第14回鉄道模型市20172017年04月29日 23:48

 ひさしぶりに、鉄道模型市にでかけてみました。いまさらですが、浜松から浅草に場所が変わっていました。駅周辺は浅草寺に向かう内外の観光客でごった返していました。
 今回の目的は、DCC制御系やデコーダの購入です。HOjやナローの掘り出し物も期待しています。11:00-11:45までは有料で1000円払って入場するシステムですが、そこまでの気合はないので、12:05に入場しました。
 ...すごい人です。
 気をとりなおして、お目当ての「DCC電子工作連合」のブースに向かいます。
ここもかなりの人だかり。かきわけて、なんとか商品の前にたどり着きました。

小型DCCコントローラ:ミント缶コントローラ、ポイントデコーダを購入。

ポイントデコーダ:2回路のものが2式はいっていました。

新発売のMP3サウンドデコーダV5も、VVVFや釣りかけ音のジェネレータを搭載しているということで、おもしろそうなのでテスト的に購入しました。
 また、ブラブラ探索していると、「IORI工房」さんとこで、1/80の可動式バッファなるものを発見。
或る列車に使えないかと、これもテスト購入しました。固定のバッファも売っていましたが、可動式の方が、スリムに作られていました。
さらに、ねじ式連結器も展示してあったのですが、これはテストショットとのことでした。
いずれもスケール的には、1/80という範疇ですが、実際は1/70くらいかなぁというお話でした。検証はできていません。
あと、「トーマワークス」さんところで、Nの日車Cタンクがデモ走行していました。若干ギヤ音が聞こえますが、驚きのスムースな走りです。普通にブラシを当てているだけだそうです。集電は2軸と3軸では大きく違うとのこと。
 こういう蒸気機関車と数量の貨客車があれば、小さなスペースで鉄道(レイアウト)が作れますね。というか、別にNでなくても、ナローや小型車輌なら1/87の世界でもできるわけです。そんなことを考えさせられるイベントでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
エスカレータで立って待つ側
関西では○側(漢字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2017/04/29/8506998/tb