メルクリンってすごい2018年05月04日 23:14

 大阪の枚方にメルクリンストア大阪というお店があります。ここでSEUTHEの発煙装置を扱っているということで、立ち寄ってみました。また、店内にメルクリンのレイアウトもあるので、これも楽しみに。
 とにかくびっくりしました。店内に入るとレイアウトの上を、5列車くらいが同時に自動走行しているではないですか!しかも、超スローの蒸気機関車もいます。ライトも光っているし、サウンド・スモークもありです。よく見るとバスも走っている。線路配置はpoint to point、リバースもありです。そして、なにより集電不良もなく安定して走行しています。


 お~っ、これって私がやろうとしていることが、ほとんどできているじゃない!絶句です。
 店長さんから、メルクリンが安定して走行するわけや、強固で組み立て簡単な組線路のしかけなど、いろいろ話を聞かせていただきました。また、コマンドステーションを使えば、プログラムなしで自動運転がおこなえ、そして実際に目の前で動いていました。こんなに簡単にできちゃうわけです。おそるべしメルクリンです。社長さんは、精密なプラレールみたいなものだ、と比喩されていました。ちなみに、レールクリーニングは3年間おこなっておらず、毎日8時間くらい連続自動運転をしていて、トラブルフリーだそうです。
ギミック系も面白い。左の30年前製のパノラマカーはウェイターがいったりきたり動いて給仕し、右の10年前製のピアノカーは、いろんな曲を奏でます。デジタル仕様を出したときのデモ用につくられたものだそうです。で、今でもすぐにきちんと動作する。
 メルクリンという言葉は知っていましたが、こんなにフル機能を活かして走っているのを見たのははじめてです。いやほんとに走らせることを楽しくする鉄道模型です。世間知らずでした。メルクリンってすごいぞ!
 そうそう、発煙装置を長時間化改造でたぶん壊してしまい、その補充でいくつか購入しました。こっちは、原因不明ですがうまくいっていません。

コメント

_ Yanan ― 2018年05月08日 05:55

メルクリンの3線式の安定性は半端じゃないですよね!あとは、ダイキャストで非常に重いので、レールとの接触条件もプラなものよりずっと良いのもありますが・・・。

3線式は、簡易的なギャップ式で容易にセンサー線路をくめるのもポイントで、互換性は無いですが、線路の特長を最大限活かしていると思います。

まるいちさんの自動運転プログラミングは、ずっとレベルは高いと思いますよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/05/04/8846634/tb