めざせ大樹2018年05月19日 23:33

 職場の鉄仲間3人で東武鉄道のC11大樹をめざして、鬼怒川温泉に向かいました。それぞれ、乗り鉄・Nゲージャなど主たる活躍の場は違うのですが、年に1~2回集まってでかけています。私は、東武にほとんど乗ったことがなかったので、この巨大鉄道網の一端を堪能することができました。新宿から特急で下今市へ。そこで各停に乗り換え鬼怒川温泉へ。ここから、大樹2号と3号に乗り継ぎ下今市までを往復。再び、鬼怒川温泉駅近くで大樹4号の走行写真撮影というダンドリです。下今市、鬼怒川温泉ともに転車台があり、見せ場となっています。
 C11は幼い頃住んでいた家のすぐ脇で貨物の入れ換えをやっていて、ブローの蒸気に逃げ惑っていたのを記憶しているのですが、デザイン的にはあまり惹かれない罐でした。今日あらためて見てみると、なかなかかっこいいではないですか。カニ目のためかもしれませんね。
 やっぱり蒸気の魅力はロッドです。鉄色が美しい。昼飯もほとんど食べずに、撮影場所に移動。しかし、煙がまったくなしのトホホな状況でした。気温が下がって、勾配区間でないとよい煙は生まれません。

しかも、温泉に来たのにビミョウに時間が足りず、駅前の足湯(無料)に浸かっておりました。帰りは浅草駅手前の急カーブを堪能し、神谷バーの電気ブランを飲みながら、次回の爆煙に向けて決起したのです。
最近、工作をしていないので、ちょっと反省しています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/05/19/8856906/tb