北丹2号機(2)2017年09月14日 23:33

 ひさしぶりに北丹2号機に手をつけました。件の第2働輪のフランジ問題です。当然?削ることにしました。旋盤はもっていない(欲しいのですが..)ので、ドリルレースで削り落とします。

 まず、バックケージを測っておきます。位相は、別付けの輪芯パーツで決まるので、だいたいの位置を覚えておけば大丈夫です。
 適当な板/棒状のもので働輪をはさみ、Φ1.0mmくらいの真鍮線や時計ドライバを当てて、小ハンマで輪軸を抜きます。
瞬着かネジロックのようなもので固着しているようので、最初の衝撃だけは、少し強めの力かげんが必要でした。
 抜けた働輪を、ドレメル(これはひも付き+フレキシャフト)にくわえさせます。刃物台として適当な角材を置いて、ヤスリ側も角材で当てます。これで刃物台に当てながら、ヤスリを働輪に当てて削っていきます。だいたい削れたら、ヤスリを油目、#1000ぐらいの耐水ペーパーに変えて、仕上げていきます。
 
削れたら、抜いた輪軸(ギア付き)を働輪につけます。少しだけ押し込んで、あとはバイスでゆっくり締めていきます。ボスがついているので、やさしく目一杯押し込めば、当初のバックゲージになりました。
 先日つくったフレームを仮組みして、働輪をいれてみました。ギアが少し当たるところ、軸穴も固めのところがありますが、調整でなんとかなりそうなレベルです。
 しかし、組み立てにやたらネジを使うのです。外からもネジ頭がけっこう見えます。う~ん、悩ましい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
エスカレータで立って待つ側
関西では○側(漢字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2017/09/14/8677046/tb