北丹2号機(12)Tsunami2をオーディ用スピーカで聴く2018年02月05日 00:21

 SoundTraxx社のサウンドデコーダTsunami2のレビュをYoutubeにアップしました。各ファンクションを動作させて音や機能をチェックしました。
 音は、小さいスピーカだとわかりにくいので、普段音楽を聴くのに使っているオーディオ用2way密閉型のスピーカに接続しています。
デコーダのアンプが1Wの能力があるので、十分ドライブできます。実際、フルボリュームだとかなりうるさいので、半分程度にしています。確認したのは、つぎのファンクションです。
F2 Whistle
F3 Short Whistle
F4 Cylinder Cocks
F5 Cutoff+
F6 Cutoff-
F8 Mute
F10 Blowdown
F11 Independent/Train Brake
F12 Brake Select/Train Line Charge
F13 Couple/Uncouple
F14 Switching Mode
F15 Wheel Chains
F16 Water Stop
F17 Fuel Loading
F18 Ash Dump
F19 Wheel Slip
F20 Injector
F21 Sander Valve
F22 Cab Chatter
F23 All Aboard/Coach Doors

 まず、1本目(2:19)は、走行中の音を中心にまとめました。F8 Mute OFF。音がフェードインしてきます。F12 ON で圧縮空気をためるため、コンプレッサーの動きが増します。F11 ONで列車ブレーキがON。F12 OFFで列車ブレーキ解除、F11 OFFで機関車ブレーキ解除。F3 Short Whistleで発車!スタート時には、自動でCylinder Cocks音が鳴ります。その後、F2 Whistle。
 F5 Cutoff+は、押すたびに「シュー」と鳴り、3段階でCutoffが変化し、最後はクランク音だけになります。F6 Cutoff-も同様に3段階で音が戻ります。減速を始めると、ブレーキのスキール音が自動で鳴ります。停止して、F10 Blowdownです。F8 Mute ONでフェードアウトします。

 2本目(3:11)は、F13以降のファンクションをON/OFFしています。1:F13 Couple/Uncouple、2:F15 Wheel Chains(これは何をしているのでしょうか?)、3:F16 Water Stop、4:F17 Fuel Loading(石炭の音?)、5:F18 Ash Dump、6:F20 Injector、7:F21 Sander Valve(う~ん、小さい音でよくわかりません)、8:F22 Cab Chatter(人の声は結構リアルです)、9:F23 All Aboard/Coach Doors

 つぎに走行中F14 Switching Mode ONで速度が半減します。いわゆる入れ換えモードです。F19 Wheel Slipで、空転音がでます。が車輪は自動では空転しません。あと、ビデオにとり損ねたのですが、スロットルを急にあけて力行させると、ドラフト音が一時的に野太くなります。
 ちゃんとしたスピーカで鳴らすと、埋もれていたいろんな音が聴こえてきて、かなり楽しめます。

コメント

_ ゆうえん・こうじ ― 2018年02月05日 20:30

まるいちさま、音のアップロードありがとうございました。
小さな車載スピーカーではよくわからない音もはいっているのですね。
カットオフが任意にできるようになったのはよいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/02/05/8782631/tb