9200走行性能改善(3)モータ調整2018年07月14日 23:30

 今週はなんだかんだと夜の会が多くはかどりませんでしたが、DCCデコーダのモータ調整を追い込みました。結果、かなりのスローが効くようになりました。

 モータ調整は、TSUNAMI(soundtraxx)の場合、CV209=Kp、CV210=Ki、CV212=BEMF feedback、CV213=sample period=Kd、CV214=sample apertureを使います。
DCCのデコーダは、モータをPID制御という方法でコントロールしており、上のパラメータの組み合わせで最適な状態を追い込みます。(PID制御はネットで探せばいろいろ説明が見つかります)
 調整の方法は、海外サイトにも例が載っています。これらを参考につぎのように行いました。
(1)CV=2、CV3=0、CV4=0 (デフォルト値にする)
(2)CV209=0、CV210=0 (モータは動作しないので注意)
(3)スピードステップを2~3/128にしたとき、動き出すようCV209を増加。だいたい40~60にすると動く
(4)動き出しがスムースになるようにCV210を設定。だいたい5~10くらい。
(5)CV212=140くらいにして、BEMF量を減らす。
(6)CV213,214=7くらいにしておく。
(7)(3)~(6)の調整を値を小さくする方向で調整する。場合によっては、増やすこともトライしてみる。
(8)いい感じになったら、CV3,4を調整。
(9)ドラフトタイミングを調整。CV212を調整するとこのタイミングも再調整が必要。


デフォルトでのモータ設定 3/128ステップでの走行


モータ調整後 2/128ステップでの走行

結果、このモータの場合 CV209=10-20、CV210=3-7、CV212=135-140、CV213,214=5で、スピード1~2で動きだし、コギングも低下してスローもかなり効くようになりました。

 私は、小さなpoint to pointのスペースで動かすことが多いのと、模型との視距離も短いので、スローが効いたほうが実感的に楽しめます。エンドレスでの高速走行が中心だったり、もともとスローにこだわらないのであれば、デコーダのデフォルト設定のままでもよいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/07/14/8915529/tb