北丹2号機(15)植えてみた2018年06月17日 23:03

 ようやく黙々と穴あけが終わったので、リベットを植えてみました。正面妻板は、サイドタンクにデコーダやスピーカを入れる関係で、一部欠き取りスペースを確保しています。

 ピンバイスにはさんだΦ0.3mm真鍮線を、植えては切る、植えては切る..を繰り返します。単純で難しくありません。ハンダ付けはまとめて裏から流します。
 ただ、正面側の穴は、側板のコバ(板厚)に開けているので、貫通していません。これは、表からハンダを流したのですが、ちょっと汚くなりました。先輩たちのシャープな作品にはまだまだ遠いです。正面と側面でビミョウにずれているし(まるいち式)..
 ネットでル・マン24を観ながら作業をしていたので、約1/3分しかできませんでした。そうそう、レース結果はトヨタの1・2位フィニッシュ! 昨年までなんやかんやありましたが、ポディウムおめでとうです!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/06/17/8896626/tb