北丹2号機(6)ひし形なるものたち2017年11月05日 14:13

 シリンダ後蓋のひし形なるものの工作の続きです。
 まず、Φ2.4(1.5)のひし形加工パイプに、Φ1.5(1.0)パイプをハンダ付け。端面を整形して、この端面側からΦ1.0(0.7)のパイプを約1mm差込んでハンダ付け。その後、全体を約1mm弱で切断し、ひし形の厚さが0.5mmくらいなるまでヤスリで削り、仕上げにΦ1.0のパイプ部分をドレメルにくわえて回転させながら耐水ペーパをあてます。
 シリンダ棒が入る穴の周りには、なにやらボルトのようなものがあるのでまねてみます。ボール盤+XYテーブル(PROXXSONの簡易なものです)を使い、XYテーブル上のバイス(これも簡易なもの)に、ひし形を2つ並べて固定します。後は、やや まるいち式で目分量で慎重にΦ0.3の穴を開けていきます。多少ずれてしまいましたが、こんなものでカンベンしてもらいましょう。Φ0.3の真鍮線を植え込んで完成です。

 うしろ蓋への取り付けは、こんなイメージです。このひし形は少し浮いているようなので、反対側に突き出すように植え込んでいます。ちょっとオーバースケールですね。もう少し調整が必要です。
 このうしろ蓋は、オリジナルのt0.4洋白パーツから、t0.2洋白に写しとったものです。シリンダーブロックにハンダ付け+丸く整形して、不要部分を切り離します。その後、このひし形なるものたちを取り付ける予定です。
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2017/11/05/8721360/tb