北丹2号機(4)2017年09月21日 23:52

 引き続き下回りの工作です。シリンダ回りをこさえました。いきなり失敗です。何気にシリンダブロックのロストの湯口を切り落としたのですが、これは実は取り付け用のボスだったのです。これでは位置が決まりません。しかたないので、切り落とした後の切り株のような痕跡を目を皿にして見つけだし、これを目印にバイスや第三の手を駆使して、ワークを固定してなんとかまとめました。
とにかくワークをしっかり位置決めして固定するのがキモでした。
 そんな失敗をしながら組んでいったのですが、何か変?シリンダ後蓋のあたりが、実物とかなり違うのです。
キットは、シリンダの後蓋が左と右がくっついた一体のものとなっています。また、ラジアスロッドは、シリンダに届いていません。
これは、組み立てやすさを考慮した設計のためと思うのですが、あまりに実物と印象が違うのです。申し訳ないのですが、かっこ悪いのです。少なくともラジアスロッド回りはなんとかしたいです。でも、ここをいじるのは、細かいパーツが多く大変そう。う~ん...コーヒーでも飲んで、気分転換しよう。

北丹2号機(3:集電ブラシ)2017年09月18日 19:47

 北丹の下回りの組み立てを進めます。ギア駆動なので、とりあえず仮組して動かしてみました。構成はワールドさんお得意の左右のフレームが絶縁されている方式です。
 集電は、左右が絶縁されたフレームの軸受け部と動輪軸の接触でおこなっています。この方式は、自重があれば大丈夫なのですが、このロコのように軽量で固定軸の場合は、集電不良をおこすことがあります。
 テスト走行してみましたが、低速時はレールコンディションをかなりよくしていないと、集電不良が発生します。そこで、左右の動輪押さえ板に、簡単な集電ブラシを取り付けました。φ0.15ベリリウム銅線です。左右絶縁なので、直接押さえ板に半田付けしました。簡単に全軸の補助集電のできあがりです。
  テンションは弱めにして、走行抵抗にならないように調整しました。これで、集電不良はほぼ発生しなくなりました。 モータはもう少し、低速トルクがほしいです。
 改善の比較映像をyoutubeにアップしています。

北丹2号機(2)2017年09月14日 23:33

 ひさしぶりに北丹2号機に手をつけました。件の第2働輪のフランジ問題です。当然?削ることにしました。旋盤はもっていない(欲しいのですが..)ので、ドリルレースで削り落とします。

 まず、バックケージを測っておきます。位相は、別付けの輪芯パーツで決まるので、だいたいの位置を覚えておけば大丈夫です。
 適当な板/棒状のもので働輪をはさみ、Φ1.0mmくらいの真鍮線や時計ドライバを当てて、小ハンマで輪軸を抜きます。
瞬着かネジロックのようなもので固着しているようので、最初の衝撃だけは、少し強めの力かげんが必要でした。
 抜けた働輪を、ドレメル(これはひも付き+フレキシャフト)にくわえさせます。刃物台として適当な角材を置いて、ヤスリ側も角材で当てます。これで刃物台に当てながら、ヤスリを働輪に当てて削っていきます。だいたい削れたら、ヤスリを油目、#1000ぐらいの耐水ペーパーに変えて、仕上げていきます。
 
削れたら、抜いた輪軸(ギア付き)を働輪につけます。少しだけ押し込んで、あとはバイスでゆっくり締めていきます。ボスがついているので、やさしく目一杯押し込めば、当初のバックゲージになりました。
 先日つくったフレームを仮組みして、働輪をいれてみました。ギアが少し当たるところ、軸穴も固めのところがありますが、調整でなんとかなりそうなレベルです。
 しかし、組み立てにやたらネジを使うのです。外からもネジ頭がけっこう見えます。う~ん、悩ましい。

北丹2号機(1)2017年09月05日 00:01

 昨日から突然始まった北丹2号機の製作です。今回は、変にいじくることはやめて、キットをそのまま素直に組み立て、10月の合運までの完成を目指します。お題はペーパーですが..
 取説にしたがって下回りの部品を組み立てました。0.4t洋白板のエッチング抜きで、精度よく組み立てることができました。
 よく読むと下回りは塗装をして、車輪・ロッドを組み込むように書いてあり、もしかして後で分解できないのかもしれません。図面だけだと、よくわからないので、とりあえず先に進みながら考えることにします。
 部品を眺めていると、んっ?第2働輪にフランジがついとる!素直に組み立てたいのですが、いきなり挫折しそうです。