9200走行性能改善(3)モータ調整2018年07月14日 23:30

 今週はなんだかんだと夜の会が多くはかどりませんでしたが、DCCデコーダのモータ調整を追い込みました。結果、かなりのスローが効くようになりました。

 モータ調整は、TSUNAMI(soundtraxx)の場合、CV209=Kp、CV210=Ki、CV212=BEMF feedback、CV213=sample period=Kd、CV214=sample apertureを使います。
DCCのデコーダは、モータをPID制御という方法でコントロールしており、上のパラメータの組み合わせで最適な状態を追い込みます。(PID制御はネットで探せばいろいろ説明が見つかります)
 調整の方法は、海外サイトにも例が載っています。これらを参考につぎのように行いました。
(1)CV=2、CV3=0、CV4=0 (デフォルト値にする)
(2)CV209=0、CV210=0 (モータは動作しないので注意)
(3)スピードステップを2~3/128にしたとき、動き出すようCV209を増加。だいたい40~60にすると動く
(4)動き出しがスムースになるようにCV210を設定。だいたい5~10くらい。
(5)CV212=140くらいにして、BEMF量を減らす。
(6)CV213,214=7くらいにしておく。
(7)(3)~(6)の調整を値を小さくする方向で調整する。場合によっては、増やすこともトライしてみる。
(8)いい感じになったら、CV3,4を調整。
(9)ドラフトタイミングを調整。CV212を調整するとこのタイミングも再調整が必要。


デフォルトでのモータ設定 3/128ステップでの走行


モータ調整後 2/128ステップでの走行

結果、このモータの場合 CV209=10-20、CV210=3-7、CV212=135-140、CV213,214=5で、スピード1~2で動きだし、コギングも低下してスローもかなり効くようになりました。

 私は、小さなpoint to pointのスペースで動かすことが多いのと、模型との視距離も短いので、スローが効いたほうが実感的に楽しめます。エンドレスでの高速走行が中心だったり、もともとスローにこだわらないのであれば、デコーダのデフォルト設定のままでもよいと思います。

フラッシュ!(3)2018年05月15日 21:38

 HOJCの運転会ではDSairを持ち込んで、複数台のスマホからの運転制御を試してみました。運転に夢中だったので写真がありません!
 大エンドレスで編成モノを2列車、小エンドレスで単行3列車の同時運転をおこないました。スマホのセットアップはiphone、androidともに簡単にできました。長時間の動作も問題ありません。
 操作性ですが、初めて使う方ばかりなので慣れが必要なようでした。自作のNORAairを持ち込んだゆうえんさんも書かれていますが、いくつか要望が出てきました。ただし、DCCはDigitraxやLENZのコントローラで親しんでいますが、スマホコントローラは今回初めて触ったという状況です。また、いわゆるスマホネイティブではないおっさん(50代以上)モデラーです。

(1)車輌を見ながら、手元を見ずにタッチパネルのスロットルを操作するには慣れが必要
メータ式のスロットルはデザイン性が高くてかっこよいのですが、操作性で考えると、もっと扱いやすいデザインもあるかもしれません(単純なスライド式とか)。また、操作感(レスポンス)が重要なスロットルと前後切り替えはハードボリューム・スイッチがほしいな、という意見もありました。

(2)スマホ画面としてはUI(ユーザインターフェース)がちょっと小さめ
 ファンクションなどのボタンが小さいので、押し間違えやすい。特にあわててしまったとき。スマホ用に最適化したUIがあるといいな、と思いました。たとえば、ボタンなどは大きく。ファンクションは良く使うものを割り当て方式にして、画面上は4~5個にするとか..ただし、ipadなど8~10インチ以上のタブレットだと、現状でも問題にならないと思います。
 
(3)UIの位置・サイズを固定化したい
 誤ってタッチすると、画面が拡大したり、URLバーがプルダウンすることがあるので、画面固定ボタンがあるとうれしいです。

とはいえ、3列車同時運転を1台のスマホでやることもできたので、ある程度人間系がすり寄ることも必要なのかもしれませんね。スマホ使いの若い人のUIに対する意見も聞いてみたいものです。

機能や動作はまったく問題ないし、スマホやタブレットが簡単にDCCコントローラになるのは大きなメリットだと思います。なので、今後のUIの進化に期待したいです。また、これからも夏JAM・秋合運などがあるので、いろいろデモと評価をしてみます。

フラッシュ!(2)2018年04月28日 15:09

 連休前夜の27日深夜。フラッシュ!搭載のDSairキットの組み立てを開始しました。表面実装パーツは取り付け済みなので、DC/DCコンバータ、モータドライバやコンデンサなど10個程度のパーツの取り付けだけです。いろいろ確認しながらやっても、30分くらいで完成です。
 その後、フラッシュ!(FlashAir)へのデータコピーなのですが、ファームが4.00.00と古いためバージョンアップが必要でした(最寄のヨドバシさんで購入)。FlashAir(東芝)のHPから、ファームアップツール(FlashAirFWUpdateToolV4)と、ユーティリティツール(FlashAirTool)をダウンロード。まず、ファームアップを行い、その後ユーティリティで初期化をおこないました。最新は、4.00.02です。この作業の途中では、FlashAirカードを何度も取り外す必要があるので、USBの取り外し手順はちゃんと守っておこないました。これらに一番時間がかかっています。その後、DesktopstationさんのHPからDSairのzipファイルをダウンロードし、その中のSD_WLANフォルダの中味をコピーして、できあがりです。

