北丹2号機(3:集電ブラシ)2017年09月18日 19:47

 北丹の下回りの組み立てを進めます。ギア駆動なので、とりあえず仮組して動かしてみました。構成はワールドさんお得意の左右のフレームが絶縁されている方式です。
 集電は、左右が絶縁されたフレームの軸受け部と動輪軸の接触でおこなっています。この方式は、自重があれば大丈夫なのですが、このロコのように軽量で固定軸の場合は、集電不良をおこすことがあります。
 テスト走行してみましたが、低速時はレールコンディションをかなりよくしていないと、集電不良が発生します。そこで、左右の動輪押さえ板に、簡単な集電ブラシを取り付けました。φ0.15ベリリウム銅線です。左右絶縁なので、直接押さえ板に半田付けしました。簡単に全軸の補助集電のできあがりです。
  テンションは弱めにして、走行抵抗にならないように調整しました。これで、集電不良はほぼ発生しなくなりました。 モータはもう少し、低速トルクがほしいです。
 改善の比較映像をyoutubeにアップしています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
エスカレータで立って待つ側
関西では○側(漢字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eccentric-water.asablo.jp/blog/2017/09/18/8679341/tb