発煙装置であそぶ(3)2018年04月25日 23:28

 発煙時間拡大のための改造をはじめています。結論を先に言うと、あまりかんばしくないです。正直に言うと、壊してしまった感もあります。ですが、少しポイントみたいなのはわかってきました。
 まず、発煙装置(型番No.22)の本体の耐熱カバーをカッターで切りとり、燃料が入る穴をあけます。中にある毛細管には小さな穴が空いているので、それを探すためと、燃料が入りやすくするため、3か所もあけてしまいました。

 燃料タンクは、ガラスエポキシ基板を底板にして、t0.1銅板で囲いをハンダ付けします。発煙装置本体と茶色リード線は導通しています。底板に穴を開けて、燃料の通りみちを底板ギリギリに合わせて、装置をエポキシで固定します。斜めになっているのは、実装を予定している機関車の煙突も斜めのためです。

 スイッチオン!煙は出てきますが、量と勢いが少ないです。元の70~80%くらいでしょうか。燃料タンクを大きくしたので、時間は延びました。25分くらいは動作しています。
 成功!と思いきや、何度がテストをしていると、どんどん煙の量と勢いがなくなって、最後には筋状の細い煙になってしまいました。パチパチとはぜる音もしません。
     左 型番No.27(オリジナル)  右 型番No.22
 No.22のオリジナル状態は、はぜる音が常時しており、煙量もNo.27より格段に多かったです。
 もう一台(型番No.27)も同様の改造をしたのですが、結果はほぼ同じです。原因はよくわかりませんが、本体に穴を開けたことで、本体内の圧と温度が下がって、毛細管に吸い込まれる燃料が減少したのかもしれません。ヒータは機能しています。
 また、中の発煙部分だけをむき出しにすると、ほとんど煙がでません。もとのビール瓶のようなカバーをかぶせると発煙します。このカバーの役割も重要なようです。
 ネットでいろいろ調べたら、同じような改造をされた例が国内と海外でそれぞれ1つずつ記事がありました。それらは、うまく動作しているようです。
 大きな違いは、燃料タンクが閉空間になっている点です。実験なので、外から確認しやすいようオープンなタンクとしましたが、これが原因かもしれません。国内例では、オープンなタンクの実例もあったのですが..
 壊して学ぶ。壊して遊ぶ。このあたりが、やや まるいち式でしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2018/04/25/8833419/tb