 ACアダプタを接続して電源投入。緑のLEDがゆっくり点滅すれば、正常動作です。スマホやタブレットなどWiFi端末から、WiFi接続(SSIDのパスワード入力)して、端末のブラウザにhttp://www.flashairを入力して、コントロール画面が出てくれば運転開始です。
 翌日28日に2台のスマホ(Android、iPhone)をつないで、テストをおこないました。まったく問題なく動作します。
ただ、トラック上のショートには敏感で、整備不良車(DC20)でロッドがブレーキシューに瞬間的に接触していたのですが、これで動作停止します。ほかのDCCコントローラではなんとか動いたいたようで、気がつきませんでした。ショートしたときは、インジケータなどが変化しないので、最初DSairが壊れたのかと思いました。トラックショート時にも、何かインジケータに表示されるとより状態把握が容易になります。


 スマホでの操作性は、画面が小さいのでファンクションボタンなどを押し間違えることがありました(動画でも押し間違えている)。タブレット以上を想定したUIのようです。しかし、慣れると手元をみなくても、スロットル操作ができます。
 手持ちのスマホを使って、ウォークアランドが簡単にできるので、運転会などの大きめのエンドレスで複数編成を続行運転させたり、ふたりで重連・協調運転をしたりと、楽しめそうです。来月クラブの運転会があるので、いろいろ実験したいと思います。
 基板を納めるケースがついていたのですが、Desktopstationさんがブログに書かれていた、レゴっぽいケースがかっこよくて、つい赤いのを買ってしまいました。
トラック出力用コネクタが入らないので、ケース側を削っています。

きたぜDurango!2018年04月21日 23:27

 3月の下旬に、Durangoに旅立っていたSoundtraxx社のデコーダTsunami2が、無事に修理されて戻ってきました。修理といっても、新品交換のようです。Invoiceを見ると4月6日に対応が始まり9日に発送されているので、輸送(USPS)には約10日間かかっています。保証期間だたので、もちろんタダでした。
 梱包もしっかりしており、中には修理(診断)フォームも同梱されていて、対応も早くアフターサービスは良いと思います。
 結局、モータ用の回路に過電流が流れて故障したのでは、という項目にチェックが入っていました。ほかにオーディオ回路の故障項目もあり、スピーカ線を電源線に接触させるのは深刻なダメージを与えると書いてあります。やはり、スピーカやライトなどの機器を接続する側には、保護回路は入っていないようです。

 ところで、パッケージを眺めていたら、どうもリビジョンがあがっているようです。壊したのがRev.A 2M 0516、今回のがRev.B V1.2 1017と記載してありました。HPには、ディーゼル用をV1.2アップしたとあるので、スチーム用は変更なしかもしれません。
(4/25追記 スチーム用についてsoundtraxxに確認したら、v1.2での変更点はないとのことでした)
 いずれにせよ、中断していた北丹2号機をそろそろ再始動していきます。実は、まだデコーダ恐怖症から回復できていないのです。

DCC自動運転モジュール(1)2018年04月02日 23:51

 鉄道模型芸術祭で展示したDCC自動運転モジュールの構成機器について、備忘録的にまとめてみました。
 まず、DCCコントローラは、Desktop Station製のDSmainR5.0(最新はR5.1)を使っています。これに、車輌位置検出用のNucky製 s88-N Train Detector を接続しています(それぞれURLをリンクしています)。
 このDSmainの付属ソフトウェアが秀逸で、コントローラ、レイアウト配置図、WEBカメラでの自動運転、自動運転プログラム(スクリプト)など、いろんな機能が盛りだくさんです(私は、最初WEBカメラの自動運転で遊んでいました)。s88-N検出器は、ギャップを切ったレールにデコーダ搭載車輌が入ると、デコーダによる電流増を検知する装置です。1台で16区間まで対応しています。ある区間のデコーダ(=車輌)の有無を知ることができますが、その車輌アドレスまではわかりません。ここは、スクリプトで工夫して対応します。システム接続例は、NuckyさんHPのDetector紹介に記載があります。このモジュールでは、15区間のギャップを設けました。
 これらは、キット形式で頒布されていますが(DSmainは完成品もあり)、はんだ付けができ、かつ慎重さがあれば、組み立ては難しくはありません。
 線路は、ハンドレイで12mmは#55、ナロー9mmは#40のマイクロエンジニアリング製のレールで敷いています。ハンドレイにしたのは、ちょうどよい小型の市販ポイントがなかったのが大きな理由です。市販のフレキや組線路で、DCC自動運転はおこなえます。
 車輌は、地方私鉄の軽量で小型なものばかりなので、特に集電は気をつけています。基本は全輪集電で、絶縁側、非絶縁側ともに車輪裏に集電ブラシをあてています。DCCはDCよりも、集電不良には敏感に反応するようです。同時に、軸距離も短いものがほとんどなので、ポイントのフログ部は、無電区間をつくらないように、ポイント用デコーダとリレーを使って切り替えに連動した極性制御をおこなっています。
 使用しているDCCデコーダは、走行用にLENZ0511(古い!)、サウンド専用にsoundtraxx DSX-150(これも古い!)です。ディーゼル車輌は、soundtraxxのTSUNMIです。シェイのように車輌に搭載できないものは、モジュールの箱の中にスピーカを入れて、車輌と同期(同じアドレスに)させて、鳴らしています。soundtraxxには、集電不良時のリカバリ(KEEP ALIVE)用コンデンサがおまけについているので、必ず実装します。流山蒸気機関車につないている2軸のサウンドカーは3300μFに増強して、集電不良に対応しました。
 祭りの会場では忙しくて動画が撮れなかったので、家で撮影してみました。2分半の動画をYoutubeにアップしています。
 
今観ると、4台の車輌がせわしなく動いているなあ、という印象ですが、まあ展示用なので、こんなもんでしょう。個人で楽しむなら、もっと全体にまったりと動かした方が落ちつくと思います。