み会を2回がまんして捻出することにします。翌日、熊田貿易さんとこに修理の相談に行き、とりあえず新品のTSUNAMI2を代替として購入しました。壊れたECOは修理依頼してみるが、送料など入れると新品代金くらいかかるかも、時間も3か月くらいはみて、と言われました。こちらもとりあえずお願いしておきました。TSUNAMI2になって、配線材がより細くなり、約0.55mm→約0.50mmになっていました。音も気のせいか、抜けがよくなったような...

 帰りにアキバの秋月やaitendoに寄って、DCCコントローラ DSmainR5モニタ画面用の小型OLED(液晶→OLED化が流行っているらしい)や、同じくミント缶用の基板取り付けネジ、ゴム足やカプトンテープなどの部品を買っておきました。
 とは言いつつ、心の痛手は回復しておりません。

DC駆動ですが、ワールド工芸モータとIMONモータ換装の走行映像をYoutubeにアップしました。編集していないので3本に分かれています。ちょっと調整不足でぎくしゃくしていますが、スタート/ストップ時の粘りがわかると思います。

北丹2号機(9)モータ換装2018年01月08日 20:19

シリンダとロッドまわりがほぼできあがったので、仮組みしてみました。ロッド類以外は、ME(Micro Engineering)社の茶染め液で黒っぽく染めて下地色としています。
ギア駆動なので、一発でスムースに動くものと思い込んでいたのですが、いろんな改造の影響で、たとえばスライドバーとピストンロッドの平行がでていなかったり、スムースに動かすための調整に時間がかかりました。まだ、やや車体が揺すれたりしますが、これでよしとします。
で、シリンダ改造前の仮組みで気になっていたのですが、キットのモータは起動トルクがやや弱く、スタートがじわっと動かないのです(DC制御時)。どうせ、DCC(PWM)駆動するので、多少は改善できるので、まあいいかなと思っていたのです。が、秋の軽便祭でimonさんから発売された小型モータ(両軸1215D-12-10-5)を購入し、トルクもありサイズもよさそうなので、換装を考えていました。
上回りをセロテープで仮組みして、(これが簡単にできるのがワールド製品のよいところ?)スペースを確認したら、なんとか入りそうです。そこで、t0.4真鍮板でモータブラケットを新たにこさえて換装しました。軸径・軸長や軸の高さ(モータ横置き)もオリジナルとちょうど合っています。
    左:ワールド工芸製(オリジナル)、 右:IMON製
やはりモータ性能の差は大きく、スタート時のスムース感がまるっきり違います。粘ります。少しギヤの回転ムラがあったのですが、これもトルク増で気にならなくなりました。

北丹2号機(8)シリンダの先にあるもの2018年01月03日 20:00

2018年になりました。あけましておめでとうございます。
11月中旬からブログを更新していませんでしたが、北丹2号機は、ゆっくりとですが工作を進めています。

まずはシリンダの後蓋の工作です。
新しく用意した後蓋をシリンダ円周上もハンダを流し、余分な部分を糸鋸でカットして、ドレメルミニルータで整えます。右側を加工したところです。
つぎに、ひし形なるものの台座となるワッシャをハンダ付け。シリンダなどがバラバラになるのを防ぐため、濡れティッシュで冷やしながら作業を進めました。

ワッシャをはさんで、ひし形なるものも取り付けます。ハンダ中にひし形が空中分解ギリギリでした。そのため、低温ハンダも使いました(最初から使えばよかった...)。なんとかできあがり。

横からみたところ。なんか、シリンダ後の密度が高まって、いい感じです。

で、実物写真をみると、前にはキセルの頭のようなものがついていて、結構存在感を出しています。湯気が出てたりします。
Φ0.7mmのパイプの横に穴をあけ、Φ0.4mmの真鍮線を通して、それらしいものをこさえました。


スライドバーは、シリンダ側と加減リンク受けの2箇所でハンダ付けして、しっかりと固定しました。が、クロスヘッドの分解が難しくなりました。
ラジアスロッドの後側は、シリンダ中心より外側で加減リンクと一緒に固定する構造です。シリンダ側だけでも中心にしたかったので、上からみると斜めにしてしまいました。シリンダ受け側は、細密パイプでそれらしく細工しました。

加工完了です。

加工後と加工前の比較です(キセルの頭は未装着)。

加工前↓

黒く塗って、走ってしまうと、作った本人しかわからないと思いますが、工作も楽しめたし、自分では気に入っています。

北丹2号機(7)シリンダ後蓋2017年11月08日 00:43

 シリンダ後蓋の工作が続きます。オリジナルパーツからt0.2洋白板に写しとったパーツを仮付けします。まず、プラモデルのランナー状のものを残して、不要な部分をカットします。


つぎに、左右をつなぐ部分を残して、ここを仮ハンダ付けの土台とします。これによって比較的位置決めが容易となりました。この後は、シリンダ後蓋の円周上をハンダ付けし整形する予定です。ここは熱の回りに用心しないとせっかくつけたシリンダブロックがバラバラになってしまいます。実を言うと、これまでに2~3度バラバラにしています。

北丹2号機(6)ひし形なるものたち2017年11月05日 14:13

 シリンダ後蓋のひし形なるものの工作の続きです。
 まず、Φ2.4(1.5)のひし形加工パイプに、Φ1.5(1.0)パイプをハンダ付け。端面を整形して、この端面側からΦ1.0(0.7)のパイプを約1mm差込んでハンダ付け。その後、全体を約1mm弱で切断し、ひし形の厚さが0.5mmくらいなるまでヤスリで削り、仕上げにΦ1.0のパイプ部分をドレメルにくわえて回転させながら耐水ペーパをあてます。
 シリンダ棒が入る穴の周りには、なにやらボルトのようなものがあるのでまねてみます。ボール盤+XYテーブル(PROXXSONの簡易なものです)を使い、XYテーブル上のバイス(これも簡易なもの)に、ひし形を2つ並べて固定します。後は、やや まるいち式で目分量で慎重にΦ0.3の穴を開けていきます。多少ずれてしまいましたが、こんなものでカンベンしてもらいましょう。Φ0.3の真鍮線を植え込んで完成です。

 うしろ蓋への取り付けは、こんなイメージです。このひし形は少し浮いているようなので、反対側に突き出すように植え込んでいます。ちょっとオーバースケールですね。もう少し調整が必要です。
 このうしろ蓋は、オリジナルのt0.4洋白パーツから、t0.2洋白に写しとったものです。シリンダーブロックにハンダ付け+丸く整形して、不要部分を切り離します。その後、このひし形なるものたちを取り付ける予定です。