猫屋線ホハ1であそぶ(1)2018年04月03日 23:52

 猫屋線はTOMYTECがシリーズで販売している1/80 9mmの車輌たちで、ナローな人たちはいろいろいじって楽しんでいます。1/80なので傍観していたのですが、スタイルのよいダブルルーフ客車ホハ1形が販売されたので、購入しておりました。ネットでは今、ほぼ売り切れ状態のようです。
 さすがに、1/87ナローとして扱うには大きすぎるので、12mm 1/87ではどうかということで、仮組みしてみました。

 床板や妻板など、すべてはめ込み式なので、台車をはずして、引っぱると分解できます。これに、ボール紙でこさえた仮床板をテープで固定します。台車は、このサイズだと2軸がバランスよいので、エコーの客車用軸受(No.766)を両面テープで取り付けます。車輪は、オーストラリアSteam Era Models(SEM)社の9.6mmスポークを使っています。
 粘着テープ+段ボー仕様なのでゆがんでいますが、だいたいの雰囲気はつかめると思います。車体幅はナローで狭いのですが、南薩テフ58×2両切り継ぎのガソリンカー(右)とほぼ同サイズなので、ミキストにしたときのバランスはよいです。高さも、ちょうどいい感じかな。トラ40000とは、ホイールベースを確認しています(ちょっとひどい図ですね)。もう少し縮めた方が、不安定さ感がましてよいかもしれません。


 ということで、猫屋線はこのまま1/87 12mmの客扱い車輌として、入線させることにします。週末に本改造していきます。

 また、今月4月には、シングルルーフ客車が新発売されます。詳細は調べていませんが、フルオープンデッキだといいなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/04/03/8818476/tb