きたぜDurango!2018年04月21日 23:27

 3月の下旬に、Durangoに旅立っていたSoundtraxx社のデコーダTsunami2が、無事に修理されて戻ってきました。修理といっても、新品交換のようです。Invoiceを見ると4月6日に対応が始まり9日に発送されているので、輸送(USPS)には約10日間かかっています。保証期間だたので、もちろんタダでした。
 梱包もしっかりしており、中には修理(診断)フォームも同梱されていて、対応も早くアフターサービスは良いと思います。
 結局、モータ用の回路に過電流が流れて故障したのでは、という項目にチェックが入っていました。ほかにオーディオ回路の故障項目もあり、スピーカ線を電源線に接触させるのは深刻なダメージを与えると書いてあります。やはり、スピーカやライトなどの機器を接続する側には、保護回路は入っていないようです。

 ところで、パッケージを眺めていたら、どうもリビジョンがあがっているようです。壊したのがRev.A 2M 0516、今回のがRev.B V1.2 1017と記載してありました。HPには、ディーゼル用をV1.2アップしたとあるので、スチーム用は変更なしかもしれません。
(4/25追記 スチーム用についてsoundtraxxに確認したら、v1.2での変更点はないとのことでした)
 いずれにせよ、中断していた北丹2号機をそろそろ再始動していきます。実は、まだデコーダ恐怖症から回復できていないのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/04/21/8831964/tb